お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

店員が多い事が決して良い会社の証拠では無いという事。数年前のメーカー応援問題は?

ヤマダ電機で店員が徹底的に足りていないという記事が話題になっていました。

僕自身、ヤマダ電機が好きか嫌いかで言えば嫌いです。接客が悪い事や価格がインチキ臭い事、いろいろな理由はありますが、地方にしては安く買えるので利用をしています。

でも、本当にヤマダ電機は店員が少ないのでしょうか?

http://www.flickr.com/photos/27921677@N00/2926126479

photo by Mullenkedheim

 

正社員と派遣の構成比は?

元の記事を読んで最初に思った事が社員と派遣社員の構成比は?でした。

これによってかなりイメージが変わってきます。社員の人数が徹底的にヤマダ電機が少ないのか、ビックカメラやヨドバシカメラは全員社員だったのか、派遣社員で無かったのか?メーカー応援は含んでいないのか?

そういう問題を無視してただ煽るだけの記事に見えてしまいました。

もちろんお客さんの立場からすれば社員だろうと派遣社員、メーカー応援なんて関係ありません。

しかしメーカーからの派遣社員や販売応援を無理やり多くしていることは無かったのか?ここまで調べないといけないのではないでしょうか?

以前、カメラがつく家電量販店で問題になったメーカー応援

今から10年以上前ですかね、◯◯カメラ と店名につく基本的に大きな都市の駅前に建つ家電量販店で、メーカーに一方的に販売応援や棚卸し応援を強制的に行っていたという事で問題になった事があります。

仕入れて欲しければ、売って欲しければ、販売応援をよこせ!という事でメーカーに半ば強制的に販売応援や棚卸し応援を要請していたという事で騒ぎになりました。

かなり軽減されたとは思いますが、今でも行われているという噂は聞こえてきます。

もし、ヤマダ電機以外の家電量販店で店員が多いというのなら、純粋に社員の数だけ、メーカーが半ば強制的に販売応援をさせられていないか、確認してから書くべきでしょう。ブラック企業問題が叫ばれている昨今なら。

もし、半ば強制的に販売応援をさせられているメーカーが多くて店員の数が多く見えていて、こんな記事を書いているのなら、ブラック企業を応援している記事に過ぎません。

もちろん、消費者には直接関係してきませんが、そんな悪い事をしている企業に対して良いイメージは持てませんよね。また間接的には例えば自分自身や家族(夫等)が家電メーカーで働いていれば、見方が変わってきますよね。

ビジネスジャーナルはきちんとこういう事まで考えて調査して記事にしているのかと思います。

実際、ビジネスジャーナルの記事で書かれている家電量販店にはよく行きますが半数は派遣やメーカーの販売応援だという事が知っている人間がみればすぐに解ります。

もちろん、ヤマダ電機も派遣やメーカー応援を使っていますが、他の駅前◯◯カメラに比べれば少ない印象です。

部分的に絞って書かれて記事を鵜呑みにしないのも、賢く買い物をしていくために必要な事だと思います。

もっとも、確かにヤマダ電機の接客は平均して良くないですけどね(苦笑)

以上「店員が多い事が決して良い会社の証拠では無いという事」というお話でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。