お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

割引後価格はきちんと確認しましょう!表示割引率よりも割引になっていない事も。イオンでもあります。

イオンに買い物に行っ時のことです。一瞬目を疑うものを見てしまったので、紹介したいと思います。

f:id:suzukidesu23:20150104210023j:plain

解りますか?

割引前の税込み価格が1000円

20%引き後の割引価格が864円となっています。

税込み価格1000円で2割引きなら税込み価格800円になりますよね。

もしくは税込み1000円という事は税抜き926円となりそこから2割引きだと740円で税込み価格にすると799円か800円という事になります。

どっちみち税込み金額は2割引きなら800円にならないといけません。

でも、実際には864円と2割引きになっていません。

 

割引後価格が間違っている事もある

実際には上の間違った割引額が貼ってあったのはこの商品のみでしたが、イオンでもこんなミスをするんだ・・・と思いました。

 

夕方から閉店にかけて、スーパーで割引されたお惣菜やお弁当を買う人は多いですよね。

僕も出来るだけ割引されたものを買うようにはしています。

商品やスーパーによっては、割引商品は買ってはいけないと思う商品もありますが、イオンなら安心だろうと思いイオンでは積極的に割引商品を買うようにしています(野菜以外)。

でも、そのイオンですらこんなミスをしてしまうのが商品割引額です。

というよりもこんなミスをする事が驚きでした。システム上でこんなミスが起きないように設計されていると思ったのですが、そうでは無いんですね。

 

結局、いくらシステムをよくしてもそれを使うのが人間である限りミスは発生します。

割引シールが貼ってあってもその割引率になっていない事があるかもしれないので、今後はきちんと割引率にあった価格になっているか確認することをおすすめします。

でも、こういう事が頻繁に起こると消費者は買わなくなる

実際にこういうミスが多いと消費者はその店では買わなくなります。

金額ではなく、裏切られたと思ってしまうからです。ここでまだクレームをいう人はマシです。そのままクレームも言わず何もせずにそのスーパーを使わなくなるというのがスーパー側にしてみれば一番恐ろしい事です。

客数が減っているのに、その理由が解らない・・・

これが一番困るからです。

対策を行えないから。

自分がよく利用するスーパーでこういうミスを見つけたらクレームというよりは、きちんと上の人に報告する事が重要だと言えます。パートの人に言っても「すいません」だけで終わってしまい上の人には届かず、何も対応されないまま終わってしまう事があるからです。

もちろんパートの方全員ではありませんが、忙しさから上長に報告をしない、忘れるということはあります。

自分が滅多に使わないスーパーなら潰れても困らないと思う人もいるかもしれませんが、よく使うスーパーが潰れるのは困りますよね。匿名でも良いのでこういう事を見つけたら報告してあげるのがスーパーにとっては本当はメリットになります。

この時に、「土下座しろ!」と言って土下座しているところを写真にとってTwitterとかに流すと逮捕されてしまいますからね(笑)

単純にお店のミスを指摘するだけならそれは、お店の改善を手伝っている事になりよりよいスーパーになっていく可能性がありますので、お得に買い物をしたいスーパーなら普通に威圧する事なく指摘だけはしてあげるようにしましょうね。

以上、割引価格でも間違っていることがあるので確認しましょうというお話でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。