読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

「WAONポイント」と「WAON POINT」の違いを解説。WAON POINTのポイントの貯め方も解説

WAON POINT WAON

イオンが新たに展開を始めた共通ポイント「WAON POINT」

いろいろなサイトでWAON POINTについて書かれていますが、結構表記を間違えているんですね。

WAONポイントとWAON POINTは全く違うものなのでその違いを説明します。

f:id:suzukidesu23:20160623124027j:plain

 

以下この記事をざっくり説明すると

WAONポイントとWAON POINTは違うポイント

WAONポイントとWAON POINTは別ものです。

  • WAON POINT
  • WAON ポイント

ポイントがアルファベットかカタカナで違うポイントということです。

これ客の立場からすると凄くややこしいですよね。

せめて読み方で違う名称にしてくれれば使う立場としては混乱は無かったと思いますが、何で読みでは同じ名称にしたのか疑問が残ります。

  • WAON POINT=WAON POINTカード提示で貯まるポイント
  • WAON ポイン=会員登録無しの電子マネーWAON使用で貯まるポイント

となっているので間違えないようにしましょうね。

WAON POINTカードを提示すべき場合、しないで良い場合

WAON POINTはWAON POINTが貯まる店舗でWAON POINTカードを提示して支払うことで貯まるポイントです(ただしイオンカード支払いでは貯まらない)。

WAONポイントは、電子マネーWAONで会員登録をしていない場合にWAONで支払いをした時に貯まるポイントです。

電子マネーWAONでの支払いでも電子マネーWAONの会員登録をしている場合はWAON POINTが貯まります。WAONポイントは貯まりません。

  • WAON POINTカード提示で貯まるポイントはWAON POINT
  • WAON POINTカード提示でもイオンカードで支払うとWAON POINTは貯まらない
  • WAON POINTカード提示で電子マネーWAON(会員登録あり)で支払うと貯まるポイントはWAON POINT
  • WAON POINTカード提示で電子マネーWAON(会員登録なし)で支払うとWAON POINTは貯まらずWAON ポイントが貯まる
  • イオンカードのクレジットカード機能で支払う場合はWAON POINTカードの提示は不要
  • イオンカードのWAONカード機能で支払う場合はWAON POINTカードの提示は不要
  • イオンカードを提示して現金や商品券、イオンカード以外のクレジットカードで支払う場合はWAON POINTカード提示でWAON POINTが貯まる

 WAON POINTカードが送られて来たのでその中に入っていた冊子を見てもらうのがまだ分かりやすいと思います。

f:id:suzukidesu23:20160623141231j:plain

WAON POINTの貯め方と攻略方法

上記の図でポイント①~⑤までを説明していきます。

ポイント① 他社クレジットカードの支払いはOK

ポイント①を見てください。

WAON POINTの支払い方法でクレジットカードが書かれていませんが、イオンカード以外のクレジットカードでもWAON POINTは貯まります。

つまりポイント還元率の高いリクルートカードや楽天カードで支払えば、クレジットカードのポイント還元とWAON POINT両方が貯まります!

つまりポイントの2重取りが出来るということです。

イオンモールでよく使うお店がWAON POINT対象の店舗だったりイオンでもポイントや割引が行われていない時なら上記のようなポイント還元が高いクレジットカードで支払うことでよりお得になります。

追記:ダイエーのみ8月31日までイオンカードもしくはOMCカードのみポイント2重取りが出来るようになっています。他のクレジットカードだとポイント2重取りが出来ないとのことです。

ポイント② WAONでの支払いなら必ず会員登録を!

電子マネーWAONで支払うのであれば会員登録することでお得になります。

会員登録をしていない電子マネーWAONカードだとポイント還元率は0.5%にしかなりませんが、会員登録をすると還元率は合わせて0.7%になります。

ポイント③ 会員登録してない電子マネーWAONは損!

会員登録をしていない電子マネーWAONの還元率は0.5%しかありません。

月に2000円のお買い物を4回したら8000円使います。年間で96000円です。

  • 還元率0.7%=672円
  • 還元率0.5%=480円
  • 差額 192円

あまり大きな差にはなりませんが会員登録するだけでこれだけ違います。

もっともポイント還元率の高いクレジットカードで支払った方がお得なんですけどね。

なお、2016年8月31日までですがダイエーでの支払いに限って、会員登録していないWAONカードの支払い時にWAON POINTカードを提示すると両方ともポイントが貯まります。

ポイント④ イオンカード セレクトのオートチャージで更にアップを

イオンカードでWAONが一体になっているのは2種類あります。

  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード セレクト

 ここでイオンカードセレクトなら電子マネーWAONへのオートチャージでもポイントが貯まるので、是非イオンカードセレクトでWAONにオートチャージをしてください。

イオンカードセレクトでWAONにオートチャージすると200円で1ポイントのときめきポイントが貯まるので合計で約1.2%の還元率になります。

ポイント⑤ 他の支払い方法は損

ポイント⑤の支払い方法だとポイント還元率が0.5%しか無いため全くお得ではありません。この方法は使わないのがベストです。

WAON POINTカードのメリット・デメリット

続いてWAON POINTカードのデメリットとメリットを説明します。

デメリット1・対象店舗が少ない

WAON POINTカード対象店舗でしか使えないことが最大のデメリットです。他の共通ポイントに比べてまだWAON POINTが使えるところはまだまだ少ない状態です。

しかしイオングループのお店を使うことが多いのならデメリットではなくメリットとなります。

イオングループのお店ならWAON POINTはすべて対象になっています。

デメリット2・ポイント交換が面倒

WAON POINTは共通ポイントであり1ポイント1円から使えます。

電子マネーWAONにも交換は出来ますが、その際は2段階の手間が発生します。

WAON POINTからWAONポイントに変換をして、WAON ポイントから電子マネーWAONに変換をします。

全部統一してくれれば便利なんですけどね。

メリット1・1ポイントから使える

電子マネーとして使おうとすると面倒ですがそのままWAON POINTで決済をするのなら手間はかからない上に1ポイント1円から使えます。これは非常に便利です。

メリット2・ポイント支払いでもポイントが貯まる

WAN POINTで支払ったとしてもWAON POINTがまた貯まります。

1000円分1000WAON POINTで支払った場合、5WAON POINTが再び貯まります。

メリット3・POINTを集約・シェア出来る

WAON ポイントは家族で分け合えることが出来ます(2016年6月末より)。

例えばお父さんとお子さん2名がそれぞれ500ポイント持っていた場合、お父さんのポイントに集約すれば1500ポイントになるので1500円のものが購入出来るようになります。

また家族間だけではなく友達同士でもポイントを贈れるようになっています(2016年6月末より)。

これならイオンに一緒に行く友人同士でポイントをシェアしあえます。

WAON POINTカードに登録しよう!

WAON POINTカードはお近くのイオンで手に入れることが出来ます。また既にWAONカードを持っている方は、会員登録することでWAON POINTを貯めることが出来ます。

この機会に是非、手に入れて登録してくださいね!

www.smartwaon.com

イオンカードを持っていない方はイオンカード(WAON一体型もしくはイオンカードセレクト)でもWAONで支払えば貯めることが出来ますよ。

どうせならイオンカードセレクトを作ってよりお得にしてくださいね!

>>イオンカードセレクト(公式サイト)

今ならネット限定でポイントがもらえます!店頭申し込みよりも多いですよ!

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。