読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

【電子マネー】7&iの「nanaco」・イオンの「WAON」どちらがお得?トータルでお得なのは公共料金・税金も支払えるnanacoです!

電子マネー WAON nanaco

イオンの電子マネーと言えば、WAON。7&iの電子マネーと言えばnanaco。

お得なのはどちらか?と言えばイオンで買い物をせずセブンイレブンをよく利用するのなら、nanacoの方がお得と言えます。

逆にイトーヨーカドーやセブン-イレブンで買い物を一切しないのであってイオンをよく利用するのならWAONの方がおトクです。

  • WAON(ワオン)=イオンを使う人にはお得だけど使わない人にはあまりメリットなし
  • nanaco(ナナコ)=イトーヨーカドーやセブン-イレブンを使う人にはお得だけど使わない人にはあまりメリットなし

つまり、どちらをメインにするかで変わってきます。ただし、使い方の工夫次第ではnanacoの方がお得になります。

近くにセブン-イレブンがあってある特定のクレジットカードを持っているのならnanaco以上にお得な電子マネーはありません!

f:id:suzukidesu23:20141020154906j:plain

 

セブンイレブンならnanacoで公共料金や税金も支払える

nanacoの素晴らしいところは、公共料金や税金もセブンイレブンではnanacoという電子マネーで支払える事です。

公共料金や税金、ネットショッピングでの支払いなどを、コンビニで支払う事をコンビニ各社は「収納代行」と言っています。

知っている人は知っている言葉ですがそんなに多く知れ渡っていない言葉のように思います。

この収納代行ですが、セブンイレブンでnanacoで支払う事が可能ですが、WAONが使えるコンビニと言えばミニストップとファミリマートですが、WAONでは出来ません。

2016年2月よりミニストップでもWAONで公共料金やギフトカードも購入出来るようになりました。

f:id:suzukidesu23:20141112135606p:plain

セブンイレブンより

f:id:suzukidesu23:20160704183405j:plain

ミニストップより

nanacoもWAONも収納代行ではポイントは貯まりません。

でも電子マネーで税金や公共料金も支払えるというのは非常に便利ですよね。

ギフトカードもnanacoでセブンイレブンならOK?

セブンイレブンでもamazonギフトカードやiTuneカード等のギフトカードは販売されています。でも、注意書きにギフトカードは買えないとは書いてないんですよね。という事は実際にセブンイレブンならnanacoでギフトカードが買える事になると思います。nanacoへのチャージをクレジットカードで行い、nanacoでギフトカードを購入すれば実質的にはクレジットカードでギフトカードが買える事になるはずです。

実際に、QUOカードなら購入出来たという報告を見かけた事があります。

クレジットカードによってはnanacoへのチャージでポイントがつくことが最大のメリット

nanacoで公共料金や税金等が支払えることは分かってもらったと思いますが、nanacoのポイントが貯まらないのなら別に多きなメリットは無いと思うかもしれませんよね。

まさにその通りです。

しかしnanacoで公共料金や税金が支払えることがメリットという訳ではなく、特定のクレジットカードでnanacoにクレジットカードチャージを行えば、チャージした金額に対してはポイントがつくことが最大のメリットとなる訳です。

  • nanacoへ現金チャージ=ポイントはつかない
  • nanacoへ特定のクレジットカードでチャージ=クレジットカードのポイントがつく

これが最大のメリットです。

でもnanacoへのクレジットカードによるチャージでポイントの貯まるクレジットカードって何?って思いますよね。何種類かあるのですがお得なクレジットカードを紹介します。

リクルートカードなら還元率1.2%

リクルートカードというクレジットカードでnanacoへチャージをするとチャージした金額の1.2%がポイント還元として貯まります。つまり1万円なら120円分のポイントが貯まる訳です。

リクルートカードでnanacoにチャージしてnanacoで税金や公共料金を払えば実質、税金や公共料金も1.2%OFFになることになります。

現状、これが一番お得なクレジットカードです。

ただしリクルートカードで貯まるポイントはPontaポイントなのでローソンを使ったりリクルートのサービスを使わないとあまりお得に感じないかもしれませんね。

>>リクルートカード

 なお僕は旅行が趣味なのでじゃらんで予約することが多いのでリクルートカードでnanacoにチャージして使っています。

Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)なら還元率1%

次におすすめなのが、Yahoo!JAPANカードです。ポイント還元率は1%なので1万円チャージすれば100円分のポイントが貯まります。

ヤフーカードで貯まるポイントはTポイントなのでいろいろなところで1ポイント単位から使えるのでかなりお得になります。

なおnanacoへのチャージでポイントが貯まるのはヤフーカードの中でもJCBブランドのみとなっているので注意してくださいね。

>>Yahoo!JAPANカード

Yahoo!のサービスをよく使う方やTポイントを貯めている方には非常にお得なクレジットカードです。

楽天カードも還元率は1%

Yahooのサービスではなく楽天をよく使うんだよな~という方におすすめなのが楽天カードです。

楽天カードもnanacoへのチャージでポイントが貯まります。

ただしYahoo!JAPANカード同様、JCBブランドのみとなりますので注意してください。

>>楽天カード

セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく使うのならセブンカードプラス

セブンイレブンやイトーヨーカドーを頻繁に使う人ならセブンカードプラスがおすすめです。

nanacoへのチャージは0.5%の還元率ですが、セブンイレブンやイトーヨーカドーで一般的な商品を購入するのであれば1.5%の還元率となります。

またクレジットカードにnanacoの機能がドッキングしているので、2枚カードを持たなくても良いというメリットがあります。

またイトーヨーカドーなら8の付く日なら5%OFFでお買い物が出来るのも嬉しいサービスです。

セブンイレブンやイトーヨーカドーを頻繁に使う人なら還元率1%のクレジットカードよりもポイントが貯まります。

>>セブンカードプラス

なおセブンカードプラスは年会費500円かかりますが初年度は無料で翌年度も前年度に5万円以上使っていれば年会費は無料になります。月4200円くらいならセブンイレブンやイトーヨーカドーを頻繁に使う人なら普通に使う金額ではないでしょうか?

本当か嘘かよく分からないP-one Wizカード

nanacoへのチャージでもっともお得なのがP-one Wizというクレジットカードだと書いてあるところもあります。でもこれは本当かどうか分かりません。

P-one Wizカードは0.5%のポイント還元率ですが、請求時に1%OFFの金額で請求されるので合計で1.5%お得になるクレジットカードです。

nanacoへのチャージでも1.5%お得になった!と書いている人もいるのですが実際にP-one Wizカードに電話で問い合わせして聞いてみると、今はnanacoへのチャージでは全くポイントが貯まらないと言われました。

なので貯まるかもしれませんし貯まらないかもしれないのでチャレンジしてみたい人には良いのかもしれません。

普段の買い物では1.5%の還元となるのでお得なクレジットカードであることは間違いないので。

なおP-one Wizカードはリボ払い専用クレジットカードですが、一括支払いのみも選択出来て、一括払いのみであれば手数料もかかりませんので非常にお得なクレジットカードです。

>>P-one Wizカード

WAONも公共料金・税金を支払えるようになったけど

生活圏で利用するスーパーがイオンならば、お客様感謝デーで5%OFFにもなるので、WAONもお得ですし、イオンであればWAONボーナスポイントが貯まる商品もあるのでお得ではあります。

しかしイオンやイオングループ以外での支払いでWAONがお得になることってまだまだ少ない状態です。

牛丼屋の利用が吉野屋ばかりならお得になるかもしれませんが(苦笑)

僕自身、イオンをよく使うのでWAONカードは持っています(クレジットカードと一体型)ので、イオンでWAONボーナスポイントがつく商品を買う時にはお得なのですが、イオンをほとんど使わない人にとって、WAONは正直メリットが少ないと言わざるをえないです。

もちろん、nanacoも近くにセブンイレブンが無いとあまりメリットは無いと言えますが、公共料金が支払えるのは大きなメリットです。

公共料金をセブンイレブンで現金で支払っている場合、nanacoチャージでもポイントが貯まるクレジットカードならnanacoで支払うのがお得ですからね。

セブン-イレブンが近くにあって少しでもお得に生活をするのなら高還元率のクレジットカードでnanacoへチャージをして利用するのがもっともお得になります。

WAONでも2016年2月からミニストップにて公共料金や税金を支払えるようになりました。

しかし、クレジットカードでWAONにチャージ出来るのはイオンカード セレクトのみ。

還元率は0.5%なのでそれほどお得では無いんですよね。

ただしWAON POINTという新しい共通ポイントが生まれたことで少し状況は変わってくるかもしれませんが、それでもnanacoはクレジットカードによっては1%以上のポイント還元があるのでトータルでお得なのはやはりnanacoということになります

なお、WAONへのチャージで0.5%以上にする方法もあります。イオンを頻繁に使う人ならnanacoよりもお得になる可能性はあります。

詳細

money-creditcard.hatenablog.com

使えるところはWAONの方が多い

ここまでWAONのメリットがあまりにも無いのですが、WAONがnanacoに優っているところは、使える店舗が多いということです。

WAONが使えるお店は増えていますが、nanacoが使えるお店は基本的に7&iグループのみです。

これが唯一WAONがnanacoに勝ててないところです。しかしセブンイレブンは日本でもっとも多いコンビニなので決して使えるところが少ない訳ではありません。

なお、イオンをメインに使っている場合ならばWAONへのチャージでもポイントが貯まるイオンカードセレクトを使えば少しはお得になります。

>>イオンカード セレクト

まとめ

ここまでのことを箇条書きでまとめます。

  • nanacoなら公共料金や税金も支払うことは出来る、WAONも出来るがチャージ出来るクレジットカードが1種類のみ
  • 特定のクレジットカードでnanacoにチャージをするとポイントが多く貯まるのでポイントが多く貯まる分、税金や公共料金の支払いも実質割引となる
  • 特定のクレジットカードは「リクルートカード」「Yahoo!JAPANカード」「楽天カード」「セブンカードプラス」等のこと
  • クレジットカードでWAONにチャージをしてポイントが貯まるんはイオンカード セレクトのみ。還元率は0.5%と高くは無い
  • WAONが優っているのは使えるお店が多いこと。しかしコンビニならセブンイレブンが圧倒的に多いのでそれほど大きな優位点にはなっていない

ということになります。

もしどちらの電子マネーを使うか悩んだら、現状はnanacoを選ぶのが良いと思います。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。