読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

大学や高校の授業料・学費ってクレジットカード払いが出来るの?

クレジットカードに関する話

大学や高校進学を控えた人や親御さんは学費をどのように支払うか悩んでいる場合もあるのではないでしょうか?

授業料ってかなり高額ですからね。

高校で公立高校なら月払いでそれほど高額ではありませんが私立なら年間一括とか3ヶ月一括というところもあって1度に10万円以上の出費が出てくるところも。大学なら一括で100万円以上のところも普通にあります。

しかし、それだけの金額にも関わらず現金払い(振込)が一般的でクレジットカードで支払う事が出来ないところが圧倒的です。

アメリカでは授業料をクレジットカードで支払う事が出来るところが多いそうです。

残念ながら日本ではクレジットカードで授業料を支払える大学や高校は少ないものの、徐々に広がりは見せているようです。

でも実際はまだまだクレジットカードで学費を支払えるところは少なく、現金が無い場合はどうすれば良いのかも含めて説明していきます。

http://www.flickr.com/photos/35409814@N00/3555655023

photo by Lawrence OP

 

授業料をクレジットカードで支払える大学はあるか?

少し検索して調べてみましたが、決定的なものは見つける事が出来ませんでした。過去に「横浜市立大学」が提携クレジットカードでの支払いならば可能にしていた事は解りましたが、現在は行えないという事です。

私立の大学なら探せばあるかもしれませんね。

一部の通信大学では可能なようでしたが。

授業料をクレジットカードで支払える高校は?

少し検索して調べたところ、若干ですが見つける事が出来ました。

日本の学校法人で初、洛星中学校・洛星高等学校( 学校法人ヴィアトール学園 )でクレジットカードによる本格的な学費( 授業料他 )決済サービスを開始:クレジットカードの三井住友VISAカード

大谷中学・高等学校で入学手続・授業料等をクレジットカード決済可能に(三井住友カード) « ペイメントナビ - カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

他にも探せばありそうですね。でも、国公立の高校でクレジットカードでの支払いは難しいように思います。

今後は増加する傾向かも

日本は少子化で今後、学校の運営というのは厳しくなると言われています。その流れから入学者(の保護者)からの要望でクレジットカード払いが増えていくのであれば、学校側としてもその要望を聞くしか無い方向に進んでいくと思います。

ただし、富を持たざるものと持つものとの二極化が進むのであれば、お金を持っている人にしてみれば子どもの授業料で一括払いをする事にそれほどこだわりは無いと思いますが、お金を持っていない層にしてみれば教育ローン等の利用を頼らざる得ないと思います。または奨学金の利用か。

しかしながら、教育ローンも審査があるため受けられない人も出てくるでしょう。そういう場合でもクレジットカードのキャッシングに手を出すのはあまりお薦め出来ません。素直に教育ローンや他のキャッシングサービスで申し込んだ方が良いと思います。

クレジットカードだと気軽にまた借りてしまう傾向になってしまうかもしれませんので、返済しか出来ないキャシングサービスやローンを使うのが良いと思います。

奨学金で支払う場合

上記のような事を書いている僕ですが、僕自身は大学の授業料は奨学金で支払っていました。母子家庭だったので市の母子家庭支援の奨学金制度を利用しました(というか親が見つけてきてくれました)。

教育ローンを組む前に利息が物凄く低いか無い公的な支援を探す事をお薦めします。

僕の場合は約250万円を奨学金で借りましたが、返済は15年で卒業後6ヶ月後からの支払いというものだったので割りと楽に返す事が出来ました。当然無利子です。

しかし問題は僕が大学に行っていたのは約20年前であるという事。学費はその時から1.5倍から2倍になっているので250万円では学費をカバー出来ません。仮に500万だとすれば、月に3万円近い返済をしていく事になるので、かなり難しい方法にはなっています。

奨学金を借りた上で更に教育ローン等を組まないと無理な状況になっているのかもしれません。しかし卒業した後にそれだけ返済出来るだけの収入ある職業につけるかどうか?というのも別の問題ですが発生してきます。

難しい問題ですね。

支払えない場合は銀行のローンを使う

万が一、授業料が支払えない場合は消費者金融やクレジットカードで分割払いを考えるよりも素直に銀行等の金融機関で借りられないか相談をするのが良いでしょう。

銀行の方が金利が低い分、クレジットカードや消費者金融で借りるよりは良いからです。

クレジットカードでお金を借りて教育費にしようかと考えたとします。仮に50万円を借りて2年で返済しようとすると最終的には60万円以上を返済することになります。

でも教育ローンなら安いところなら53~55万円くらいの返済で済みます(あくまでも概算です)。

例えば常陽銀行ならいろいろなローンがありますが、教育ローンもあります。

更に店頭よりもネット申し込みで金利も安くなりますし、サイトから簡単に借りられるかどうかも確認出来ます。

もし、授業料の一括支払いが無理だと思われたら、一度ネットで確認されてみてはどうでしょうか?

>>常陽銀行でチェック

以上、話は脱線してしまいましたが、大学や高校の授業料・学費はクレジットカードで支払えるか?というお話でした。

でもクレジットカードのキャッシングで支払うことだけはやめましょうね。

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。