お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

自転車に乗るのなら自転車の保険でもあるTSマーク付帯保険に加入しておこう!

自転車事故を起こした小学生(当時)の母親に賠償金9500万円の支払い命令という判決が降りたと話題になっています。

www.itmedia.co.jp

親の監督不履行とか責任問題とかもありますが、ここでは割愛します。また子どもだから事故を起こすという訳でもなく最近では大人でも自転車事故で多大な損害賠償を命じられていることもあります。

ここで重要なのは万が一に備えて自転車でも保険に入っておくことではないでしょうか?自転車事故でも人は死ぬ可能性はあります。

自転車で保険なんて入れるの?と思うかもしれませんが一番楽なのは、TSマーク付帯保険と呼ばれるものです。

f:id:suzukidesu23:20141215220416j:plain

TSマーク付帯保険に入ろう!

自転車購入時なら年間1500円~2000円くらいで加入出来る保険です。

厳密にはTSマーク付帯保険というもので、きちんと整備された自転車ですよという証明になります。

このTSマークを貼ることが出来るのは国家資格である「自転車安全整備士」のみです。

自転車を整備した際にきちんと整備してあり部品もチェック済みです!という証明書になっている訳です。

これは購入時であれば先に書いた通り1500円~2000円くらいで自転車を購入する時に「自転車安全整備士」のいる自転車屋さんなら勧めてくると思います。

保証の内容は下記の通り

f:id:suzukidesu23:20150808202155p:plain

賠償責任補償では最大5000万円まで支払われます。

このTSマーク付帯保険は1年間のみですが1年経過するくらいに再び「自転車安全整備士」のいる自転車屋さんに持ち込んで整備してもらえば、また1年間延長することが出来ます。

なおその際は発行手数料そのものは自転車購入時と同じ1500円~2000円くらいなのですが、部品の交換が必要となった場合は部品代と工賃、整備料が別途かかってきます。

確実に安全だと言える自転車で無い限りは付けられない保険なのでそうなるのはやむを得ないと思います。

加入者ではなく自転車に付帯される

TSマーク付帯保険はあくまでも自転車に対して付帯する保険であって、人に紐づく保険ではありません。

なので自転車を人に貸して場合、借りて乗っていた人が事故を起こした場合でも保険は適用されます。

自転車屋さん・自転車売場に自転車安全整備士が必ずいるわけでは無い

自転車を販売するのに特に資格は必要ありません。誰でも販売することは可能です。そのため小さい自転車屋さんやホームセンターや大きなスーパーの自転車売場ではそもそも自転車安全整備士が在籍していないことがあります。

そういうところで購入してもTSマーク付帯保険はつけることが出来ません。

新しく購入する自転車にTSマーク付帯保険をつけたい!今乗っている自転車にTSマーク付帯保険をつけたい!という場合は「自転車安全整備店」という店章がある自転車屋さんや自転車売場に持っていかないといけません。

f:id:suzukidesu23:20150808203524p:plain

上記のマークです。

どこの自転車屋なら大丈夫?

TSマーク付帯保険をつけたいけど、どこの自転車屋さんなら大丈夫?と思いますよね。

全国区で言えば2つあります。

「自転車のあさひ」と「イオン(イオンバイク)」です。

この2つならほぼ自転車安全整備士が在籍しています。たまに休日等で不在の時もありますが、自転車を預けておけば整備をしてTSマークを取り付けてくれます(購入時以外は見積もりをとった方が良いのですが)。

特にイオンなら税込み1400円という価格で自転車購入時ならTSマークを発行してくれます。

イオンなら現金でも電子マネーWAONでもクレジットカードでも支払い方法は自由に選べます。

なお、イオンの感謝デーでの5%OFFは「自転車の整備・工賃・TSマークの費用」は対象外となりますのでご注意ください。

でもイオンカードで購入すればポイントがつく分お得なんですけどね。

イオンカード(公式)を確認する

イオンバイクのTSマーク付帯保険を確認する

TSマーク付帯保険だけでは不安な方へ

TSマーク付帯保険だけでは不安だ!という方は保険会社の多くは自転車の保険も行っています。

例えばチューリッヒ保険では月々490円からの自転車保険を行っています。

チューリッヒ保険の自転車保険を確認する

もし車や他の保険のことで相談をする機会があれば保険会社の方に確認してみるのも良いかもしれませんね。

東京海上日動でも行っています。

東京海上日動の自転車保険を確認する

 

自転車でも万が一を考えて最低でもTSマーク付帯保険には加入しておきましょうね。

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。