読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

東京都 都税すべてをクレジットカードで支払い可能に!狙い目はリクルートカードプラス

高ポイント還元クレジットカード クレジットカードとライフライン お得な情報 リクルートカード

東京都が4月1日より都税すべてをクレジットカードで支払えると発表しました!

f:id:suzukidesu23:20150330185529j:plain

概要 税の対象は対象はすべて

自動車税、固定資産税、個人事業税、不動産取得税等の全税目にクレジットカードによる支払いが出来るとの事です。ただし固定資産税に関しては23区内のみでスタートするという事です。

また使えるクレジットカードは、VISA・MasterCard・JCB・Diners Club・American Expressと5大ブランドのマークがあるクレジットカードならどれでもOKとの事です。

これは嬉しい発表ですね!

もちろん、ポイント還元の対象となるのですが、必ずしもおトクになるという訳で無さそうです。

1万円につき73円の手数料が発生

ただし1万円につき73円(税別)の手数料が発生するため、還元率が0.8%以上のクレジットカードで無ければお得にはなりません。

0.8%という還元率のクレジットカードは知らないので1%以上になりますね。

という事で高還元率のクレジットカードならお得になるという事です。

例えば、リクルートカードプラスなら還元率が2%ですから税金を支払っても1%以上お得に還元される事になりますね。

5万円以内ならnanacoでの支払いの方がお得

必ずしも高還元率のクレジットカードだけがお得という訳ではありません。

というのも手数料が0.8%ほどかかるクレジットカードに対してセブン-イレブンでnanacoで支払えば手数料は不要です。nanacoへのチャージでもポイントのたまるクレジットカードならお得になるという事です。

もちろんクレジットカードによるチャージでポイントを得るのだから高還元率のクレジットカードが良い事にこしたことはありません。

両方考えるのならリクルートカードプラスが最強

もちろん税金によっては5万円以上となるものもあるので、nanacoでは支払えない事も考えられます。

そういう場合は高還元率のクレジットカードで支払った方がお得になります。

高還元率であり、且つnanacoへのチャージでもポイントがお得にたまるクレジットカードならやはりリクルートカードプラスです。

還元率2%のクレジットカードであり、nanacoへのチャージでも2%のポイント還元が受けられます。

恐らく現段階で普通に作れるクレジットカードの中では最強のポイント還元率だと言えます。

リクルートカードプラスに関しては以前記事を書いていますので参考にして下さい。

money-creditcard.hatenablog.com

リクルートカードプラスの公式サイトへは下記からどうぞ。

リクルートカードプラス公式サイト

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。