お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

東京電力がPontaポイントと提携!リクルートとのサービスとも連携で新しいサービス?

東京電力とローソンが推進しているポイントサービス「Pontaポイント」を提携すると発表しています。

リクルート、ロイヤリティマーケティングとのWEBサービス、ポイントサービスの業務提携について|東京電力

東京電力を嫌う人は多いのですが、それよりも提携する事のメリットが大きいと感じると判断したのかと思いますが、実際はどうですかね?

f:id:suzukidesu23:20150115084714j:plain

関係図

今回の提携の関係は下記の通りです。

f:id:suzukidesu23:20150510105934p:plain

情報の相互取り込みを行いそうだな・・・・。ビッグデータの活用って奴ですね。

ポイント2重取りも可能になるのかが知りたい

連携されるのは2016年1月以降という事なのですが、実際にどんなサービスになるのかはまだ発表されていません。

しかし気になるのはクレジットカードで電気代を支払っている場合、ポイントが2重に得られるか?が個人的には気になります。

例えばリクルートカード・プラスで電気代を支払っていた場合、年間で12万円の電気代なら2400円分のリクルートポイント(Pontaポイントにも交換可能)が貯まる訳です。

そして年間12万円の電気代に対して東京電力がいくらかポイントを還元してくれるのか?という事が気になります。

例えば0.5%をPontaポイントで還元してくれるのであれば600円分のポイントが付加されるので、リクルートカードプラスのポイントと合わせて3000円分のポイントになります。つまり2.5%の還元率になるという事です。

そうなるとPontaポイントが貯まるクレジットカードはより注目を浴びてくると思います。

Pontaポイントの貯まるクレジットカード

Pontaポイントが貯まる(等価交換可能なものを含む)クレジットカードは2種類

JMBローソンPontaカードVisa

リクルートカード もしくはリクルートカードプラス

 

JMBローソンPontaカードVisaはローソンで使えばポイント還元率は約2%(ポイント対象外商品もあるので)で、更にJALマイルも貯まり年会費無料でお得なクレジットカードになっています。

リクルートカードはポイント還元率は1.2%で年会費無料とこちらもお得なクレジットカード。ローソン以外のお買い物でもお得です。

リクルートカード・プラスは還元率が2%と脅威の還元率ですが年会費が2000円(税別)となっています。

東京電力エリアなら持っておきたいクレジットカード

JMBローソンPontaカードVisa

リクルートカード もしくはリクルートカードプラス

この2つのクレジットカードは、そうなると東京電力内に住んでいるのなら是非とも持っていたいクレジットカードになりますよね。

リクルートカード系のポイントは現在はリクルートポイントですが、Pontaポイントに等価交換が可能です。また2015年の冬からはリクルートポイントはPontaポイントになるとも言われています。

Pontaポイントの汎用性

問題はPontaポイントの汎用性ですよね。

ローソンやリクルートのサービスで使えるのは当然として電気代もローソンでならPontaポイントで支払えるようになればより付加価値は加わると思います。

他にもビックカメラやシェル石油、ケンタッキー等でも使えます。

またJALマイルに交換も可能となっています(2Pontaポイントで1JALマイルへ)。

でも、それはそれで何となくもったいないような。

しかし、東京電力と組む事でPontaポイントに加盟する店舗も出てきそうなのでより汎用性はましてくると思います。

実際にはどんなサービスになるか早く知りたいものですね。

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。