お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

定期券はクレジットカードで購入出来る?定期券は分割払いで購入出来る?

春から新しい場所に赴く人、特に東京や大阪、名古屋に行くという方は多いですよね。

でも会社が大学、専門学校の近くに住むとなると家賃が高くてとても無理、

だから少し離れたところにアパートを借りて電車で通うという人がほとんどでしょう。

僕も学生時代は都内の大学に通っていましたが家賃の関係から千葉県で一人暮らしをしていました。

最近は学生でもクレジットカードを持ちやすくなりましたし、新社会人でもクレジットカードの審査は比較的簡単になりました。

だから定期券もクレジットカードで購入してお得にポイントを貯めて少しでも節約しようと意識する人が増えたように思います。

でもそもそも定期券ってクレジットカードで購入出来るのでしょうか?

また1ヶ月の定期よりも6ヶ月の定期の方が安いから6ヶ月の定期券を購入したいけど分割払いって出来るのかな?と考えていたりするのではないでしょうか?

  • 定期券はクレジットカードで購入出来るのか?
  • 定期券を分割払いで購入出来るのか?
  • 仮に定期券を分割払いで購入出来たとしても分割手数料分、お得では無くなるのではないか?

そんな疑問に答えていきます。

f:id:suzukidesu23:20170114141625j:plain

以下この記事をざっくり説明すると

 

定期券はクレジットカードで購入出来るのか?

結論から言うと鉄道会社によって異なります。

パターンとしては

  • ほとんどのクレジットカードで定期券の購入が可能な鉄道会社
  • 特定のクレジットカードのみで定期券の購入が可能な鉄道会社
  • 現金のみで定期券の購入が可能な鉄道会社

この3パターンになります。

JRはクレジットカードでの定期券購入は可

定期券を購入する方の多くはJRを使うことになると思います。

JRはほとんどのクレジットカードで定期券の購入が可能です。

ほとんどのクレジットカードというと使えないクレジットカードもあるのかな?と思うかもしれませんが、VISA・MasterCard・JCB・American Express、Diners ClubのマークがついているクレジットカードならOKです。

この5つのマークがついてないクレジットカードを探す方が難しいですからまず大丈夫だということが分かりますよね。

ほとんどのクレジットカードで定期券が購入可能な鉄道会社

主に関東になりますが、代表的な鉄道会社で説明します。

東京メトロ

東京都内の大学や会社に通う方なら東京メトロを使う方も多いですよね。

東京メトロもほとんどのクレジットカードで定期券を購入出来ます。

対応カード:VISA・MasterCard・JCB・American Express、Diners Clubのマークがついているクレジットカード

なお東京メトロを使う上でお得な東京メトロが発行しているクレジットカードがあります。東京メトロ To Me CARD Primeです。

詳細

公式サイト

東京都交通局(都営地下鉄)

東京メトロと並び都内の地下鉄なら都営地下鉄線を使う方も多いでしょう。

都営地下鉄もほとんどのクレジットカードで購入が可能です。

対応カード:VISA・MasterCard・JCB・American Express、Diners Clubのマークがついているクレジットカード

都営だけに特にお得になるクレジットカードはありませんがPASMOとの組み合わせを考えると東京メトロ To Me CARD Primeが良さそうです。

小田急電鉄

小田急はJR同様、ほとんどのクレジットカードで定期券の購入が可能です。

対応カード:VISA・MasterCard・JCB・American Express、Diners Clubのマークがついているクレジットカード

なお、小田急線の定期券を購入するということは小田急グループの店舗やサービスを利用する機会が増えると思います。

その場合、小田急グループが出しているクレジットカード「小田急ポイントカード」を使うとよりお得になります。

公式サイト

東京急行電鉄(東急)

東京急行電鉄、通称「東急」もほとんどのクレジットカードで定期券の購入が可能です。

対応カード:VISA・MasterCard・JCB・American Express、Diners Clubのマークがついているクレジットカード

なお東京メトロや小田急同様、東急沿線に住むと東急グループの店舗やサービスを使うことが多くなるので東急のクレジットカードを使うとよりお得になります。

公式サイト

西武鉄道

西武鉄道は主に都心から埼玉方面をカバーする私鉄です。西武鉄道もほとんどのクレジットカードで定期券の購入が可能です。

対応カード:VISA・MasterCard・JCB・SAISON・UC・American Express、Diners Clubのマークがついているクレジットカード

西武もクレジットカードを出しており、西武沿線ならお得になるクレジットカードがあります。「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」です。

参考

 公式サイト

特定のクレジットカードのみで定期券の購入が可能な鉄道会社

特定のクレジットカードのみで定期券を購入出来る鉄道会社です。

京王電鉄

京王線沿線には大学も多く利用される方は多いと思います。しかし京王線の定期券を購入する場合は、京王パスポートVISAカードというクレジットカードのみで購入することが出来ます。

京王線沿線に住むのであれば持っていないと損ということになりますね。

京王パスポートVISAカードには2種類あります。特典は基本的に変わりませんが京王パスポートVISAキラリナカードは吉祥寺や吉祥寺近隣に住まわれる方向きとなります。

公式サイト

京成グループ(京成電鉄・新京成電鉄等)

主に都内から千葉県に細かい路線を持つのが京成グループです。

京成グループは京成グループのクレジットカードのみで定期券を購入することが出来ます。

公式サイト

京浜急行電鉄

都内から神奈川県方面へ向かう路線だと京浜急行を使う方が多くなります。

京浜急行は京浜急行のグループが出している「京急プレミアポイント」というクレジットカードのみで定期券を購入することが出来ます。

公式サイト

東武鉄道

東京スカイツリーが出来てから注目を浴びているのが東武鉄道沿線です。

しかし東武鉄道は東武鉄道グループのクレジットカードである「東武カード」のみで定期券を購入することが出来ます。

公式サイト

東京以外

東京以外だと僕が分かる範囲だと出身県である愛知県になりますが、愛知県と言えば名鉄という方も多いと思います。

名鉄も特定のクレジットカードで定期券が購入出来ます。

名鉄ミューズカードとセディナのメディアカードです。特に名鉄沿線であれば名鉄μ'sカードが非常にお得になります。

参考

公式サイト

他の地域も分かり次第更新していきます。

定期券はクレジットカードで分割払い出来るのか?

こちらも結論から先に書いておくと、出来ません。基本的には1回払いのみです。

ひょっとしたら僕の知らないところで分割払い出来る鉄道会社もあるのかもしれませんが、JRは無理です。1回払いのみとなります。

でも絶対に出来ないのか?というと分割払いにする方法はあります。

それはどういう方法か?

後から分割払いに出来るクレジットカードで購入するということです。

定期券を購入する時は1回払いで購入しておいて、購入後にクレジットカード会社に連絡するかWebから申請することで分割払いにすることが出来るクレジットカードがあります。

ただしここで気をつけて欲しいのは、後から分割払いに出来るクレジットカードは少ないということです。

後からリボ払いに変更出来るクレジットカードは多数ありますが、後から分割払いにすることが出来るクレジットカードは非常に少なくなっています。

後から分割払いに出来るクレジットカード

後から分割払いに出来るクレジットカードの代表としてはVIEWカード、ライフカード、JCBカードやJCBと提携しているクレジットカードがあります(一部JCBと提携していても出来ないクレジットカードもあります)。

後から分割払い出来るクレジットカードでおすすめなものを紹介します。

ビックカメラSuicaカード

VIEWカードは後から分割払いや後からボーナス払いが出来るお得なクレジットカードです。ただし残念なことに年会費が発生するクレジットカードです。

しかしビックカメラSuicaカードは初年度において年会費無料であり次年度もクレジットカードの使用で無料になります。

VIEWカードと一体になっているのでJR東日本管轄でJRの定期券を購入する場合にも便利ですよ。

公式サイト

ライフカード

ライフカードは年会費無料のクレジットカードで誕生日の月はポイントが5倍となる非常にお得なクレジットカードです。

ライフカードも後から分割払いが出来るクレジットカードとなっています。

公式サイト

リクルートカード(JCB)

リクルートカードでブランドをJCBで選んだ場合も後から分割払いにすることが出来ます。年会費も無料です。

更に凄いのはポイント還元率が1.2%と通常のクレジットカードの2倍以上(通常は0.5%くらい)でポイントがお得に貯まるクレジットカードとなっています。

公式サイト

定期券を分割払いで購入出来たとしても分割手数料がかかるから、お得では無くなるのではないか?

例えば定期券で1ヶ月分を購入して後から分割払いにするのであれば、当然分割手数料分、お得ではありません。ただし2回払いであれば分割手数料がかからないので問題ないでしょう。

3回払い以上にするのであれば分割手数料がかかるのでポイントが入っても全くお得ではありません。分割手数料はポイント分よりも多いのが一般的ですから。

また1ヶ月分の定期代を分割払いにしていたらそれこそ毎月の返済額が増えていくのでおすすめではありません。

でも分割払いででも定期券を購入した方が良い場合があるんです。

6ヶ月定期なら6回払いの分割払いで購入してもお得

例えば東京の神田付近、御茶ノ水付近は会社や大学、専門学校も多くなっているので中央線沿線や総武線沿線にアパートを借りて通う人も多い地域です。

例えば中央線で御茶ノ水駅から中野駅に通う場合の定期券は下記の料金となります。

通勤定期の場合

  • 1ヶ月分:6460円(1ヶ月辺り6460円)
  • 3ヶ月分:18410円(1ヶ月辺り6137円/1ヶ月分との差323円)
  • 6ヶ月分:31020円(1ヶ月辺り5170円/1ヶ月分との差1290円)

通学定期(大学生)の場合

  • 1ヶ月分:5470円(1ヶ月辺り5470円)
  • 3ヶ月分:15590円(1ヶ月辺り5197円/1ヶ月分との差273円)
  • 6ヶ月分:29550円(1ヶ月辺り4925円/1ヶ月分との差545円)

仮に31020円を金利18%のクレジットカードで6回の分割払いした時の分割手数料は約1600円ですから実質の支払額は32620円ほどになります(購入日によって数円から数十円ずれるので大まかに分割手数料を1600円としています)。

でも1ヶ月分の定期を毎月購入する場合、38760円になります。

  • 6ヶ月定期を6回の分割払いで購入した場合の合計:32620円くらい
  • 1ヶ月定期を毎月半年1回払いで購入した場合の合計:38760円

差額は6140円。仮に38760円の定期代にクレジットカードのポイントが2%付与されたとしても775円ですから38760円から775円を引いても37985円、6ヶ月的を分割払い6回で購入したよりも圧倒的に高いことが分かります。

通学定期でもそれほど変わらないので通学定期でも1ヶ月分を6回購入するよりも6ヶ月分を分割払いで購入した方が安くなります。

ただし大学生の場合、夏休みや冬休み、春休みが1ヶ月ほどある場合もあって丸々実家に帰って定期を使わないということであれば、3ヶ月定期に足りない分を1ヶ月の定期で購入した方が安くなることもあります。

社会人の場合は長くても10日くらいでしょうから6ヶ月定期を分割払いでも良いから購入した方がお得になります。

1ヶ月分の定期を毎月買うよりは6ヶ月分の定期を分割払いにしてでも購入した方がお得になる

これは覚えておいてくださいね。

もちろん分割払いではなく1回払いであれば金利手数料もかからないのでお得ですが、まとまったお金が無い場合は検討してください。

それにボーナスをもらって余裕が出来た時に分割払い分を一括返済すれば更に金利手数料は減りますし、ビックカメラSuicaカードみたいに後からボーナス払いに出来るクレジットカードであり、ボーナスがもらえることが確定していればボーナス払いにして金利手数料を無くすという手もあります。

なお今回は金利手数料の料率を18%にしましたがクレジットカードによっては18%以下になりますのでもっとお得になりますよ。

定期券は働いていたり、学校に通っている間はずっと使うものですからクレジットカードで少しでもお得にしてくださいね!

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。