読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

【海外旅行】台湾でクレジットカード(JCB)でキャッシングした場合のレートと手数料はいくら?実際にキャッシングをして調べてみた

海外旅行 クレジットカードのライフハック術 キャッシング

2016年5月末に初めて海外旅行に行きました。行った先は台湾。

f:id:suzukidesu23:20160803113939j:plain

空港で両替するのが一番お得だと聞いて空港で両替したのですが、如何せん初の海外旅行で無駄遣いを・・・

そして夜になってお金が無くなりさてどうしようか?という事態に。両替所はどこにあるかよく分からなくて困っていた時に銀行のATMコーナーが目に入りました。

ひょっとしてクレジットカードでキャッシング出来るのでは?

そう思ってキャッシングをしました。

 

使ったカードは?JCBブランドのクレジットカード

今回使ったクレジットカードはJCBブランドのクレジットカードです。

 >>JCBカード(公式サイト)

台湾ってかなりJCBのクレジットカードが使えるんですね。というよりもJCBが使えないところの方が少ないということが今回の台湾旅行でわかりました。

なおキャッシングではポイントは貯まりません。これは海外キャッシングも同様です。

JCB以外のクレジットカードでもキャッシングではポイントが付かないのが一般的です。

使った銀行のATMは中国信託商業銀行

今回キャッシングで使った銀行のATMは明細書を見ると「CTBC BANK 」となっており、調べてみると正式名は「中国信託商業銀行」という銀行でした。

台湾でも台北に本社を置く商業銀行ということです。

深夜12時頃でもATMが稼働していますし、台北ではよく見かける銀行です。

台湾で140以上の支店があるということですから台湾ではかなりメジャーな銀行であると言えると思います。

手数料とレートは?

では実際にキャッシングをした時の手数料とレートはどうだったのか?

これが一番気になるところだと思います。

Web明細をキャプチャーしたものがこちらです。

f:id:suzukidesu23:20160803123114j:plain

小さくて見辛いと思うので右側だけの画像が下記となります。

f:id:suzukidesu23:20160803123337p:plain

台湾の通貨・3000台湾ドル(元)をキャッシングしました。

この日の為替は下記の通りです。

f:id:suzukidesu23:20160803123708p:plain

FX | 株式市場 | ファイナンス | 金融ニュース – Investing.comより

キャッシングの換算レートが3.4109円になっていますからほぼ為替通りとなっています。

またキャッシングなので特に両替手数料は発生していません。

そしてキャッシングなので借りた翌日から返済日までの期間の手数料が発生します。

今回は台湾で5月31日にキャッシングしたので6月1日からカード代金の引落し日である7月11日までの41日間の金利となります。

今回使ったクレジットカードは毎月15日締めの翌月10日引落し(引き落とし日が土日祝だと翌営業日)となっています。

約1万円を借りて約40日の金利で約200円です。金利手数料18%だとこれくらいだということがわかります。

もし5月31日ではなく6月14日にキャッシングをしていた場合、7月11日に引落しだとすると22日となるので手数料は約110円くらいになると思います。

台湾旅行では日本で両替せずに台湾についた時、空港で両替が一番お得だと言われていますが、空港での両替手数料は金額に関係なく30元なのでレートを今回と同じく3.4だとすると約100円です。

返済期限までの日数が少なくて1万円くらいなら空港での両替とほとんど変わらない手数料でキャッシング出来ることになります。

両替は空港で!でも足りなくなったらキャッシングも上手く使おう!

上記では1万円の両替なら空港で行うのと変わらないと書きましたが恐らく3泊4日くらいの台湾旅行であれば2万円~4万円(1日5000円から1万円くらい)を目安に両替をする人が多いと思います。

仮に4万円をキャッシングすると今回の例なら約800円の手数料が発生する訳です。

返済までの期間が短ければ400円くらいですが、空港で両替をするのが一番です。

しかし旅行中に現金が足りなくなった!あと1万円くらい必要!ということであれば両替所を探す手間や時間を考えればキャッシングをしてしまった方が断然時間も無駄になりませんし楽だということを今回学びました。

今はスマホを使えば海外でも簡単に両替所は探せますが慣れない土地でGoogleMapを使ったとしても不安ですし時間もかかります。それなら目に飛び込んできた銀行のATMでキャッシングをした方が便利ですしおすすめです。

台湾は非常に治安の良い国ですが、それでも海外旅行だから現金はあまり持ち歩きたくないという人が多いと思います。だからクレジットカードが使えるところならクレジットカードを使って両替は最小限に、となるでしょう。

海外旅行で便利なクレジットカード

今回は手持ちのリクルートカード(JCB)を使いましたが、正直なところJCBはVISAやMasterCardに比べると海外では使えないところが多いのが実情。

台湾は日本人観光客が多いのでJCBも使えるところも多いのですが、日本人観光客が少ない国だと使えない場合があるというデメリットもあります。

しかし、JCBプラザ ラウンジというJCBが海外で展開している日本人向けのラウンジがあるのですが、海外でのいろいろなサポートを行ってくれます。

>>JCB PLAZA | クレジットカードJCB 海外でも便利な優待特典やJCB PLAZA情報

これは海外旅行で不安な人には非常に便利なサービスです。

海外に行ってからオプショナルツアーを申し込みたいとなった時に外国語が苦手ならここで予約をしてもらうことも可能です。

だからJCBのクレジットカードを1枚作っておくのも非常に便利です。

>>JCBカード(公式サイト)

ただしJCBで支払いが出来ないところも海外ではある訳で、その場合はやはりVISAのマークがついたクレジットカードが一番安心であり一番使えます。

だから海外旅行に行く時はVISAのクレジットカードとJCBのクレジットカード、両方を持っていくのが間違い無いと言えます。

VISAと言えば一番メジャーなのか三井住友VISAカードでしょう。

>>三井住友VISAカード(公式)

もしくはANAを使うというのであればANA カード(VISA)もおすすめです。

>>ANA カード(公式)

以上、台湾でクレジットカードを使ってキャッシングをした時の手数料のお話でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。