お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

普及する?しない?Tマネーが思いの外、使えない。チャージ出来る場所も少ないまま

Tポイントと連携出来る電子マネーとしてスタートしたTマネー。でも、思いの外影響力が出ていないように思います。

反面、Tポイントと言えばYahooのポイントとしても採用されておりかなり広範囲で使えるポイントサービスです。

しかしこのままでは本当にTマネーは普及しないまま終わってしまうのではないか?というくらい普及していませんし拡大するようにも思えません。

Tマネー

 

使えるところが少ない・チャージ出来るところも少ない

Tマネーは、TSUTAYA(一部店舗を除く)とドラッグユタカ(知らないけど)くらいでしか使えませんでした。

そしてファミリーマートや一部のドラッグストアやスーパーマーケットで使えるようになってきましたが、今後伸びていくのでしょうか?

これだけ使えるところが少ないと持つ意味があまり無いと思う人も多いと思います。

実際に電子マネーは使える場所がどれだけあるかでかなり使用度が変わってきます。

またTマネーにチャージ出来るところも上記のTマネーが使えるところのみ。

チャージをする場所も使える場所も少ないTマネー。

唯一の大きなところと言えばファミマくらい。でもファミマなら他の電子マネーも使えるし、他の電子マネーを使った上でTポイントも加算されるので必要無いと思う人も多いでしょう。

還元率が悪すぎるTマネー

一般的な電子マネーの還元率は0.5%です。200円につき1ポイント(1ポイントを1円で使える場合が多い)なのですが、Tマネーは、500円につき1ポイントとなっており、還元率で言えば0.2%としかありません。Tポイントは別につくので合計で約0.7%のポイント還元となりますが、Tポイントがつくお店ならクレジットカードや他の電子マネーが使えるのでTポイントと合わせてポイント還元率が1%くらいとなり、わざわざポイント還元率の低いTマネーを使うメリットがありません。

これって、使う意味あるの?と思ってしまう金額です。

ならばファミマTカード等のTポイント機能付きのクレジットカードで支払いをした方が断然お得になります。

Tマネーをポイント還元率を理由に使う理由が全く無い状態ですから、普及する理由が見当たりません。

Tポイントに胡座をかき過ぎた?

Tポイントはかなり汎用性の高いポイントです。そこに目をつけてTマネーを出せばそこそこ行けると思ったのかどうかは解りませんが、Tポイントにあぐらをかいて、まったく普及させる気が見えない、ポイント還元率も低いTマネーは今後どこまで普及するのかな?と思いました。

このままだと採算が取れないのでは?

一度電子マネーを始めると中々終わらせる事は出来ません。しかし経費は毎回かかってくるので、今後はもう少し普及させていくのかな?とは思いますが微妙な気も。

このままだと普及しないまま気付けば終わっていたという事にならない事を祈ります。

Tポイントとの連携をもっと密に行うようにしてポイント還元率を大きくしないとこれ以上の普及は無理でしょうね。

Tマネーよりも後発のLINEPayのポイント還元率は2%です。何も2%という高還元率を出す必要性はありませんが、せめてTポイントと合わせて1%くらいの還元率にして大手スーパーマーケット等と提携しないと厳しいでしょうね。

以上、Tマネーは普及するか?というお話でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。