読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

出向している会社員がクレジットカードを作る場合、出向元・出向先、どっちの勤務先を申込書に書くべき?

クレジットカードを作る時の参考に

勤めている方で関連会社等に出向をしている方もいますよね。

でも出向中にクレジットカードを作る場合、出向元・出向先、どちらの勤務先を書くのが正しいのか悩む方もいるのではないでしょうか?

どちらを書くのが正しいのか説明します。

f:id:suzukidesu23:20141206232418j:plain

出向って良いイメージがあまり無い場合が多いですよね・・・・

 

出向元とは?出向先とは?

最初に出向元と出向先について説明します。

Aという会社に就職をしたとします。Aという会社の子会社にBという会社がありました。

あなたはAという会社の社員ですが、Bという会社に出向するように辞令が出たのでBという会社で働くようになりました。

f:id:suzukidesu23:20160714115950j:plain

でも給料を支払っている(振り込んでいる)のは会社Aであり健康保険証を発行しているのも会社Aであれば出向元はAとなり、出向先はBということになります。

  • 出向元はA
  • 出向先はB

ポイント

給料を表面的にせよ支払っている会社・健康保険証を発行している会社が出向元となる。

クレジトカードの勤務先、基本は出向元を書きます

では出向中にクレジットカードを作る場合、勤務先は出向元か出向先、どちらを書くのかといえば

基本は出向元を書きます。

ただし例外もありますので説明していきます。

下記は今回、出向元・出向先どちらを書くのが正しいのか参考にしようと思ってもらってきたクレジットカードの申込書の職業記入欄です。

f:id:suzukidesu23:20141206232536j:plain

f:id:suzukidesu23:20141206232547j:plain

出向先は部署名に書くようになっていますね。

手元にあったクレジットカードの申込書をいくつか見たのですが、手元にあった5種類のクレジットカードの申込書は4つが「出向先」と書かれていました。

1つは「出向」と言う言葉は1つも書かれていませんでした。

まだ「出向先」と書かれていないクレジットカードの申込書やオンラインでの申し込みサイトもあるので悩んでしまう原因になっているんですよね。

ただし、出向の規定というのは会社によって結構違います。内部的には出向だけど外部的には転籍なんて事もあったりする会社も。

だから悩んだ場合は、給料を振り込んでいる会社、健康保険証を発行している会社を「勤め先」として書くようにしてください。

ポイント

悩んだら給料を振り込んでいる会社名・社会保険証を発行している会社名を「勤め先」として書く

年収以外の業績見込みまで記入欄がある申込書

今回、クレジットカードの申込書で個人事業主の場合、当期業績見込みまで記入する欄があるのには驚きました。今はこんな事を書く欄まであるんだ~と。

もっともクレジットカード会社を発行する側にしてみればサラリーマンならお金はある程度安定的に入ってくるので安心出来る部分もありますが、個人事業主の場合は安定的にお金が入ってくるのか分からないのでここまで書いてもらわないとクレジットカードを発行出来ないということもわかりますよね。

内定先まで書く場合も

また学生向けに内定が出ている場合は内定先まで記入する欄があるんですね。

確かにクレジットカード会社ならある程度なら会社名からどれぐらいの年収になるか解るのでそこから信用枠も判断出来る事になりますからね。

でも、これに見栄から嘘を書いた事がバレた場合は最悪詐欺罪になるのかもしれませんね。

でも、改めて見てみると本当にクレジットカードの申込書は個人情報の宝庫ですね。一部、任意でメールアドレスの記入欄まであるものがありました。

ここ暫くクレジットカードなんて作っていなかったので改めてみるといろいろと変わっているものですね。

以上、出向している会社員は基本的には出向元を書くというお話でした。

僕もサラリーマン時代は3回ほど出向していたのですが、その時にクレジットカードを作る時、どっちを書けば良いのか悩みました。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。