読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

セブンカード・プラスとnanaco、どちらがお得?比較すればセブンカード・プラスが断然お得!

おすすめ セブンカード・プラス nanaco

コンビニ業界No.1と言えばセブンイレブンです。またセブンイレブンを展開する7&iグループのスーパーマーケットと言えばイトーヨーカドーです。

セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用するのなら持っていないと損!と言えるのがクレジットカードであるセブンカード・プラス。でも実際にどれぐらいお得なのかよく分からないし、nanacoじゃダメなの?という方にどれぐらいセブンカード・プラスがお得なのかnanacoと比較した上で説明していきます。

f:id:suzukidesu23:20141112111002j:plain

以下この記事をざっくり説明すると

 

イトーヨーカドー・セブンイレブンの店舗でポイント還元1.5%

イトーヨーカドーやヨークマートで日々のお買物をされている方って多いですよね。いつもいくらくらい買物をしていますか?

例えば1回の買物で2000円を使っていたとします。週に3回として6000円、月で見れば24000円も使っていることになります。

これを一般的なクレジットカードで支払っていたらポイント還元率は0.5%~1%なので月に120円~240円分のポイントしかもらえません。

でもセブンカード・プラスで支払っているとどうなるか?セブンカード・プラスは、イトーヨーカドーやヨークマートでの買物の場合200円毎に3ポイント(1ポイント1円相当)のポイント還元を得られます。

つまり24000円なら360円分のポイントが貯まる訳です。

  • 一般的なクレジットカード=120~240円分のポイント
  • セブンカード・プラス=360円分のポイント

1月単位で見るとそれほど大きな差ではありませんが年間で見ると買物1回分がただになっているほどの差になっています。例えば人気の楽天カードだとポイント還元率は1%なので240円分にしかなりませんがセブンカード・プラスなら360円分です。

ここで覚えておいて欲しいことが2つ。

  • 200円は税込金額だということ。
  • 月間の利用料金に対して200円毎にポイントが加算される

200円は税込み金額だということ

税込200円につき3ポイントなので税別186円以上の商品1つを購入したとしてもポイントが貯まります。

nanacoをイトーヨーカドーやヨークマートで使った場合、税別100円につき1ポイントなので税別200円で2ポイントしかもらえません。つまり216円につき2ポイントです。

  • セブンカード・プラス=税込200円で3ポイント
  • nanaco=税別200円で2ポイント

ポイントも0.5%違いますし、税込か税別かでも全く違いますから年間で見ると大きな差になります。

月間の利用料金に対して200円毎にポイントが加算される

セブンカード・プラスのカード締め日は毎月15日です。つまり16日から翌月15日までに使った分を1ヶ月分と見なします。

例えば税込199円と税込201円の買物をイトーヨーカドーやヨークマート、セブンイレブンでセブンカード・プラスの定める1ヶ月間の間に使った場合、いくらのポイントがもらえるかと言えば6ポイントです。

合計で税込400円となるので

400円÷200円×3ポイント=6ポイント

という計算になります。199円の時はポイントが付かない訳ではなく1ヶ月間の利用金額に対してのポイント加算になるので無駄にはなりません。

つまり月間の利用金額の累計金額に対してのポイント加算となります。

セブンカード・プラスを紹介している一部の個人サイトで199円ではポイントが付かないので200円以上の支払いにしましょう!と書いてあるところもあるのですがこれは間違いです。

しかしnanacoで支払うとどうなるか?

nanacoは税別100円に対して1ポイントなので税込199円と税込201円の買物をした場合にもらえるポイントは2ポイントです。

nanacoは

  • 買物毎にポイント加算(累計金額に対してでは無い)
  • 税別金額に対しての加算

なので税込199円の買物では税別185円、税込201円の買物では税別187円となるので、それぞれ税別200円に達していないので税別100円分に対してしかポイントが加算されません。しかも月間の累計金額に対してではなく1度の買物金額に対してです。

税込199円の買物と税込201円の買物を1ヶ月間で行った場合

  • セブンカード・プラス=6ポイント
  • nanaco=2ポイント

全く違いますよね。

>>セブンカード・プラス(公式サイト)

セブンカード・プラスならnanacoへのチャージも可能だけど

 セブンカード・プラスは2種類あります。

  • セブンカード・プラス nanaco一体型
  • セブンカード・プラス nanaco紐付け型

セブンカード・プラス nanaco一体型

セブンカード・プラス nanaco一体型は、1枚のカードでクレジットカードの機能とnanacoの機能が1つになったものです。通常2枚のカードになるところ1枚のカードになるのでお財布の中もすっきり出来ます。

セブンカード・プラス nanaco紐付け型

nanacoの機能は無いものの、既に持っている・これから用意するnanacoカードを紐付けて使うことが出来るのがセブンカード・プラス nanaco紐付け型です。

例えばお子さんにnanacoをもたせたいけどクレジットカードは持たせられない場合にnanacoカードは別に作っておく場合に便利です。

セブンカード・プラスでnanacoにチャージ可能、ポイント還元率0.5%

2015年3月1日より、セブンカード・プラスでnanacoにクレジットチャージをするとnanacoポイントが貯まるようになりました。

更にチャージ金額の0.5%がポイント還元されます。仮に1000円をチャージすると5円分のポイントが貯まる訳です。

更にnanacoをイトーヨーカドーやヨークマート、セブンイレブンで使うと税別100円に対して1ポイントのポイントが貯まります。

だからセブンカード・プラスでnanacoにチャージしてnanacoで支払うと合計で1.5%のポイント還元となりセブンカード・プラスで支払うのと同じポイント還元率になるかのように思えます。

でも、もう気付いていますよね。

  • nanacoはあくまでも税別金額の100円毎に対してのポイント
  • セブンカード・プラスは税込金額に対してのポイント

だからセブンカード・プラスでnanacoにチャージしてnanacoで支払う場合とセブンカード・プラス(つまりクレジットカードとして支払う)で支払う場合では税金分だけセブンカード・プラスの方がお得になります。

またnanacoは買物毎にポイント付与であり、セブンカード・プラスは累計金額に対してポイント付与ですから、半年1年という長い目で見た場合、大きな差が出てきます。

つまりイトーヨーカドーやヨークマート、セブンイレブンはnanacoで支払うよりもセブンカード・プラスで支払った方が断然お得だということになります。

では、nanacoは全くお得では無いのか?と言えばそうではありません。

nanacoの使い道はとお得な点は?アリオでの利用かANAマイルへ交換

セブンカード・プラスでもnanacoでも貯まるポイントはnanacoポイントです。nanacoポイントは電子マネーnanacoに変換してnanacoとして使えます。

だから結局、nanacoとして使うことになる訳です。

ではnanacoはどこで使えばお得になるかと言えばクレジットカードでは支払えないけど、nanacoでは支払える場所で使えばお得です。

例えば7&iグループのショッピングセンターであるアリオの中のテナント・ショップだとクレジットカードでは支払えないけどnanacoでは支払いOKというお店もあります。そういうところでnanacoを使えば損はしませんしむしろnanacoポイントもまた貯まるのでお得になります。

またnanacoポイントはANAマイルへの交換も可能です。500nanacoポイントで250ANAマイルへと交換が可能!

ANAマイルは通常では200円につき1マイルですが、セブンカード・プラスは200円で3ポイントとなるので200円で1.5マイルが貯まる計算となり非常にお得です。

セブンカード・プラスはANAマイルを貯めるのにもお得になる訳です。

でもそれ以上にnanacoにはメリットがあります。

税金・公共料金にも使えるnanaco

セブンイレブンで公共料金や税金を支払っている人もいますよね。

でもクレジットカードでは公共料金や税金は支払えません。でもnanacoなら公共料金や税金も支払えます!

セブンカード・プラスはnanacoへのチャージも出来るのでセブンカード・プラスでnanacoにチャージして得られるポイント分だけ、nanacoで公共料金や税金を支払えばお得になります。

税金や公共料金で実質的に0.5%のポイントを得られる訳ですからこれは非常にお得です。

セブンカードプラスの他のメリット

セブンカード・プラスの他のメリットは2つ

  • ハッピーデーで5%OFF(イトーヨーカドー)
  • ボーナスポイントが貯まる
  • nanacoでは貯まらないポイントも貯まる

共にnanacoカードでも同じメリットがあるのですが、支払い時のメリットがセブンカード・プラスの方が大きいことは既に説明済みなのでもうお分かりいただけていますよね。

ハッピーデーで5%OFF(イトーヨーカドー)

イトーヨーカドーは毎月8の付く日、8日・18日・28日にハッピーデーを開催しており、セブンカード・プラスで支払えば5%OFFとなります。

イトーヨーカドーでまとめ買いをするのならハッピーデーが非常にお得になる訳です。

ボーナスポイントが貯まる

イトーヨーカドーやヨークマート、セブンイレブンで特定の商品をセブンカード・プラスやnanacoで支払うとボーナスポイントが貯まることがあります。

特定商品にはボーナスポイントが付くことがわかるポップが貼られているので見ればすぐにわかります。

例えば300円くらいの商品でボーナスポイントが20ポイント(20円分)がつくこともあり、欲しい商品がボーナスポイント対象商品になっていれば非常にお得になります。

nanacoでは貯まらないポイントも貯まる

例えばタバコ

イトーヨーカドーやセブンイレブンでタバコを購入する場合、セブンカード・プラスで支払えばタバコでもポイントが貯まります。つまりタバコ代が月に1万円なら150円分のポイントが貯まる訳です。

でもこれをnanacoで支払うと1ポイントも貯まりません。

タバコ購入時

  • セブンカード・プラスならポイントが貯まる
  • nanacoだとポイントが貯まらない

他にもプレゼント用の箱や包装が有償だった場合、nanacoで支払うとポイントは貯まりませんがセブンカード・プラスで支払えばポイントが貯まります。

セブンカードプラスのお得では無い点・デメリット

nanacoよりもセブンカード・プラスがお得だということは理解してもらえたと思いますが、そんなセブンカード・プラスにもお得では無い点・デメリットがあります。

それは年会費が有料だということ。

年会費500円(税込)がかかります。

しかし、前年度に年間で5万円以上の買物をしていれば年会費はかかりません。

年間ですから毎月4200円ほど。

セブンイレブンであれば1回の買物で600円、週に2回くらい利用していれば4800円くらいになるので割りと簡単に達成する人はいますよね。

ヨーカドーやヨークマートにしてみれば1回の買物が2000円くらいになることは普通にあることで月に2回くらい利用していれば月4200円は簡単に達成出来ますよね。

だからイトーヨーカドーやセブンイレブンをよく利用する方であればデメリットにはならないとも言えます。

セブンカードプラスを申し込もう!

セブンカード・プラスがnanacoに比べて如何にお得であるかご理解していただけたと思います。

  • セブンカード・プラスは税込累計金額に対してポイント加算
  • nanacoは買物の都度税別金額に対してポイント加算
  • セブンカード・プラスならポイントがつくけどnanacoだとポイントが付かないものがある
  • nanacoにもメリットはある

大まかに言えばこんなことを説明してきました。

もしイトーヨーカドーやセブンイレブン、ヨークマートをよく利用しているというのなら是非セブンカード・プラスを申し込んでお得に買物をしてくださいね!

>>セブンカード・プラス(公式サイト)

今なら更に入会特典でポイントがもらえます!

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。