お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

この春にクレジットカードを作ろうとして悩んでいるのなら、年会費無料のリクルートカードがおすすめ

この春に就職や進学でクレジットカードを作ろうかな?と思っている方も多いでしょう。でもどのクレジットカードを作るべきか悩んでいる方も多いですよね。

まずは年会費無料のクレジットカードを作っておくことをおすすめしますが、年会費無料のクレジットカードも数多くあって悩んでしまうのではないでしょうか?

そんな方におすすめの年会費無料のクレジットカードが「リクルートカード」です。

f:id:suzukidesu23:20150429112726j:plain

ポイント還元率1.2%

一般的な年会費無料のクレジットカードのポイント還元率は0.5%~1%です。

ここ最近人気の楽天カードはポイント還元率が1%ですからそれよりも0.2%良いことになります。

わずか0.2%と思われるかもしれませんが年間で見るとそれは大きな差になります。

例えば毎月の光熱費で1万円支払っていた場合年間で12万円です。

ポイント還元1%なら1200円ですが、ポイント還元1.2%なら1440円と240円の差が出てきます。仮に家賃まで支払うともっと差が出てきます。家賃5万円なら年間で60万円ですからポイント還元率が1%だと6000円ですが、1.2%なら7200円と1200円の差が出てきます。ただ使うクレジットカードが違うだけで年間1200円もの差が出てきます。

家賃をクレジットカードで支払えるところは増えてきていますよ。

リクルートカードのポイントはPontaポイントで汎用性大

リクルートカードでたまるポイントはリクルートポイントですが等価交換でPontaポイントに交換が可能です。

Pontaポイントはローソンで使えるポイントで1ポイント1円で使えます。

人気の楽天カードが使えるコンビニはサークルKサンクスとポプラなので汎用性を考えるとローソンで使えた方が嬉しいという方も多いのではないでしょうか?

リクルートポイントは旅行好きには便利

ちなみに僕はリクルートカードを使っていますが、ポイントはPontaポイントに交換したことはありません^^;

そのままリクルートポイントで使っています。その理由は僕が旅行が好きでよくリクルートが運営する「じゃらん」で宿泊予約をすることがあるのでその時にそのまま使っています。

たまに最低価格保証をしているポンパレモールでも使いますが。

 先日も貯まったポイントで無料で宿泊してきました。

僕の場合、月に20万円くらいはクレジットカードを使っているので月2400円分のポイントがたまるので半年もすれば無料で泊まれるようになっています。

仮にポイント還元率が0.5%のクレジットカードなら20万円使っても1000円にしかならないんですよね。

年会費無料クレジットカードはリクルートカードで決まり

いろいろ使うクレジットカードならポイント還元率で選んだ方がお得です。

年会費無料でCM等でも放送されている楽天カードやイオンカードはそのサービスを使わない限りあまりお得では無いという欠点もあります。

楽天カードであれば楽天のサービスを使えばかなりお得ですし、イオンカードもイオンを使うのであればお得です。

しかし、まずは年会費無料のクレジットカードを1枚作るということであればリクルートカードはかなりおすすめです。

リクルートカード詳細&申し込み

 

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。