読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

クレジットカードを持ちたく無いのならデビットカードを作ろう!楽天銀行と同時に申し込める楽天デビットカードがお薦め

デビットカード

クレジットカードを持つとついつい使いすぎてしまうのが心配・・・

でもネットショッピングや支払いはクレジットカードが便利だけど・・・

と悩んでいる方も多いと思います。

そういう時に便利なのがデビットカードです。

そこで特にお薦めなのが楽天デビットカードです。

f:id:suzukidesu23:20140627195024j:plain

そもそもデビットカードって何?

そもそもデビットカードって何?と思う方もいるでしょう。簡単に言えばクレジットカードとほぼ同じように使えるけど、カードを使った時に登録してある銀行から直接そのまま引き落としがされるというものです。

そのため、銀行口座に5万円入っていたとしたら5万円までしか利用する事が出来ません。6万円だともう使う事が基本的には出来ません。

18歳未満・学生・生徒でも作れる

クレジットカードは基本的に18歳未満では作る事が出来ません。高校生だといくら収入があっても自分名義でクレジットカードを作る事は出来ないようになっています。

しかしデビットカードであれば高校生でも18歳未満でも作る事が出来るものが多いのが特徴です。

今回紹介する楽天デビットカードは16歳以上という条件がありますが、高校生でも作る事が出来るカードです。

カードを作るのに審査が無い

クレジットカードを作る場合は必ず審査があります。そのためクレジットカードを作れない人もいますよね。

でもデビットカードの場合、一部を除いて基本的には審査がなく作る事が可能です。

それでいてほぼクレジットカードと同様に使えるというメリットがあります。

ただし、多くのデビットカードはクレジットカードに比べてポイント還元率が低くクレジットカードに比べればメリットは少ないと言えます。

楽天 JCBデビットカードならポイント還元率1%

しかし、楽天 JCBデビットカードなら100円で楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。つまりポイント還元率が1%という高還元率となっています。

普通のクレジットカードのポイント還元率が0.5%ですから、それよりも倍も還元率が良い事になります。

年会費無料が嬉しい

楽天JCBデビットカードなら年会費が無料となっています。デビットカードだと年会費がかかるものも割りとある中で無料で持てるというのは非常にありがたいですよね。

デメリットはあるけれど

もちろん、デメリットもあります。ほぼクレジットカードと同様に使えますが、クレジットカードはOKだけどデビットカードでは支払えないサービスというものはあります。

ただし、クレジットカードによる支払いが多い公共料金や携帯電話の場合、ほとんどは大丈夫です(一部のMVNOは無理な場合もあります)。

楽天銀行とセットで申し込むと便利

楽天デビットカードは16歳以上であれば誰でも作れると書きましたが、もう1つ条件があります。それは楽天銀行の口座を作っている事です。

そのためまずは楽天銀行の口座を作る事が必要です。

僕は現在楽天銀行をサブバンクとして利用していますが、それなりに便利です。

コンビニATMで引き出せるので便利です。ただ引き出す手数料が高いという事がネックですが、逆にこれをメリットとして使っています。

10万円以上の残高があればATM手数料がかからないので、常に10万円以上入れておき、いざという時に引き出せるように使うというように。

なお、楽天JCBデビットカードは楽天銀行と同時に申し込めます。

クレジットカードが嫌い!という方は申し込まれてみてはいかがでしょうか?

楽天銀行 口座開設

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。