お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

エキナカのコンビニは客単価が低い?「オリジナルSuicaが当たるJR東日本 首都圏のコンビニでキャンペーン」から見るエキナカコンビニの客単価

首都圏を中心とするJR東日本管内のコンビニで500円以上の購入1口で応募出来るキャンペーンが2015年2月1日~2月28日の間で実施されました。

期間中、対象のコンビニエンスストアでSuica・PASMO等の交通系電子マネーを使って1回500円(税込)以上お買い物された方の中から抽選で、総計1,000名様に本キャンペーン限定「オリジナルSuica」をプレゼント!
1回500円(税込)以上を1口として、買えば買うほど当選率アップ!!

f:id:suzukidesu23:20150129105007p:plain

JR東日本:Suica>コンビニで、Suica・PASMO!キャンペーン より

でも500円で1口ってそんなに低い金額でキャンペーンってエキナカのコンビニの客単価はかなり低いということでしょうか。

 

キャンペーン対象の内容

対象店舗は、コミュニティ・ストア、サークルKサンクス、スリーエフ、セイコーマート、セーブオン、デイリーヤマザキ、トモニー、ニューデイズ、ファミ リーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン、ローソンストア100、京急線駅構内、新京成線駅構内、みなとみらい線横浜駅のセブン-イレブン。

とこんなにも首都圏のJR東日本管内にコンビニがあったのか・・・と驚きました。

なお、キャンペーンの応募にはエントリーが必要なので必ずエントリーが必要でした。

1口500円に思う駅内コンビニの客単価

いろんなコンビニで◯◯円以上応募でスピードくじが引けるというキャンペーン等を行っている事がありますよね。

この◯◯円って、大体700円が多いのですが今回は500円。

700円という金額が何故多いのか?その理由は以前書いています。


コンビニの平均客単価(1度の買い物で1人のお客さんが購入する平均金額)が600円前後のため、もう1品購入してもらうおうと700円という金額に設定しているからです。

今回、500円で1口という事はひょっとしたら駅構内のコンビニの平均単価って400円くらいなのかな?と思いました。

恐らく、それほどズレていないと思います。

普通の街中のコンビニだといろいろ買う人もいますが、駅のコンビニって、ペットボトル1本だけとかガムだけ、タバコだけという人って割りと多いですよね。

そうなると街中のコンビニよりも平均客単価は落ちるはず。なので平均して400円くらいだから、もう1品購入してもらうために500円という金額に設定しているように考えられます。

エキナカのコンビニは市街地のコンビニに比べて客単価が低いということがこれでわかりました。

オリジナルSuicaの価値は?

世の中、何でも収集家はいます。カード類の収集家もそれなりにいるそうです。

当然、鉄道系の電子マネーのカードを集めている人も多いでしょう。

また先日のJR東日本 東京駅100周年記念Suicaの大混乱はまだ記憶に新しいところです。

という事は今回のこのキャンペーンもそれなりに成功すると思いました。

この記念Suicaが欲しい人はまず申し込みますからね。

で、使われずにきっと保存されていくのでしょうね。

以上、JR東日本管内のコンビニでオリジナルSuicaが当たるキャンペーンが始まったというお話でした。

SuicaはSuicaへオートチャージ出来るクレジットカードを持っていた方が便利ですよ。

ビックカメラSuicaカードならお得にポイントが貯まります。

>>ビックカメラSuicaカード

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。