お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

現金だから出来るお得に温泉宿へ泊まる方法 日本秘湯を守る会スタンプ帳を使えばかなりお得

僕は旅行、特に温泉旅行が大好きです。このブログ以外で温泉や旅行に関するブログも行っています。

そのため、出来る限りお得に温泉旅行に行ける方法は無いか、よく考えていますが、最終的に秘湯と呼ばれる温泉宿ならば日本秘湯を守る会のスタンプ帳が一番お得であるという結論に達しました。

f:id:suzukidesu23:20141116153058j:plain

 

日本秘湯を守る会のスタンプ帳 朝日旅行

日本秘湯を守る会というのは朝日旅行という旅行会社が行っているもので、その会に加盟している温泉宿に宿泊するとスタンプ帳をもらえて1泊する度にスタンプを1つ押してもらえ、10個貯まると泊まった温泉宿の中から1箇所、好きな宿に無料で泊まれるというものです。

僕は現在3冊目(正確には4冊目)となっており、過去に2回このスタンプ10個を貯めて温泉宿に泊まっています。

ただし、決まりとして宿泊時の支払いは現金のみとなっている事があります。

他にも決まりがいくつかあります。

スタンプ帳押印のためのルール

  • 支払いは現金である事。
  • 直接その宿に電話で申し込んだ時か朝日旅行経由で申し込んでいる事。じゃらん等の宿泊サイトの予約では押印対象外
  • スタンプ帳の有効期限は初回押印日より3年以内に10箇所に宿泊する事。また初回押印日より3年半以内にスタンプ帳を使う事
  • スタンプ帳の譲渡は認めない

主だったルールは上記の通りです。

そんなに難しい条件では無いですよね。

朝日旅行について

朝日旅行は、朝日新聞及びJTB関連の旅行会社です。JTBが51%の株、朝日新聞社グループが42%の株を有していますので、それなりに安定しているとも言えます。

実際には10泊以下でも10個貯まる事も

たまにこの日本秘湯を守る会でスタンプ2倍キャンペーンというものを行います。1泊なのに2つスタンプを押してくれる訳です。

この期間に対象の温泉宿に5泊すれば10個のスタンプが貯まります。仮に1泊1万円だったら5泊で1回1万円の宿に泊まれる計算になるので、還元率で言えば20%となります。

実際に知り合いでこれを行った人もいます。

20%の還元を誇る旅行関係のお得な制度なんて、これだけです。

またスタンプ2倍のキャンペーンで、仮に5泊の内4泊を1万円の安い宿、1泊を3万円の個室露天風呂付きの温泉宿に泊まった場合、7万円となりますが3万円の個室露天風呂付き客室の宿にスタンプ帳で泊まれば、なんと還元率は42%となります。何とも凄い還元率ですよね。

ただし、交通費は自分で出す訳なのでその点はご注意下さい。

ホテルズドットコムが、10泊で1泊無料という取り組みをしていますが、ここまでお得になるものでも無いですから、このスタンプ帳の制度は上手く使えば本当にお得な制度となります。

有名な「乳頭温泉郷 鶴の湯」も日本秘湯を守る会の宿

参考までにテレビ番組や雑誌にもよく掲載される秋田県の「乳頭温泉郷 鶴の湯」も日本秘湯を守る会の宿です。

f:id:suzukidesu23:20160705204849j:plain

それだけ有名な宿だから宿泊費も高いと思われていますが1人での宿泊も出来ますし、安い部屋なら1泊2食で1万円以下で泊まることが出来ます。

春(5月以降)から10月くらいまでなら1泊9000円以下でも宿泊出来るので、ここで連泊してスタンプの数を稼ぐという方もいますよ。

現金だから出来る?

これは利用者から見れば、現金だから出来るお得な泊まり方ですが、温泉宿側から見れば現金だから実施しているという訳でも無さそうです。

日本秘湯を守る会という名前の通り、中には本当に秘湯の宿というべき宿もあります。加盟の宿の中ではクレジットカードをそもそも使えない宿もあります。

もちろん、クレジットカードの手数料を払わないで済むようにしている部分もあるのでしょうが、現金でここまでお得になるのなら、現金で泊まるのも悪くないですよね。

ただし、日本秘湯を守る会加盟の宿は全国で約200件ほどありますが、偏っていたりします。0件の県もあれば10件ある県も。

近くで行きやすい場所に無いと不便かもしれませんね。でも、温泉ファンって逆に不便な場所の方を好む事の方が多いので良いのかもしれません(笑)

以上、現金だから出来るお得に温泉宿に泊まる方法でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。