読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

セブン&アイ・ホールディングス の合同入社式が3月19日に行われました。

イオン・イオンカード セブン&アイ ニュース関連

ここでもたまに出てくる、セブン&アイ・ホールディングス。

イトーヨーカドーやセブン-イレブンをメインにした小売業の大手です。ライバルは当然イオンなのですが、利益だけを見るとセブン&アイ・ホールディングスの方が上なんですよね。

そのセブン&アイ・ホールディングスが早くも入社式を行ったとの事です。

f:id:suzukidesu23:20141112111002j:plain

グループ16社の新入社員1331人

セブン&アイ・ホールディングスの入社式、新入社員は1331人と過去最多になったそうです。

セブン―イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武、ニッセン、バーニーズジャパンの新入社員も参加したそうです。

一番多いのはセブン-イレブン・ジャパンの626人と半数近くとなっています。

是非とも末永く頑張って欲しいと思います。

一方のイオンの入社式は4月1日

セブン&アイ・ホールディングスのライバルと言えばイオン。イオンの入社式は例年4月1日に行われています。2014年のイオンの入社式は幕張メッセで行われており、約2600人の新入社員が参加したそうです。滅茶苦茶多いですね。

でも、社員が多いという事はそれだけ人件費が多くかかっているという事。

ここでも利益の構造体系でセブン&アイ・ホールディングスとは違う事が解ります。

セブン&アイ・ホールディングスはコンビニメイン。イオンはGMS(総合スーパー)メイン。利益は断然、コンビニの方が良いですけど、構造が全く違うので本来は簡単には比較出来ないものですが。

でも、幕張メッセで入社式って、京葉線がまた混むんだろうな・・・・

転職はしないでね

僕自身、小売業に勤めていた事もあり、セブン&アイ・ホールディングスにもイオンにも知り合いが何人かいます。

で、よく聞くのがイトーヨーカドーをやめてイオンへ転職したという話。逆にイオンからイトーヨーカドーに転職をしたという話は聞いた事がありません。

何故か?

理由は簡単で、セブン&アイ・ホールディングスよりもイオンの方が給与が良いから。小売業界の中でもっとも給与が良い(百貨店除く)のがイオンだと言われています。それでも他の業種と比べると給与は低いのですが。

それでも、やはり転職はせずに上を目指して欲しいとは思います。

特にこれからの時代、イオンよりも将来性があるのはセブン&アイ・ホールディングスだと言われています。イオンはネット事業においてはセブン&アイ・ホールディングスにあまりにも大きな差をつけられており、追いつくのは至極難しい状況にまでなっていると言われています。

もちろん、実際の店舗、スーパーでの販売力はイオンの方が上ですがネットへの展開んが迫られている小売業でどうなるのかな?とは思います。

親がクレジットカードを作ってくれた想い出

入社式で思い出したのですが僕が初めて就職したのも小売系の企業でした。そこでもクレジットカードを出しており、親が僕が勤めた会社だからとその会社のクレジットカードを作ってくれました。

イオンや7&iに就職したお子さんがいたら応援の意味でクレジットカードを作ってあげても良いのではないでしょうか?

イオンカード

セブンカードプラス

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。