お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

なぜヴィトンやシャネル、Appleは値引きしない?利益率の低い商品ほどお客さんは値引きを要求するというお話

家電量販店に行くと見る光景の1つに値引き交渉をしているというものがあります。冷蔵庫に洗濯機、テレビにパソコン。どれも僕には高いものですし、これらの商品を買う場合、かなり考えて調べてから購入する人も多いですよね。

でも、家電商品って利益率がかなり低い商品ばかりです。

一方、アパレル商品で値引き交渉をしている人って、僕は今まで見た事がありません。アパレル関係で働いている知人がいるので実際に聞いてみるとたまに値引き交渉をして来る人はいるとの事でしたが、頻度を聞く限り、圧倒的に家電製品よりも少ない感じでした。

でも、アパレル商品って利益率が高いものばかりです。

なぜ、利益率が低い商品ほど値引きをする傾向にあるように思いますが実際はどうなのでしょうか?

f:id:suzukidesu23:20141112115839j:plain

 

ブランドで売るのなら値引きはしない

ブランドを大切にしている企業ほど値引き交渉で価格を下げるという事をしていません。と言っても、家電製品も割りとブランドを大切にしているところは多くあります。

しかし、家電メーカーとは言い切れませんが、ジャンルとしては家電メーカーと言えない事も無いAppleは安売りをしていません。やはりブランドを大切にしているからと言えます。Appleストアで値引き交渉をしている人なんて見た事ありませんからね。

同じようにブランドの直営店では本当に値引き交渉には応じていませんよね。

ルイヴィトンやプラダ、シャネル等、多くの人が知っているブランドの直営店ではその価格のまま購入するのが当たり前のようになっています。

確かに、上記で上げたブランドは品質は良いのですが、利益率は悪くはありません。

でも、値引き交渉をしない人が多いのでしょうか?理由は簡単でそのブランドを持つ事を大切にしており、ブランドに対してお金を出しているからです。

ブランドにお金を出す場合、人は値引き交渉をあまりしない傾向にあると言えます。

家電製品はどうなのでしょうか?

家電製品は品質で購入する?

家電製品を購入する場合、ブランドと似て非なるもの、メーカーにこだわる人はいますが、それはブランドにお金を出すのではなく、メーカーにお金を出している訳でも無く、品質にお金を出しているからでは無いでしょうか?

ブランドと品質、似ているようで実は全く違うものだと最近思うようになりました。品質だけで勝負をしてきたメーカーや商品郡は値引きを当たり前のように要求されているのではないか?と最近思うようになりました。

しかし、ブランドと品質、両方を兼ね揃えたメーカーがあります。それはAppleです。

この両方を兼ね揃える事で支持を得ている部分はかなりあります。

もちろん、画期的な商品を出している事は非常に大きな事なのですがいくら画期的でも人に受け入れられなければ意味がありませんし、そこにブランドが無ければ売れない事が非常に多いのでは無いでしょうか?

アパレル商品が値引き交渉されない他の理由

ブランド品の高級品を値引き交渉せずに買う理由とアパレル商品を値引き交渉しない理由はまた違いますよね。

理由はいろいろありますが、下記が基本的な理由では無いでしょうか?

アパレル商品は元々それほど高くない

大型家電製品と比べればまだ安いものが多いアパレル商品。特に普段着にする衣類はそんなに高くは無いものを購入する事が多いのでは無いでしょうか?高くても2~3万円くらいが既婚者の場合多いと思います。

それほど高くないから値引き交渉をしないという理由もあるでしょう。

同じように家電製品でも電池や蛍光管なんかを値引き交渉して購入する人は少ないですからね。

アパレル商品は値引きして買うものでは無いという思い込み

アパレル商品は値引き交渉して購入するものでは無い!と思い込んでいる人が多いのもあるでしょう。そもそも値引き交渉をして買うという発想を持っている人が少ないのではないでしょうか?

アパレルはすぐに安売りをする

アパレル商品はシーズンが終わる前にほとんどセールで売り尽くしを行います。安くなるのを待って購入するという人もいますよね。

安くなるのを解っているから値引き交渉をしないという事があると言えます。

反面家電製品もシーズン物はセールで売り尽くす事も多いのですが、テレビや冷蔵庫、洗濯機にシーズンというものは特に関係ないため、値下がりするかどうか解らないために値引き交渉をする人が多いように思います。

直営店ではなくアウトレットモールで処分

値引きやセールで安くしないブランドでも全部の商品が売れる訳ではありません。

売れ残る商品もあります。

ではそういう売れ残った商品をどうするのかと言えば流行りのアウトレットモールで処分をする訳です。通常のショップでは安売りしないけどアウトレットモールのショップでは値引きをして販売をしているところは増えてきています。

 

いろいろな理由があると思いますが、やはりブランドと品質を兼ね揃えて安売りをしない事がこれからの時代、より重要になってくると思います。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

7月14日リニューアルオープンの「三井アウトレットパーク幕張」を見てきたよ!かなりの増床の様子

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。