お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

お得な生活術において、金券ショップの利用はかなり有効!現金を使うのなら金券ショップ?

吉野家で一番お得に食べる方法は金券ショップの利用だと書きました。


でも、それ以外に金券ショップが近くにあるのなら、本当にお得な生活を送る事が出来る場合が数多くあります。

f:id:suzukidesu23:20150110125011j:plain

 

年賀状も金券ショップで買えば2円~3円はお得

昨年、年賀状は何枚書きましたか?また、何枚届きましたか?僕は嫁よりも年賀状が少ないのでちょっと肩身が狭いです(^_^;)

それはさておき、昨年末僕は年賀状は金券ショップで購入しました。1枚49円で販売されていましたので、郵便局で買うよりも3円安い事になります。

もし企業等で大量に300枚とか買うのなら900円の差が出てきます。52円が49円ですから、5%以上の割引となっています。

金券ショップではこのように普通なら安く買えないものがかなりお買い得になっています。

昔は使えたNTTの電話代のお得な支払い方法

実は昔から金券ショップを使ってお得な方法というのはいくつかありました。

まだNTTが店頭で料金の支払いを受け付けていた時代、駅前にあるNTTに支払いに行くのなら、同じく駅前にある金券ショップでテレフォンカードを買って、テレフォンカードで電話代を払うなんて方法も一部で行われていました。

NTTって昔は店頭で料金も支払えて、テレフォンカードでも支払いが出来ましたから。

仮に1000円のテレフォンカードなら安い金券ショップで当時900円くらいで販売されていて、それを1000円の金券と同じようにNTTで電話代として使えたので1割近くお得になっていたんですよね。

電話代が1割引きとかお得でした。

今でも一部のNTTでは店頭で支払いが出来ますので近くのNTTで店頭で支払いが出来るのならテレフォンカードで支払うのも良いかもしれません。

飛行機によく乗るなら航空会社の株主優待券

今はLCCの方が安い事もあり昔ほどは利用されなくなりましたが、航空会社の株主優待券も魅力的です。

片道の区間が半額で購入出来る株主優待券がANAなら2500円くらいで販売されています。出張で急に行く場合、これを買って経費を浮かせるなんて事を中小企業では行っていたのでは?

狙い目は飲食店関係の金券や株主優待券

金券ショップで狙い目なのが、もしよく行く飲食店があって大手なら、割りとその飲食店の金券や株主優待チケットが販売されているので、それを買うとお得です。

大体、5%~10%はお得になります。

もちろん、よく行くという事が前提になりますが、よく行くのなら本当にお得です。

クレジットカードや電子マネーで払っても5%以上お得になるなんて事は滅多にありませんからね。

映画やレジャー施設のチケットも金券ショップで

映画やレジャー施設のチケットも金券ショップで特価で販売されていることがあります。

例えば有効期限が残り2~3日のレジャー施設のチケットだと通常の3分の1以下で販売されていることもあります。

映画でも劇場指定チケットなら1000円以下で販売されていることもよくあります。

近くに金券ショップがあるのならたまに除いてみると凄い掘り出しものがあるかもしれませんよ。

現金を使うのなら金券ショップ?

現金を使うところは金券ショップのみ!なんて徹底すれば、かなりお得になるのでは?金券ショップでカバー出来ないところはクレジットカードや電子マネーを使ってお得にポイントを貯めるなんてことも可能です。

金券ショップでもクレジットカードを使えるところは多いのですが、いろいろと問題があってあまり使わない方が良いと思います。またクレジットカードだと手数料を3%とか5%上乗せされる事があるので、仮に3%お得になってもクレジットカードの手数料を上乗せされたら、意味が無いですからね。

それに近くに金券ショップが無いのなら意味がありません。

でも大きな駅の近くには大体金券ショップはありますよ。

以上、金券ショップが近くにあって上手く使えばお得になるというお話でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。