お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

ミニストップでもAMAZON注文商品を受け取れます。コンビニ受け取りの活用方法も紹介

AMAZONが2014年11月20日より全国のミニストップでも注文した商品を受け取れるようになりました。

これで、ローソン・ファミリーマート・ヤマト運輸営業所とミニストップという選択肢が出来た事になります。

f:id:suzukidesu23:20141120232613j:plain

 

ミニストップは受け取りのみ。ちょっとがっかりな印象

実をいうとこのサービス、少しがっかりな印象です。もちろん、受け取れる場所が広がったというのは良いのですが、実は注文まで出来るようになるのでは?と思っていたので、がっかりしたという意味です。

先日、こんな事を書いています。


ローソンでロッピーを使って、AMAZON商品を注文して且つ店頭でも受け取れるというサービスを開始したというニュースを紹介した記事になります。

ミニストップも一部でLoppi(ロッピー)は導入済み

ミニストップはコンビニ業界第5位で業界第4位までと比べるとかなり売上額的には見劣りするコンビニです。

1位はセブンイレブン、2位はローソン、3位はファミリーマート、4位がサークルK・サンクスとなっており、2013年度は4位までは1兆円超えの売上となっていますが、5位のミニストップになると3500億円と桁が1桁下がります。

そんなミニストップですので、知らない人もいるかもしれませんが、ミニストップでもLoppiは導入されています。

そのため、ミニストップでもAMAZON商品の注文が出来るようになるのでは?と思っていたのですが、これは実現されませんでした。

もっとも、ミニストップでLoppiがあるからと言っても、Pontaポイントのサービスは受けられないようになっているのですが。

イオングループとローソンのエンタテイメント分野における協業について | ニュースリリース | 会社情報 | ローソン

ミニストップはイオン系のコンビニです

ミニストップはイオン系列のコンビニです。

なお、コンビニ1位のセブンイレブンはご存知の通り、7&iグループであり、コンビニ4位のサークルK・サンクスはユニーグループのコンビニです。

コンビニ業界の第5位までで、AMAZONの受け取りをしていないのはこれでセブンイレブンとサークルK・サンクスだけになったのですが、実はこれは当然だろうとも思います。

理由は至極簡単で、セブンイレブンはイトーヨーカドーも展開する7&iホールディングスが運営、サークルK・サンクスはアピタやピアゴを展開するユニーグループが運営しています。つまり日本を代表する小売業の会社であり、ネットと実店舗という違いはあるにせよ、AMAZONは大きなライバルであり、amazonを助けるサービスを導入する訳が本来は無いんですよね。でも、イオンはそれを認めたという事は、ひょっとしてイオンはネット事業にあまり真剣では無いのかな?とも思ったりしました。

セブンイレブンの7&iグループは日本の中ではかなり大規模なネット事業を展開しており、真剣にAMAZONにこれ以上のシェアを奪われないように努力をしていると言えます。ニッセンの買収したのは、まだ記憶に新しいですよね。

7&iは本気でAMAZONに対抗しようとしているな~と思います。

amazonのコンビニ受け取りって誰が使うの?

知人がこんなことを言っていました。

「わざわざ何でコンビニで注文した商品を受け取るの?面倒なだけでしょ」と

実際、何でわざわざコンビニ受け取りをする人がいるのか不思議に思う人は一定数いるみたいです。

主にコンビニ受け取りを行う人ってどういう人がどういう理由で行っているかと言えば主な下記の通り。

  1. 仕事で帰宅が夜遅くなり荷物を受け取る時間に自宅にいることが難しい人
  2. 1人暮らしの女性で配達員と言えども自宅に男性が来ることを嫌う人
  3. 旅先で荷物を受け取りたいという人

1番と2番は何となくわかると思います。でも3番って何?と思う人もいるかもしれませんね。

コンビニ受け取りの活用方法

旅先で必要なものがあるけど、地方だと販売されてないなんて時はあります。

仕事で使う書籍でも地方の書店では販売されていないけどamazonなら販売されているなんてこともよくある話です。

でもしばらく自宅には戻らないけど数日中には受け取りたいなんて時は、旅先で受け取れるようにコンビニ受け取りを選べば良いだけです。

数日後には隣の県に移動しているなんて時も移動先のコンビニを指定すれば良いだけ。

今やコンビニが近隣に無い地域の方が少ないのでこの方法を使えばほとんどの地域で早ければ翌日、遅くても翌々日には指定のコンビニで受け取れます。

出張や旅行中に急遽必要なものが出来た場合は是非活用してくださいね。

以上、ミニストップでもAMAZONで注文した商品を受け取れるという事とそれに関連した事柄でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。