お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

名鉄グループ各社 カードポイント統合へ!ますます便利になる MEITETSU μ 's Card(ミューズカード)

日経新聞の記事でこんな記事がありました(会員登録していないと全文は読めませんが)。


名鉄各社のカードポイントをミューズポイント1本に絞るとの事です。

http://www.flickr.com/photos/74353243@N00/2727739144

photo by kanonn

 

利便性のアップ

今回の統合で利用者の利便性が増しますね。

利用者離れを防ぐため、ミューズカードによる優待やインターネットの買い物サイトなどでの優待サービスを拡充する。

という事でミューズカードで受けられる特典が増えれば、名鉄を利用している方ならますますお得になる事だと思います。

確かに組織が肥大化すると権力争い・派閥争いで複雑なポイント区分となって利用者にとっては不便極まりないものになっていく事があるため、同じグループなら同じポイントというようにして欲しいですよね。

ミューズカードが名鉄の利用者にとってどれだけお得かは以前紹介していますので、参考にして下さい。

money-creditcard.hatenablog.com

同じ会社内で複数のポイント

同じ社内、同じグループ内で複数のポイントを運用しているところは割りとあります。

大手であればイオン。

イオンのポイントは本当に複雑過ぎてよく分からない状態になっています。複雑にして誤魔化している通信事業者のように。

特に「WAONポイント」と「WAON POINT」で意味が違うとか年配の方ではもう意味が分かりません。

更にイオンのクレジットカード「イオンカード」で貯まるポイントは「ときめきポイント」です。そしてイオンのネットショップで貯まるのは「ネットWAONポイント」となりイオンだけで4つ以上のポイントがあります。

一方、イオンのライバルである7&iグループのポイントはnanacoポイントのみで非常にシンプルです。

  • イオンで貯まるポイント=4つ以上あって複雑でよく分からない
  • 7&iグループで貯まるポイント=nanacoポイントで分かりやすい

どちらがユーザーのために利便性を上げているかは一目瞭然ですよね。

名鉄もユーザーのためにポイントを統合してくれるということでユーザーからしてみれば嬉しいことです。

名鉄グループのカードポイント

ところで、名鉄グループのカードポイントって今、何種類あるのかな?と。

名鉄百貨店アイカード

一番有名なのは、名鉄百貨店のアイカードでしょう。2016年1月でこのカードは終了となりました。

今年中にポイントを上手く使って、来年からはミューズカードへと切り替える事になります。

メディアカード

セディナが出している名鉄鉄道のクレジットカード。まだこのカードについてはどうなるか正式な発表はされていませんが、組織が違うため継続されています。

なにわともあれ、利用者にとってはポイントの1本化は基本的に利便性が増すので良い事だと思います。

ミューズカードは名鉄利用者に最もお得なカード

名鉄各社がカードポイントを統合する理由は、グループとしての競争力の向上のためだと言えます。

会社が大きくなるといろいろな思惑からユーザーにとっては不便なことが発生してきます。イオンがまさにその良い例です。ポイントが複雑化しすぎていますから。

そしてポイント統合により名鉄ミューズカードはよりお得なクレジットカードに生まれ変わったと言えます。

名鉄百貨店だけではなく、鉄道・電車に乗る方にも非常にお得なクレジットカードになったので名鉄を使っている方には是非もって欲しいクレジットカードだと言えます。

>>名鉄ミューズカード公式サイトへ

より名鉄ミューズカードについて知りたい方は下記記事もご覧ください。

manacaにクレジットチャージできるクレジットカードは名鉄ミューズカード(MEITETSU μ 's Card)だけ!名鉄定期券の購入でもポイントが貯まる!

以上、名鉄グループ各社 カードポイント統合へ!ますます便利になる MEITETSU μ 's Card(ミューズカード)というお話でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。