お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

ローラ・アシュレイが日本撤退、イオングループだった会社が撤退する理由は?

2018年2月に衝撃的なニュースが出ました。

女性に人気の英国ブランドである「ローラ・アシュレイ」が日本から撤退するという話です。

過去にも日本撤退を表明した後に日本に残ることになった海外ブランドはありますが、ローラ・アシュレイはかなりの確率で日本から撤退しそうな様子になっています。

なぜ日本撤退なのか?他のニュースサイトには無い情報も含めて説明していきます。

f:id:suzukidesu23:20180311201829j:plain

イオングループだったローラ・アシュレイ

今回のローラ・アシュレイ日本撤退のニュースで初めてローラ・アシュレイ*1がイオングループの企業だったことを知ったという方もいるのではないでしょうか?

それほどローラ・アシュレイはイオングループであることを分からないように事業展開していました。

イオングループでありながら、イオンカードによるメリットはイオンモールに入っているローラ・アシュレイのみでイオンモールのセールに合わせて割引やWAONポイントが多くなるくらいのものでした。

なぜこれほどまでにイオン色を消して展開していたのかが鍵になります。

ローラ・アシュレイ日本撤退の理由は業界の不振から?

ニュースサイトで説明されているローラ・アシュレイの日本撤退の理由の1つが、都市型商業施設や百貨店業界の不振があり、その結果ローラ・アシュレイも業績が振るわず、イオンとの契約期間の終了に伴い日本から撤退することになったと言われています。

確かにこの要因もローラ・アシュレイが日本から撤退する理由の大きな理由とはなっているでしょう。

そもそもイギリスのローラ・アシュレイ・ホールディングス自体がかなり低迷していることをご存知でしょうか?

株価は3年前と比べて1/6くらいになっており、凄く下落しています。

もう本国が日本法人に対してかまっていられない状況になっているとも考えられます。

ニュースサイトでローラ・アシュレイの日本撤退を報じているところでは、英国法人主導で日本再進出も多いに考えられると書いてあるところもありますが、本国イギリスのローラ・アシュレイにそんな体力は無いでしょう。

ローラ・アシュレイ日本撤退のイオンとの関係性も

ローラ・アシュレイを日本で展開しているのはイオンとの共同出資で作ったローラ・アシュレイ・ジャパンですが、株主構成は

  • イオン株式会社:72.4%
  • ローラ・アシュレイ・ホールディングス:26.8%
  • そのほか:0.8%

となっており、実質的にはイオンの完全傘下の会社だと言えます。

しかし、イオン内部では度々こんな話がされていました。

ローラ・アシュレイ幹部とイオン幹部の仲が悪すぎて、何を行うにしても上手くいかない

と。

噂の範囲を越えませんが(としか書けない)、ローラ・アシュレイとイオンの関係はかなり悪かったそうです。

仲が悪い状態で契約だけが残っていて継続している状況に、本国ローラ・アシュレイの不振、そして百貨店業界の不振が重なっており、ここに契約期間満了ということでローラ・アシュレイ日本撤退が決まったと考えられます。

なので残念ながらローラ・アシュレイが日本に残る、再進出を行うというのはかなり難しいと言えます。

そもそもイギリス本国のローラ・アシュレイが生き残れるのか?という問題も株価の下落から考えられます。

下手をすればイギリス本国のローラ・アシュレイ自体がどこかに身売りする可能性すらあります。

ただ、ローラ・アシュレイのファンの人にとっては悲しい話ですよね。

管理人の奥さんもローラ・アシュレイ大好きで悲しんでおります。

以上、ローラ・アシュレイの日本撤退に関するお話でした。

*1:厳密には、ローラ・アシュレイ・ジャパン

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。