お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

セブンイレブン等のコンビニでよく行われる700円購入でクジってなんで700円?コンビニの700円でくじの意味

セブンイレブンで700円毎にくじが引けるというキャンペーンってよく行われていますよね。

セブンイレブン以外のコンビニでもクジが引けるキャンペーンは大体は700円以上で引けることになっています。ほとんどのコンビニで購入◯円以上購入でくじがひけるキャンペーンは700円が多いですよね。

でも、なんで700円なのか考えられた事はあるでしょうか?

f:id:suzukidesu23:20141112111002j:plain

 

コンビニの客単価平均は600円前後

コンビニの平均客単価は600円前後と言われています。

平均客単価とは、ご存知の方も多いかと思いますが、1人のお客さんが平均いくら購入しているか?という事を示す数値です。

日本フランチャイズチェーン協会発表の資料*1によると2014年9月のコンビニの平均客単価は、全店ベースで593.7円となっています。ここ1年を見てみると、580円~620円の間となっていますので、概ね600円前後がコンビニの客単価となっています。

コンビニとしてはもう少し客単価を上げたい訳です。

コンビニの購入でひけるくじで700円が多い理由

そこで、◯円以上でくじが出来るというキャンペーンを行う場合、あまりにも高い場合はお客さんは、無理してまで購入をしようとしませんが後100円くらいなら何か買ってみようかな?という気になる場合も多いため、コンビニでの購入◯円でのくじが700円と設定している訳です。

これはミニストップに勤める友人に聞きました。

もちろん、コンビニの立地や地域によって700円以上の店舗もありますし600円を大きく下回っている店舗もあるでしょうが、全国統一で行った方が販促費の削減も出来るので、平均客単価である600円にプラス一品の700円で行われているという事になります。

こうやって考えてみると、700円という理由にも納得が出来ますよね。

スーパーの平均客単価は?条件により変動しますが2000円前後が多い

スーパーでもよく2000円以上のレシートで!2500円以上のレシートで!3000円以上のレシートで!というように◯円以上のレシートで何か抽選会等に応募出来るキャンペーンがよく行われていますが、この金額も上記と同じです。

スーパーの平均客単価は、平成23年(2011年)で下記の通りとなっています。

f:id:suzukidesu23:20141112113124p:plain

一般社団法人新日本スーパーマーケット協会 より

イオンやイトーヨーカドーはこういうキャンペーンで3000円という金額が多いように思いますが、平気客単価が2500円くらいという事でコンビニと異なり後1~2品を狙って3000円というようにしているという事が解りますね。小さいスーパーでは1700円未満なのでキャンペーン応募で2000円が多くなる事も納得出来るかと思います。

スーパーの場合は全店で行う事もありますが店舗単独で行う事もありますので、店舗単独ならこの金額でその店の平均客単価が見えてくる事もあります。

もっとも、平均客単価が見えたから普段の生活に何か影響するかどうか?という事は直接はありません。

株等の投資をしている人がその会社に投資をしても大丈夫かどうか見極める場合に平均客単価から売上や原価、経費を予想して判断をしている事はあるという事は聞いた事はあります。

以上、コンビニやスーパーの客平均単価から購入◯円以上のキャンペーンの金額は決まっているというお話でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。