お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

公共料金(ガス・電気・水道)をクレジットカードで払うのなら読んでおいて欲しいおすすめ記事 まとめ

公共料金を銀行引き落としにするかクレジットカードからの引落しにするか、それともコンビニで払うか、コンビニ支払いなら現金か電子マネーが良いのか、いろいろな支払い方法で金額的な違いがあるのか悩んでいる方もいるのでは?

ガス代、電気代、水道代、それぞれどの支払い方法がお得なのか悩んでいる方も多いと思います。

しかし悩むまでもなくどこのガス会社かどこの電力会社か、どこの水道局を使っているか、また平均的な使用金額でどの支払い方法が良いのか解説した記事をまとめました。

f:id:suzukidesu23:20141012131202j:plain

 

なぜ公共料金をクレジットカードや電子マネーで支払うとお得なのか?

そもそもなぜ公共料金を銀行口座からの引落しではなくクレジットカードでの引落しやコンビニでの電子マネーでの支払いが良いのかということが話題になるのが分からないという方もいるのではないでしょうか?

なぜ銀行引落しではなくクレジットカードやコンビニでの電子マネーによる支払いが良いのか、理由は至極簡単です。

クレジットカードで支払えばクレジットカードのポイントが貯まるからです。

貯まるポイントはクレジットカードによって異なりますが例えばTポイントが貯まるクレジットカードならTポイントが使えるコンビニでそのまま使えるようになります。

>>Tポイントの貯まるクレジットカードならYahoo!JAPANカード

Tポイントは1ポイント1円なので仮に100ポイント貯まればTポイント加盟店で100円分の買物が出来ることになります。

Tポイント加盟店は例えばファミマやTSUTAYA、一部のスーパーマーケット、一部のドラッグストア等があります。

>>Tポイントが使えるお店

Yahoo!JAPANカードは100円につき1ポイント貯まります。

もし月に電気代を6000円使っていてYahoo!JAPANカードで支払っていた場合は毎月60ポイント貯まります。これは銀行振替で54円を割り引いてくれる場合よりもお得になりますよね。

もし月に1万円以上電気代を支払っていたら倍以上もお得になることになります。

またセブンイレブンでは電子マネーnanacoで、ミニストップでは電子マネーWAONで公共料金の支払いが出来ます。

でも電子マネーで支払ってもそれぞれの電子マネーのポイントは貯まりません。ならお得では無い!と思うかもしれませんがnanacoであればリクルートカードやセブンカード・プラスでnanacoにクレジットカードでチャージをすればそれぞれのクレジットカードのポイントが貯まります。WAONであればイオンカードセレクトでオートチャージをすればイオンカードのWAONポイントが貯まります。

つまり公共料金での支払いではお得にならなくてもクレジットカードでチャージした時のポイント分がお得になるので、現金で支払うよりはお得になります。

ここでのポイント

  • クレジットカードで支払えばクレジットカードのポイントが貯まる
  • nanacoとWAONのみだが、それぞれに対応したクレジットカードでチャージすることでポイントが貯まり、電子マネーで支払えば結果として現金よりもお得になる

 

電気代は多ければクレジットカードがお得。目安は?

電気代の支払い方法はいろいろありますが、ほとんどの電力会社で口座振替・クレジットカード払い・請求書払い(コンビニ等)が選べます。

それぞれの支払い方法でどの支払い方法がお得かと言えば金額によります。

>>電気代は、クレジットカード支払いか銀行引き落としがお得か、コンビニ払いがお得か?支払い方法による比較

上記の記事で書いてありますが、支払う金額によってクレジットカード払いの方がお得になります。

目安は月に5400円以上の電気代を支払っている場合です(ポイント還元率が1%以上のクレジットカードの場合)。

しかし、元からクレジットカードの方がお得な電力会社もあります。

北海道電力・東北電力・沖縄電力であれば口座引落よりもクレジットカードでの支払いの方がお得になります。

ガス代は?そもそもクレジットカードで支払える?

ガス代は、クレジットカード支払いがお得?それとも銀行引き落としがお得?コンビニ払いは?比較してみまし

上記でガス代についてクレジットカード払いが良いのかまとめています。

結論を書くと都市ガスの場合であれば東京ガス以外、クレジットカードでの支払いの方がお得になります。

東京ガスでも月のガス代が5400円以上であれば電気代と同じ理由でクレジットカードでの支払いの方がお得になります。

ただしガスは都市ガス以外にプロパンガスもあります。プロパンガスはガス会社がそもそもクレジットカードでの引落しに対応していないことがあります。

ただしクレジットカードでの引落しが無理でもコンビニでの支払いが可能であればセブンイレブンならnanaco、ミニストップであればWAONでの支払いが可能なので対応のクレジットカードでチャージした電子マネーで支払えばお得になります。

水道代って市町村管理だからクレジットカードは無理?

水道代は市町村が管理しているからそもそもクレジットカード支払いが出来ないと思われ勝ちですが、実は支払える市区町村もあります。

お住まいの地域が対応しているかどうかは下記記事をご覧ください。

水道代は、クレジットカード支払いが出来る?口座引落の割引は?お得な支払い方法は?

水道代に関して言えばクレジットカードで支払えるところはかなり限定されてしまいます。

でもコンビニ支払いが可能なのでセブンイレブンやミニストップをうまく利用すればお得になりますよ。

固定電話代は?

固定電話を持たない家庭も増えていますが、固定電話を契約している半数以上の方はNTTと契約されていると思います。NTTはクレジットカードでの支払いも出来ます。

また、電話回線の種類によっては行っておかないと損な事もあります。

下記記事を参考にしてもらえればと思います。

公共料金は地域によってかなり違う

公共料金、ガス代や水道代、電気代も地域によって異なりますし可能な支払い方法も異なります。金額によってもお得な支払い方法が変わってきます。

もう1度、支払いがお得な方法を見なおしてみて下さいね。

ポイント還元率について

ガス代や電気代、水道代をクレジットカードで支払う場合、1回の支払いが5400円以上であると書きました。理由は54円が銀行口座の振替支払いの場合割り引かれるからです。

でも今持っているクレジットカードのポイント還元率が0.5%しか無いという場合は月々の支払いが10800円以上で無ければお得になりません。

だからポイント還元率が1%以上のクレジットカードがお得になる訳ですが、どのクレジットカードがポイント還元率が1%以上あるのか分からないという方も多いですよね。

でもポイント還元率がよく分からない、どのクレジットカードが良いのかよく分からないという方もいると思います。

そういう方向けにポイント還元率についてまとめているので是非、下記記事をご覧ください。

以上、公共料金(ガス・電気・水道)をクレジットカードで払うのなら読んでおいて欲しいおすすめ記事 まとめでした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。