読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

JCBが訪日観光客向けのクレジットカードを強化しています。中国で発行

クレジットカードに関する話

JCBって国際ブランドではあるのですが、どこか国内向けってイメージがありませんか?

でも国内で使う分には、ディズニーランドの特典が厚かったり、ポイント還元率が良かったりと良いクレジットカードだと思います。

そんなJCBのクレジットカードですが、中国の大手銀行と提携して訪日観光客向けにクレジットカードを発行するそうです。

f:id:suzukidesu23:20150111131849p:plain

JCB企業情報サイト ニュースリリース - JCB、中国建設銀行と訪日観光客向けカードを中国で発行 より

 

観光需要がクレジットカードを活性化

JCB、中国で訪日観光客向けカード発行、現地大手銀行と提携 | 旅行業界 最新情報 トラベルビジョン

旅好きな僕は、上記のトラベルビジョンというニュースサイトはよく見ているのですが、こういうニュースもあるんだな~っと。

ジェーシービー(JCB)は1月下旬から、中国大手の中国建設銀行と提携し、中国で訪日観光客向けクレジットカードの発行を開始する。モバイルWiFiルーターの3日間無料レンタルサービスなど独自の特典を含むもので、国内ホテルの予約時利用額に応じた商品券の贈呈など、一般の海外JCB会員向けのサービスも利用できる。

という事で、中国からの観光客数は無視出来ないほど多いので、JCBにとっては今後より拡大していきたいのかな?と思いますよね。

先日、浅草に行ったのですが、雷門前で目立つ外国語と言えばやはり中国語でした。

中国の人って声が大きいっていうのもありますけどね(苦笑)

JCBに限らずクレジットカード会社は観光需要で活性化させたい狙いが凄くあると思いますし、実際に観光需要でクレジットカードの販促を各社行っています。

クレジットカード各社の海外発行強化は2020年まで続く

恐らく、こういった海外の銀行と提携して訪日観光客向けのクレジットカードは2020年まではかなり強化されていくと思います。

JCBだけを見ても、台湾初のANAカードはJCBです。特にJCBは国内において観光と行った意味ではディズニーランド等を抑えている事もあり一歩リードしているイメージがありますので、訪日観光客用のクレジットカードではかなりシェアを取れるのではないかと思います。

パキスタンでも発行していますからね!

2020年の東京オリンピックに向けてクレジットカード会社だけではなく他の金融会社もいろんな施策を行っていくように思います。

でも、いろんなニュースや実際に観光地での行動を見ていると本音は中国人にはあまり来てほしくないとは思いますね。福袋の大量購入事件や観光地での異常なほどの大声、あまりいい気分はしないものです。

って、きっとバブル時代の日本人もヨーロッパで、こう思われていたのかな?と思います(^_^;)

以上「JCBが訪日観光客向けのクレジットカードを強化しています。中国で発行」というニュースがあったというお話でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。