お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

姫路城の入城料がクレジットカード払い可能に!今後は増える世界遺産への入場料

姫路城の入城料が2016年2月をめどにクレジットカードで支払えるようになると発表がありクレジットカードでの支払いが可能になりました。

姫路城と言えば、国宝にもなっていますし、世界遺産にも登録されています。

http://www.flickr.com/photos/56413961@N00/5028330668

photo by JapanDave

 

姫路市がクレジットカード払いに踏み切った理由

姫路城を管理しているのは姫路市ですが、なぜクレジットカード払いに踏み切ったのかと言えば、理由は至極簡単で、外国人観光客の増加によるもの。

今まで姫路城は現金か旅行会社が発行したクーポンでしか入場出来ませんが、外国人観光客からすれば、日本円をあまり持っていないという場合もあるでしょうから出来ればクレジットカードで支払ってしまいたいと考えるのは当然でしょう。

その要望が姫路市によく寄せられているそうで、今回クレジットカードの費用を支払えるように決定したそうです。

公式サイトには案内無し

なお姫路城の公式サイトにはクレジットカードで支払える旨の案内はされていません。

また姫路城の公式サイトは英語や中国語等に対応しているのですが、英語のサイトにはクレジットカードが使えることは紹介されていませんでした。

これではクレジットカードを導入した意味は無いのでは?

日本人向けでなくてもせめて外国人向けにはクレジットカードでの支払いが出来る旨掲載した方が良いでしょうね。

続くか?日本の世界遺産の入場料のクレジットカード払い

僕が知る限り日本の世界遺産でその場でクレジットカードによる入場料や見学料を支払えるところは知りません。

しかし2020年の東京オリンピックに向けて外国人観光客は増加を続けると思いますので導入するところは今後ますます増えていくでしょう。

現在税金もいろいろな市区町村でクレジットカードが支払えるようになってきているので、この流れは続くと思います。

ただ世界遺産でも国や県、市が管理しているところと民間(法人)が管理しているところがあるので、民間が管理しているところはその管理している法人に完全に任されてしまうのかな?と思います。

もっとも世界遺産を管理している法人はほとんどが宗教法人なのでお金はあるから導入する可能性は高いのではないでしょうか?

反面、県・市が管理している場合はその県や市の財政状況によっては導入しない可能性も十分に考えられます。

世界遺産のクレジットカード払いは日本人には不便?

欧米に比べてクレジットカードの支払いがまだまだ一般化されていない日本では逆に不便に感じる方もいると思います。

もちろん、現金でも支払えるようにはなっています。

以前、東京ビッグサイト(国際展示場)のある有料イベントに行った時、クレジットカード専用の窓口と現金専用の窓口があったのですが、現金専用の窓口は凄い混雑していたのに対して、クレジットカード専用の窓口は結構スムーズに支払えていました。これを見た一部の心ない人が「あっち(クレジットカード専用窓口)でも現金で支払わせろ!」というような無茶をいうような事も考えられると思いました。

また少額の決済をクレジットカードで行うことを是としない人は日本には多くいますし、恥ずかしいと思ってクレジットカードを出せない人も少なからずいます。

そういう人のためにはクレジットカードよりも電子マネーの方が良いのかもしれませんね。

以上、姫路城でクレジットカードが使えるようになったというお話でした。

 

関係ありませんが姫路城よりも同じ関西にある彦根城の方がひこにゃん人気で取り上げられる事が多いように思うのが僕だけでしょうか?

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。