お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

高速道路 サービスエリア・パーキングエリアのATMはどこが一番多いのか?1位はイーネット、2位は?

先日、久しぶりに長く高速道路を走りました。その時、サービスエリアにあるATMがセブン銀行のものでした。実際、サービスエリア・パーキングエリアにあるATMってどこが一番多いのでしょうか?

少しだけ調べてみました。

f:id:suzukidesu23:20160704191756j:plain

 最終更新日2016年7月4日

高速道路のサービスエリアで一番多いATMは、イーネット

道路名・名前から探す | サービスエリア検索 | ドラぷら

上記でATMで全路線で検索した結果で銀行毎にまとめたのが下記となります(2016年7月4日現在)

銀行・ATM名設置数
イーネット 80
セブン銀行 33
不明 16
みずほ銀行 4
東京スター銀行 4
LANS 3
イオン銀行 3
ゼロバンク 3
ローソンATM 2
遠賀信用金庫 2
JA農協 1
ゆうちょ銀行 1
三重銀行 1
総計 153

不明となっているものは、新東名のサービスエリアではまだどこのATMかまでは書かれていないものです。そのため正確なデータではありませんが、ある程度は傾向が解ると思います。

1位はイーネット、2位がセブン銀行

結果として一番多いのは、イーネットのATMで次にセブン銀行のATMとなりました。

地方銀行でも入っているところがあるんですね。やはり地元のサービスエリアには地元の銀行を誘致するのかな?

なお、ATMとは別にコンビニがあって、そのコンビニの中にATMがある場合もあるので、厳密にはもう少し異なると思います。

また大きなサービスエリアだと2行以上のATMが設置されていることもあります。

サービスエリアにあるコンビニがファミマでイーネットが設置されていて、フードコートにあるATMがセブン銀行なんてこともあります。

新東名のサービスエリアではミニストップも見たりしたので、イオン銀行はもう少し多いと思います。

しかし、イーネットとセブン銀行が強い事だけは解りますね。

24時間引き出し可能なATMとそうでは無いATM

高速道路は24時間走ることは出来ますが、高速道路に設置されているATMは24時間お金を引き出せる訳ではありません。

24時間対応してくれるATMもありますが「6時~22時」のみという場合もあるので夜中に高速を使う方は注意してください。

高速のATMの手数料は普通のATMと違う?

高速のPAやSAにあるATMは普通の市街地にあるATMと手数料が違うのでは?と思う人もいるかもしれませんね。

高速のATMでも市街地にあるATMでも手数料は同じです。

だから銀行によっては一定の手数料がかかりますし、銀行によっては手数料がかからないことになります。

ただ高速道路をよく利用してATMも使う人の場合、手数料を出来るだけ安くということであればセブン銀行のATMが多いのでセブン銀行の口座を作っておくのが良いのかもしれませんね。

ゆうちょ銀行が増える可能性は?

この前の記事


ファミリーマートも高速道路のSA・PAに割りとあるんですよね。

高速SA・PA|店舗検索|FamilyMart

56箇所中55箇所にATMがあるとの事で、恐らくイーネットのATMだと思うのですが、それがゆうちょ銀行に切り替わる可能性もある訳ですよね。

そうなると、ゆうちょ銀行が高速道路のSA・PAでも一番多いATMになる可能性も出てきますね。

ただしこの記事を最初に書いてから1年半以上が経過していますがゆうちょ銀行の数は増えて無いんですよね。だから高速道路のPAやSAでゆうちょ銀行が増える確率はかなり少ないかもしれません。

以上、高速道路のSA・PAに一番多いATMについてでした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。