お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

フリーランス(個人事業主)1年目でもクレジットカードは作れる?作れたクレカ2枚を紹介!法人カードも作れました

会社をやめてフリーランスになるとクレジットカードが作れなくなるという話をよく聞きますが、これは本当でしょうか?

個人的なことですが2016年1月20日に19年4ヶ月勤めた会社を退職して個人事業主(フリーランス)になりました。まもなく丸1年が経過しようとしているのですが、フリーランス1年目である2016年はクレジットカードを2枚作成しました。

既にフリーランス(個人事業主)になったばかりだとクレジットカードは作れないというのは眉唾になっていると思いますので、そのことを説明していきます。

f:id:suzukidesu23:20170104132302j:plain

 

フリーランス1年目でもクレジットカードが作れるようになった背景

実際に僕はフリーランス1年目に2枚のクレジットカードを作った訳ですが、フリーランスになるとしばらくはクレジットカードは作れないと言われます。

でもなぜフリーランス1年目はクレジットカードは作れないという話が一般化しているのか?

それは20世紀までの既成概念が影響していると言えます。

20世紀までは多くの人が就職をしてその後、同じ会社で定年まで働き続けるという人が圧倒的に多かったと言えます。

だからこそ、クレジットカードを出している会社にしても就職している人なら安心という考え方があったと思います。

しかし21世紀になって働き方も変わり、会社という考え方も変わりました。

ベンチャー企業が多く発生して、初年度から凄い売上を上げる会社もある一方、3年で倒産する会社も数多くありました。

既に会社に勤めていれば安心と言える状態ではなくなったと言えます。

更に働き方で就職しない(出来ない)ためにそのままフリーターや契約社員として働き続ける人も増えてきました。

そんな状況で会社員であることが安泰では無い社会になってきたと言えます。

だからフリーランスだからとクレジットカードの審査を通さないということをしていたらクレジットカードの発行枚数は確保出来なくなって、フリーランス(個人事業主)に対してもクレジットカードを発行していかなければいけない状況になってきたと考えられます。

もちろんこれは僕個人の考え方ですが、社会が大きく変化している中、クレジットカード会社も変化していることは確かです。

そして電子マネーや共通ポイントカードの普及によりクレジットカード会社も生き残りをかけてきていると言えます。

  • 社会の変化
  • 働き方の変化
  • 電子マネーの普及
  • 共通ポイントカードの普及

21世紀になって上記の4つが起因してフリーランスでもクレジットカードが作りやすい状況になったと思います。

実際、20世紀の頃はフリーランス1年目ではクレジットカードを作るのは難しかったようですから。

フリーランス1年目で作ったクレジットカード2枚

フリーランス1年目で作ったクレジットカード2枚を紹介します。

UCSカード

愛知県を中心に展開するスーパーマーケット、アピタやビアゴを運営するUCSグループ。

そのUCSグループを利用する上でお得なクレジットカードがUCSカードです。

>>UCSカード・弊ブログ関連記事はこちらをクリック

>>UCSカード 公式サイトはこちらをクリック

僕は愛知県出身であり年に数回帰省するのですが、その時によく使うのがビアゴやアピタだったのでお得に買物するために作ろうかな?と思って申し込んだのですが、普通に作ることが出来ました。

UC法人カード ゴールド

もう1枚が通常のクレジットカードではなく、法人カード・ビジネスカードと呼ばれるクレジットカードである「UC法人カード ゴールド」でした。

フリーランスと言えども、個人事業主であり仕事で使うものをカードで購入する場合は、普段の買物で使うクレジットカードとは分けた方が良いかな?と思い法人カードを申し込もうと考えていたところ、ちょうどUC法人カードの会社の方に話を聞く機会があり、あることを聞いてそれならUC法人カードが良いなと思い申し込んだ次第です。

UC法人カードは

  • UC法人カード
  • UC法人カード ゴールド

の2枚があり、UC法人カード ゴールドの方が審査が厳しくなっています。申込時にUC法人カード ゴールド の審査に通らない場合、UC法人カードの審査を申し込みますか?という記入欄があったので、ゴールドの審査に落ちても通常の法人カードが作れれば良いかな?とゴールドカードで申し込んだところ、普通にゴールドカードが作れてしまいました。

UC法人カードの方に聞いたあることが気になりますよね。

それはUC法人カードは会社与信枠だということ。

UC法人カードは会社与信枠

法人カードも20世紀までは作るのが難しいカードでしたが、働き方の変化により今ではフリーランスでも比較的簡単に作ることが出来るようになっています。

これはクレジットカード会社界隈でも新しい働き方に対応すべく出来る限りフリーランスでもクレジットカードが作りやすいようにという方針を打ち出したことに起因しています。

しかし、クレジットカード会社にしてみれば個人に法人カードを発行することには多少なりともまだ不安がある訳で、カード限度額(与信枠)は個人に紐付いているのが一般的です。

つまりAMEXで個人用のカードを最初に作った場合、カード限度額が50万円だったとします。次にフリーランスとしてAMEXの法人カード・ビジネスカードを作った場合、個人用カードと法人用カード合計のカード限度額は50万円になるということを意味します。

法人カード・ビジネスカードでもあくまでも個人の与信枠に対して限度額を設定していることになります。

でも2枚作って同じ会社だからと同じ与信枠にされてしまっては仕事で自由に使えるクレジットカードの限度額が減ってしまいます。

しかしUC法人カードは個人与信枠とは別に法人与信枠として限度額を設定してくれます。

つまり最初にUCカードで個人用のクレジットカードを作った時に限度額が50万円だったとします。次にUC法人カードを作った時に個人の与信枠とは別にして限度額50万円(審査により限度額は異なります)の法人カードを発行してくれるんです。

これだと仕事とプライベートで使う限度額が別に設定されているため困ることもありません。

だから僕はUC法人カードを選びました。

>>UC法人カード 公式サイト(申し込み)はこちらをクリック

なお2017年1月31日までに申し込むと最大15000円分のギフトカードがもらえます!

フリーランスだからとクレジットカード申し込みをやめていた方はこの機会に申し込まれてみれはいかがでしょうか?

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。