読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

タバコはクレジットカードで買うのがお得!電子マネーではポイントが貯まらないことも

クレジットカードのライフハック術 コンビニ

タスポを申し込むのが面倒でコンビニ等でタバコを購入しているという人は結構いると思います。

でもタバコを買う人は電子マネーよりもクレジットカードの方がお得だということをご存知ですか?

いやタバコは吸わない方が良いのですが、それでも吸いたい!という方に電子マネーよりもクレジットカードの方がお得だということを説明します。

f:id:suzukidesu23:20160526121522j:plain

タバコの購入は電子マネーのポイント対象外になっていることが多い

電子マネーの注意書きをきちんと読んでみてください。ほとんどの電子マネーでタバコはポイント対象外となっています。

でもこれ非常に面倒な仕組みになっています。

WAONでタバコを購入した場合、ポイント加算される場合とされない場合がある

電子マネーWAONでタバコは購入出来ます。もちろん20歳以上しか購入は出来ません。

そしてWAONでタバコを購入した時にWAONポイントが加算される場合と加算されない場合があることはご存知でしょうか?

「イオン」や「ミニストップ」「マックスバリュ」「まいばすけっと」でWAONは使えますがこれらのお店でWAONを使ってタバコを購入した場合、WAONポイントは加算されません。

でもWAONが使えるコンビニは今ではローソンやファミリーマートがありますがローソンはポイントが付かないのにファミリーマートではポイントが付く

  • ファミリーマート=WAONでタバコを購入してもWAONポイントが付く
  • ローソン=WAONでタバコを購入したらWAONポイントは付かない
  • イオン系列=WAONでタバコを購入したらWAONポイントは付かない

という状態になっています。

これ非常に分かりづらいですよね。でも何でこのようになってしまっているかと言えば理由は「WAONで何を購入したか判別出来るか出来ないか」なのです。

WAONは本来タバコの購入ではWAONポイントは付かないのですが、WAONの加盟店の一部では決済時にWAONを使ったとしてもWAONで何を購入したかどうかのデータを送らない仕組みにしているところがあります。

このWAONで何を購入したかのデータを送れないWAON加盟店ではWAONで何を支払っても(そもそも電子マネーで支払いが出来ないものは除く)、WAONポイントは貯まるようになっています。

しかしながらこれは一般の消費者ではわかりませんから、不便極まりない状態になっていると言えます。

WAONはとにかく加盟店を増やすことに躍起になっているのでこういう不具合が発生していると言えます。

nanacoでタバコを購入した場合、ポイント加算されない

WAONのライバルの電子マネーと言えばnanacoだと言えるのでは無いでしょうか?

ではnanacoでタバコを購入した場合、nanacoポイントは貯まるのか?と言うと答えは貯まりません。

これはきちんとnanacoのサイトに記載されています。

f:id:suzukidesu23:20160526123530j:plain

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : ポイント対象商品/対象外商品より

こういう点はイオングループより7&iグループの方が情報がしっかりしているんですよね。それだけお客さんの方向を向いていると言えます。

Suicaでタバコを購入した場合、ポイント加算される場合とされない場合がある

使っている人が非常に多いSuicaですが、Suicaポイントクラブに登録することでポイントが貯まりますよね。

でもSuicaでタバコを購入した場合にポイントが貯まる場合と貯まらない場合があります。

  • Suicaポイントクラブ加盟店=タバコの購入でもポイントが貯まる
  • Suicaポイントクラブ加盟店では無い(コンビニ等)=タバコの購入でポイントは貯まらない

 実はこんな仕組みになっています。

楽天Edyでタバコを購入した場合、ポイント加算される場合とされない場合がある

楽天Edyもポイントが貯まる場合と貯まらない場合がありますが、これは楽天Edyのサイトにコンビニだけの例ですが書かれていました。

f:id:suzukidesu23:20160526125044j:plain

ほとんどのコンビニで楽天Edyでポイントが貯まりますが、サークルKサンクスだけ貯まりません。

いちいち確認するのが面倒・クレジットカードならポイントは貯まる

ここで思ったことはタバコを購入する時に電子マネーで支払うとポイントが貯まるかどうかなんていちいち考えるのなんて非常に面倒極まりないことですよね。

それならポイント還元のあるクレジットカードならタバコの購入でもポイントは加算されて貯まるのでクレジットカードで支払ってしまった方がお得です。

  • 電子マネー=タバコ購入でポイントが加算されるかどうか調べるのが面倒
  • クレジットカード=タバコ購入でポイントが加算される

それならクレジットカードで購入した方がお得ですよね。でも購入金額によっては電子マネーの方が良いのかもしれません。

電子マネーの方がお得になる基準額は

コンビニでタバコを買う人は一緒にお弁当とか飲み物も購入することが多いと思います。

タバコを450円と過程してタバコ以外の商品が650円くらいだったとします(コンビニの1人辺りのお客さんが平均して購入する金額は600~650円です)。

すると合計で1100円くらいになります。

タバコ以外のお弁当や飲み物にはポイントは貯まりますから仮にタバコを含めて1100円だった場合、電子マネーのポイント還元率が0.5%だったのなら600円分として3円分のポイントが貯まることになります。

仮にクレジットカードでポイント還元率0.5%なら1100円すべてがポイント加算対象になりますから5.5円分のポイントが貯まります。

  • 1100円を電子マネーで支払う=3円分程度のポイントしか貯まらない
  • 1100円をクレジットカードで支払う=5.5円分程度のポイントが貯まる

電子マネーで支払っていると損なだけなんですよね。

クレジットカードのポイント還元率は電子マネー以上

そして電子マネーのポイント還元率はほとんどが0.5%です。しかしクレジットカードの中には1%や1.2%のポイント還元率のものもあります。しかも年会費無料で。

だから基本的には電子マネーよりも1%以上のポイント還元率のクレジットカードで支払った方がお得になります。

ただしたまに指定の電子マネーで支払うとポイント加算の商品がコンビニにはあったりするので、そういう商品を購入する時は、電子マネーの方がお得になったりするから考えるのが面倒なんですよね・・・(苦笑)

でもポイント加算商品で欲しいものがあるかどうかは別問題であり滅多に購入するもので無いことが多いように感じます。

であればクレジットカードでタバコも一緒に購入する場合ならクレジットカードで支払った方がお得です!

ただコンビニによってお得なクレジットカードは変わってきますのでどのクレジットカードがお得かどうかというのはまた変わってきます。

このコンビニをよく使う!ということであればお得なクレジットカードはありますので参考にしてもらえればと思います。

  • セブンイレブン:セブンカードプラスならポイント還元率1.5%
  • いろんなコンビニ:いつでもポイント還元1.2%のリクルートカード

タバコをクレジットカードで購入するのならこの辺りのクレジットカードがおすすめです。

セブンカードプラス(公式)

リクルートカード(公式)

参考にしてもらえれば幸いです。

もっともタバコをやめるのが一番良いんですけどね。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。