お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

いい部屋ネットの大東建託で、家賃のクレジットカード払いが可能になった後は会員サービス「DK SELECT(旧リバップ)」で得しよう!

先日、大東建託が家賃をクレジットカードで支払い可能とするニュースリリースをしました。

大東建託 クレジットカードによる家賃支払いに関するニュースリリース

そんな大東建託が新しい会員サービスを始めます。

f:id:suzukidesu23:20160703193112j:plain

 

家賃をクレジットカードで支払い可能に

まず、先日ニュースリリースのあった家賃をクレジットカードで支払い出来るサービスを開始した大東建託について。

大東建託は現在81万戸の賃貸物件を所有しているという事なので100万人以上は大東建託が借り上げている賃貸物件に住んでいるのかな?と思います。

そんな物件数を大量に所有している大東建託がクレジットカードで家賃を支払い出来るようにするという事は他の大手も追随するのではないか?と予想します。

家賃分のポイントが付くと・・・

仮に10万円の家賃のアパートでクレジットカードで支払いをした場合、還元率が1%でも毎月1000円のポイントとなります。年間で12000円は大きいポイント収入ですよね。仮に5万円の家賃でも6000円となる訳で、無視出来ない金額と言えます。

クレジットカードはほとんどOK

使えるクレジットカードは、

  • VISAカード
  • MasterCard
  • JCBカード
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ

となっています。クレジットカードでこれらと提携していないクレジットカードの方が珍しいのでほとんどのクレジットカードで支払いが可能になるため、これは非常に便利なサービスとなります。

敷金・礼金も大東建託はクレジットカードでOK

大東建託は以前より、敷金・礼金はクレジットカードでの支払いはOKになっていました。ここにきて、家賃までOKとなったという事はとりあえず現金は無くてもクレジットカードで引越が可能になるという事です。

更に分割払い・リボルビング払いにも対応しているのが嬉しいサービスです。

あまり知られていない大東建託のメリット

仲介手数料がお得

大東建託は仲介手数料が安かったり(半額程度)、無料であったりする事が非常に多いと言えます。それは、大家さんより一括で借り上げて管理しているために毎月の家賃から手数料が入ります。普通の仲介のみの不動産屋さんの場合は仲介手数料しか入らないため、仲介手数料で儲けるというビジネスモデルとなっています。しかし大東建託は管理もすべて行っている事が多いため、仲介手数料が無くても毎月の手数料が入るために成り立つビジネスモデルになっているのです。

また、大東建託の物件から違う大東建託の物件に移り住む場合は仲介手数料がかかりません。

更新費用 原則なし

大東建託は基本的に更新費用がかかりません。普通のアパートなら2年に1回程度家賃の半分程度の更新手数料がかかりますが、それがかからないのは非常に嬉しいサービスです。

僕も大東建託のアパートに住んでおり(2016年7月現在)4年近く住んでいますが更新料が無いのは本当に助かります。

フリーレントプランも多数

フリーレントとは、最初の半月~2ヶ月の家賃が無料となるサービスです。

大東建託の物件で月の途中(10日~20日)に入居するのならフリーレントで無い物件でも交渉次第でその分の月の家賃を無料にしてくれる事もあります。

仮に2ヶ月のフリーレントなら最初の家賃をクレジットカードで振り込むまで最大で3ヶ月後に引き落としとする事も可能なので、とりあえず就職したてでお金が無くても就職してからの初任給で賄う事も可能となりそうです。

デメリット

僕は2012年から大東建託のアパートに住んでいたのでこのニュースリリースを見てクレジットカード支払いに変更してもらおうと大東建託に行ったのですが、新規申込者のみが対象で以前から入居している人は対象外とのこと。

これは納得出来ないことになっています。

大東建託の新サービス DK SELECT

そんな大東建託が始める新しいサービス、それがDK SELECT です。

大東建託の物件に住んでいる人を対象にしたサービスとなっています。

f:id:suzukidesu23:20141030193721j:plain

どんなサービスなのか一例を見てみてみます。

(DK SELECTは以前、リバップと言いました)

24時間いい部屋サポート 会員限定無料!

f:id:suzukidesu23:20141030200203j:plain

様々な賃貸物件でのトラブルを無料で解決出来るようになりますね。

f:id:suzukidesu23:20141030200617j:plain

f:id:suzukidesu23:20141030200633j:plain

鍵をよく無くしてしまうような人は入っておいて損は無いサービスですね。

また万が一の時にも対応してもらえるサービスは非常に安心です。

会員限定のサービスも

f:id:suzukidesu23:20141030200745j:plain

会員になるとホテルやいろんな施設で様々なサービスが受けられるようになります。

f:id:suzukidesu23:20160703194153j:plain

イオンシネマであれば通常1800円が1300円になります。

ドミノ・ピザなら注文金額から15%OFFに。

他にもお得な優待サービスがあります。

ポータルサイト戦略と福利厚生のようなサービス展開

今回、新しい大東建託のサービス、リバップを見て思ったのが、まずは大東建託による大東建託の物件に住んでいる人へのポータルサイト戦略を行うという事。

ポータルサイト化する事で、常に見てもらい、広告も導入すれば広告収入も得られるでしょう。


いろんなサービスと連携する事でお得感を出していけば利用者は増えていくと思います。

そしてもう1つ思った事が、大東建託に住む人への福利厚生のような役割。

もちろん、福利厚生のようなと書いていますが、福利厚生とは違います。でも行っている事が福利厚生のようなイメージがあります。例えば映画を安く見られたり、安くフィットネスのジムに通えたりとか。

僕の勤めていた会社でも福利厚生で契約の映画館で映画を安く見られたり、提携のスポーツクラブを安く利用出来たりしました。

同様のサービスを大東建託に住む人に対して行うという事で囲い込みを行うのでは?と思いました。

まだ完全にはサービスが見えませんが

完全にはこのリバップというサービスがまだ見えてきません。VIP会員とスタンダード会員があるようなのですが、その違いも今ひとつ解りにくいものとなっています。

でも、クレジットカードで家賃を払えたり、住んでいる人にお得なサービスを展開する大東建託は今後、いろいろ注目するところがあると思いました。

今後望むサービス

このようなサービスを開始した大東建託ですが、住むのに保証人が必要であったり、審査もあったりと実はそんなに簡単には入居が出来ません。

でも、福利厚生のようなサービスを展開するのであれば、新しい働き方が増えてきた昨今、新しい働き方を実践している人を中心にした相互保証システムを作り、保証人がいなかったり、定職についていない人にも入居しやすいシステムを作ってくれれば、更に飛躍するのではないか?と思います。

いわゆるフリーランスと呼ばれる人でも入居しやすいシステムが出来て、福利厚生のようなサービスが受けられるのなら、今後ますます大東建託は発展する可能性あり、時代の先見性があったと言われるのでは?と思います。

これからも大東建託のサービスに注目していきたいと思います。

大東建託に住んでクレジットカードで支払うのなら

大東建託と言えば割りとファミリー向けの物件が多いと言えます。

大東建託の賃貸物件に住んでクレジットカードで支払うのなら絶対に高還元率のクレジットカードがお得です。

どんなに安くても最低5万円は毎月支払うと思いますので年間60万円は支払う事になります。

そうなるとポイント還元率の良いクレジットカードであれば1%以上の還元率があります。

仮にポイント還元率が1.2%のクレジットカードなら家賃に年間60万円払っていたら7200円分は戻ってくる計算です。これが0.5%の還元率のクレジットカードなら3000円に過ぎません。還元率1.2%のクレジットカードで年会費無料のクレジットカードならリクルートカードがおすすめです。

イオンカードやセブンカードプラスといったスーパーが発行しているクレジットカードは大体還元率は0.5%に過ぎませんから家賃を支払うのなら還元率1%以上のクレジットカードをおすすめします。

リクルートカードは年会費無料で還元率1.2%と非常にお得なクレジットカード。

>>リクルートカード(公式サイト)

または還元率こそ1%ですが家族でdocomoのスマホを使っているのなら年会費1万円ですが、dカード ゴールドもおすすめです。

詳細

money-creditcard.hatenablog.com

還元率1.2%のクレジットカードよりもdocomoのスマホを家族で2台以上使っているのなら年会費1万円を払ってもお得になる場合もありますよ。docomoのスマホ代の還元率は10%ですから!

docomoのスマホ2台で月15000円・家賃月8万円だった場合リクルートカードとdカードで比較してみます。

家賃年間96万円+docomoのスマホ代18万円=114万円という計算です。

  • リクルートカード=ポイント還元で13680円分のポイント
  • dカード GLOD=ポイント還元で27600円分からカード年会費を勘案(差し引いて)して17600円分のポイント
  • docomoのスマホを2台以上使っている世帯はdカード GOLD
  • docomoのスマホを1台もしくは使っていない世帯はリクルートカード

がおすすめということになります。

>>dカード ゴールド(公式サイト)

ご自身にあったカードを選んでくださいね。

以上、大東建託がクレジットカードで家賃を支払えて、会員サービスがお得だという話題でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。