お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

クレジットカードの手数料とクレジットカード契約手数料について

下記の記事を読みました。

topisyu.hatenablog.com

書かれている事はこういうサイトをしているので当然知っている内容なのですが、上記の記事についていたコメントで気になったものがいくつかあったので私見を含めて書いてみます。

http://www.flickr.com/photos/9802162@N03/2916573629

photo by midorisyu

ポイント還元っていくらまでつけてもらう?

家電量販店の多くはポイント還元を使っています。ポイント還元も現金かクレジットカードかで、割合が変わるところがあります。

この事がコメントで書かれていたのですが、そもそも家電量販店でポイントをつけてもらう事ってそんなに多いのかな?という疑問が。

僕の場合概ね1万円以下の商品を家電量販店で購入する場合はあまり値引き交渉はしませんので、ポイントはそのままつけてもらっています。

でも2万円以上の商品となるとまず値引き交渉をして安くしてもらって購入しています。その場合はポイントがつきません。

ポイントよりも実際に安くなった方が得な事が多いのでここ数年、2万円以上の商品で家電量販店のポイントを受けた事がありません。

詳しくは、下記の記事をご覧下さい。

money-creditcard.hatenablog.com

みんな、値切らずに購入してポイントをつけてもらっているのかな?と思いました。

クレジットカードの契約手数料について

クレジットカードを使うと店舗側は損と思われている場合が多いのですが、絶対に損という訳でもありません。もっともほとんど損なのですが。

昔、パソコンショップに勤めている時、カード会社(アクワイヤラ)から手数料分を余分に取るという事はしないで下さいね、と言われた事があります。

実際に言ってはいけないものという認識で居たのですが、2000年に入ってから普通にクレジットカードには手数料がかかるという事を言う人が増えた印象があります。

ネットが普及した事で内緒にされていた事が普通に知れ渡った結果なのかな?とは思いますが。

さて、ショッピングクレジットを組んでもらってカード契約までしてもらえると、カード会社から報奨金が出ます。多い時は1万円以上の報奨金が出る事も。

ショッピングクレジットとは、クレジットカードは持っていないけど分割で高額品(概ね3万円以上)を購入したい時に店頭でローンを組む事です。

この時にそのローン会社(信販会社)がクレジットカードを発行している場合、クレジットカードも一緒に契約するようにすると報奨金が出ました。

だから普通にクレジットカードで買い物をする人よりもショッピングローンを組んでくれる人の方が店としては最終的に利益が出るという仕組みになっていました。

ショッピングクレジットについて詳しくは下記の記事をご覧下さい。

money-creditcard.hatenablog.com

実際にキャンペーン中は現金よりもショッピングクレジットを組んでくれるのなら分割払い分の手数料を割り引きますよ、という方法で売り込んでいた事もあります。

10万円くらいのパソコンなら10回払いでかかる金利は6000円くらいだったので、それを割り引くからローンを組まれては?という方法もある訳です。

信販会社からは報奨金として1万円以上は入ったので普通に販売するよりも4000円も利益を上乗せ出来る事になります。

その場で新規でクレジットカードを申し込んで分割払いをするのなら、小売店側は損する事は滅多にないので気にしなくても良いと思います。

以上、クレジットカードの契約手数料に関してでした。

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。