読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

クレジットカードのポイント還元率って何?ポイント還元率について&おすすめ高還元率のクレジットカード

クレジットカードを作る時の参考に

クレジットカードを選ぶ時の基準に「ポイント還元率」の高さで選ぶのが良いですよと書いているサイトは沢山あります。

でも、そもそもポイント還元って何?って思う人もいるのではないでしょうか?

ポイント還元率の低いcreditカードと高いクレジットカードを比べた時、ポイント還元率の低いクレジットカードだと仮に月5万円クレジットカードで使っているのなら3000円以上も損していることになります。

f:id:suzukidesu23:20141010234008j:plain

以下この記事をざっくり説明すると

 

クレジットカードのポイント還元率とは

例えば1万円の商品をクレジットカードで購入したとします。

この時にポイント還元率が0.5%のクレジットカードであれば50円分のポイントが付与されるということです。

仮にポイント還元率が1%のクレジットカードなら100円分のポイントが付与されることになります。

同じ1万円でもポイントが50円分と100円分なら当然100円分のポイントが貯まる方が良いですよね。

ただしここで注意してほしい点が5つあります。

  • 税込み金額に対してポイント付与か税抜き金額に対して付与か
  • いくら(購入金額)に対してポイントが付与されるか、それとも合算か
  • ポイントの有効期限はいつまでか
  • ポイントの汎用性は高いか?使えるか
  • そもそもポイント還元が本当にお得なのか

なんでポイント還元が出来るかというの?と思った方は下記の記事をご覧ください。

money-creditcard.hatenablog.com

税込み金額に対してポイント付与か税抜き金額に対して付与か

32400円(税込)の商品を購入したとします。

この時にポイント還元率0.5%のカードでも付与されるポイントが異なることはご存知でしょうか?

  • 32400円(税込)に対してポイントを付与
  • 30000円(税別)に対してポイントを付与

つまりポイント付与は税込み金額に対して行われるのか、それとも税抜き金額に対して行われるのか?ということです。

上記の例の場合、200円につき1ポイント付与されるポイント還元率0.5%のクレジッtカードであればポイントは下記のようになります。

  • 32400円(税込)に対してポイントを付与=162ポイント
  • 30000円(税別)に対してポイントを付与=150ポイント

今回の例だと12ポイントのみですが長い目で見ると全く違ってくることがわかりますよね。

なお税込み金額に対して付与されるのが一般的です。理由は簡単でクレジットカード会社にしてみれば請求する金額が税込み金額なのかどうかが分からないからです。

商品によっては消費税がかからないものもありますし、消費税以外の税金がかかっている場合もあるためクレジットカード会社は判断出来ないからです。

では税別金額に対して付与するのはどういうことか?

ある小売店がクレジットカードも出していた場合でその小売店でクレジットカードで購入する場合はポイントが倍になります!となっている場合だと税抜き金額に対してポイントを付与している場合もあります。

いくら(購入金額)に対してポイントが付与されるか、それとも合算か

ポイント付与されるのはいくらに対してからなのか?ということも重要になります。

100円単位でポイントがつくのか、それとも1000円単位でポイントがつくのか、同じポイント還元率でも付与されるポイントは異なってきます。

例えばポイント還元率1%のクレジットカードの場合で付与される金額の単位が下記の通りであったとします。

  • 100円につき1ポイント
  • 200円につき2ポイント
  • 500円につき5ポイント
  • 1000円につき10ポイント

仮に1980円の商品を購入したとします。それぞれのポイント付与は下記の通りです。

  • 100円につき1ポイント=19ポイント
  • 200円につき2ポイント=18ポイント
  • 500円につき5ポイント=15ポイント
  • 1000円につき10ポイント=10ポイント

100円単位でポイントが付与される場合と1000円単位で付与される場合だと倍近くも付与されるポイントが異なってきます。

上記は1回の購入に対してのポイント付与の例ですが、クレジットカードによっては1ヶ月間の合算金額でポイントを付与する場合もあります。

細かい買物が多い人なら1ヶ月間のクレジットカード使用金額の合算で見てもらった場合の方がお得になります。

  • 100円につき1ポイント・1ヶ月49800円使用=498ポイント
  • 200円につき2ポイント・1ヶ月49800円使用=498ポイント
  • 500円につき5ポイント・1ヶ月49800円使用=495ポイント
  • 1000円につき10ポイント・1ヶ月49800円使用=490ポイント

月間の合算で付与される場合はそれほど大きな差が出てきません。

ポイントの有効期限はいつまでか

いくらポイントがよく貯まってもポイントの有効期限が切れてしまっては意味がありません。

ポイントの有効期限もチェックしておくことが大切です。

ただしクレジットカードによってポイントの有効期限も様々です。代表的な有効期限を紹介します。

  • ポイント発生から1年間のみ
  • ポイント発生日から1年間・ただし最後にポイントが発生した時から1年間
  • ポイント発生日から2年間のみ
  • ポイント発生日から2年間・ただし最後にポイントが発生した時から2年間
  • ポイント有効期限がそもそも無い

ポイント発生日から1年間のみor2年間のみ

2015年1月5日にポイントが発生したとします。ポイント有効期限がポイント発生から1年間のみであれば2016年1月6日には2015年1月5日に発生したポイントは失効して使えなくなります。

2年間のみであれば失効日が上記の例であれば2017年1月6日となる訳です。

ポイント発生日から1年間or2年間・ただし最後にポイントが発生した時から1年間or2年間

2015年1月5日にポイントが発生したとします。その後2015年2月5日にもポイントが発生したとします。

ポイント有効期限が最後にポイントが発生した時から2年間であれば1月5日に発生したポイントも2017年2月5日まで延長されます。

なのでクレジットカードを毎月使い続けている間は実質ポイントの有効期限が無いことになります。

ポイント有効期限がそもそも無い

そもそもポイントの有効期限が無いものもあります。

つまりずっとポイントが貯まり続けるというクレジットカードがある訳です。

これは現状1つだけで、セゾン及びセゾンと提携しているクレジットカードの使用で貯まる「永久不滅ポイント」だけとなっています。

ポイントの汎用性は高いか?使えるか

いくらポイントが貯まっても汎用性が無かったりお得な商品や電子マネーに変換出来なければ意味がありません。

ポイントの種類は非常に多くなっているためどういうポイントなのか調べることが非常に大切です。また自分がよく行くお店で使えるポイントかどうか?ということも合わせて見てください。

例えばイオンカードで貯まるポイントはときめきポイントというポイントですが、普段使うお店がイトーヨーカドーやセブンイレブンだったら、貯まったポイントは全く使えない訳です。

これは極端な例ですが、ポイントの使い道があるかどうかも確認されることをおすすめします。

では汎用性が高いかどうかどう見れば良いのかと言えば下記の通りです。

  • 共通ポイントと呼ばれるポイントに等価交換出来るか
  • よく行くお店やネットショップ・ネットサービスで等価交換で使えるか

この2つです。共通ポイントに等価交換出来るのなら汎用性は非常に高くなります。共通ポイントに交換出来なくてもよく行くお店やよく使うネットショップやネットのサービスで等価交換で使えれば問題ないでしょう。

そもそもポイント還元が本当にお得なのか

根本的な話になりますがポイント還元が本当にお得なのか?ということも考えて欲しいと思います。

ガス電気等の光熱費を支払うクレジットカードであればポイント還元率が高い方が当然良いのですが、普段の買物をするスーパーマーケット次第ではポイント還元率だけではなく割引になるサービス(例えばお客さま感謝デーで5%OFFになる等)があったりすればポイント還元率を考えずクレジットカードは作った方が良いでしょう。

おすすめの高還元率クレジットカード

そうは言っても光熱費等やいろいろなところで気にせず使うクレジットカードならポイント還元率が高いクレジットカードの方がお得です。

そこでおすすめのポイント高還元率のクレジットカードを紹介します。

リクルートカード

ポイント還元率が1.2%という通常のクレジットカードの約2.4倍の高還元率のクレジットカードです。

しかも年会費無料!

更に嬉しいのが月間の使用金額に対して1.2%をかけた分をポイント還元してくれることです(少数は切り捨て)

つまり月間で49999円使った場合、599ポイントも貯まることに。

ポイントを取り損ねる率が非常に低くお得です。

貯まるポイントはリクルートポイントでリクルートのサービス(じゃらん等)を使うのなら便利ですし、共通ポイントであるPontaポイントにも等価交換が可能です。

Pontaポイントは全国のローソンやスーパーマーケットのLIFE(対象外店舗あり)で使えます。

ポイントの有効期限は1年ですが最終ポイント発生日より1年間なので使い続けている間は実質有効期限はありません。

>>リクルートカード(公式サイト)

このカードの凄いところはnanaco等の電子マネーへのチャージでもポイントが貯まることです。

REXカードLite

ポイント還元率が1.25%と通常のクレジットカードの約2.5倍という高還元率のクレジットカードです。

もちろん年会費は無料!

ただ残念なところは2000円につき25ポイントなので49999円を使った場合は48000円に対しての付与なので600ポイントとなって実質約1.2%のポイント還元率になってしまいます。

それでも常に1.2%以上のポイント還元率があるのは嬉しいところ。

貯まるポイントはREXポイント(Lite)というものになりポイント有効期限は2年間となります。でも2年間あれば使えるポイントは貯まっているでしょうから問題は無いと言えます。

そしてこのREXカードLiteで貯まったポイントはJデポに交換出来るということ。

Jデポは現金値引きとして使えます。

2500ポイントのREXポイント(Lite)は2500円分のJデポに交換出来ます。

交換したJデポはクレジットカードの支払いから値引きしてくれます!

つまり請求が52500円ならJデポに交換した2500ポイント分を値引きしてくれるので実際に支払う金額は50000円となります。

ポイントをどこかで使うという概念そのものが無く、請求金額から値引き出来るというのは非常に嬉しいところ。

>>REXカードLite(公式サイト)

dカード GOLD

dカードGOLDは年会費10000円(税別)のクレジットカードで還元率は1%というクレジットカードです。

それ、あまりお得じゃないよね?と思うかもしれませんが家族2人以上でdocomoのスマホを使っているのなら非常にお得なポイント還元率のクレジットカードとなります。

dカード GOLDに契約すると、dポイントクラブの「ゴールドステージ」に優待され、毎月のドコモのケータイおよび「ドコモ光」のご利用金額1,000円(税抜)につき100ポイントがたまります。

例えば家族2人で毎月15000円をdocomoのスマホ代で支払っていた場合年間で18万円です。この10%の還元となると18000円分のポイントが得られます。

仮に年会費の1万円を差し引いても18万円で8000円分のポイントですから還元率は約4.4%という脅威の還元率となります。

他の買物も1%の還元率ですから割りと高い還元率となっています。

貯まるポイントはdポイントはローソンやマクドナルで使えます。また携帯電話の料金として使うことも出来るのでポイントが損になるということもありません。

>>dカード GOLD(公式サイト)

ポイント有効期限が4年間というのも嬉しいところ。

高還元率クレジットカードを申し込もう!

高還元率のクレジットカードで毎月の光熱費や携帯電話代を支払っていると年間で50万円近く払っている家族もいます。

毎月光熱費で2万円、携帯電話代(家族3人で)2万円、他の公共料金等で1万円で合計5万円で年間で60万円です。

もし今ポイント還元率が0.5%のクレジットカードで支払っていたら年間3000円分のポイントにしかなりません。

でもポイント還元率1%以上のクレジットカードなら6000円分のポイントとなります。

少しでもお得にするために毎月支払うものは高還元率のクレジットカードを是非使ってくださいね。

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。