お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

クレジットカードの暗証番号を忘れた場合はどうすれば良い?使ってはいけない暗証番号は?

以前はクレジットカードを使った時はサインをしていたけど、最近は暗証番号の入力を求められることが多くなったな......

最近、そう感じることが多くなりました。

昔のクレジットカードと今のクレジットカードの仕組みは変化していてICチップ付きのクレジットカードであればセキュリティは向上しているもののサインではなく暗証番号の入力となっています。

参考

でも暗証番号を忘れてしまったら使えなくなってしまうのでは?

そう不安に思っているのではないでしょうか?

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった場合はどうすれば良いか、また使ってはいけない・設定してはいけない暗証番号、また万が一落としてしまった時に暗証番号を分かりにくくして使われにくくする方法を説明していきます。

f:id:suzukidesu23:20150429112726j:plain

 

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった場合の対処方法

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった場合の対処方法は物凄くシンプルです。

既に買物をしようとレジでクレジットカードを差し出す瞬間でも大丈夫です。

それは何か?

「サインでお願いします」

と言えば良いだけです。

え?それだけ?

と思うかもしれませんが、それだけです。

元々クレジットカードはサインでOKでしたよね。暗証番号の入力は絶対ではなくサインの代わりになっているだけなので、本来のサインでも問題ありません。

でもそれだと暗証番号を忘れたと思われて怪しまれないの?と思うかもしれませんが、15年以上も小売業で接客及びレジをしてきた僕の立場からするとそんな風に思ったことはありません。

実は暗証番号入力を拒否してサインにしたいというお客さんは結構いるんですね。

特に外国人のお客さんに多くなっています。

もちろん、サインの場合は絶対にしておかないといけないことがあります。

それはクレジットカードの裏面にサインを書いておくこと。

店員はクレジットカードの不正利用を確認する義務があります。だからサインの場合は本来、裏面のサインと実際に書いてもらうサインが同じものであるか確認をしなければいけません。

だからサインで対応して欲しい場合は当然クレジットカードの裏面にサインが無いと確認が出来ませんからクレジットカード裏面にサインをしていることが前提条件となります。

でも何で外国人のお客さんはサインにして欲しいということが多いのか?

この理由も至ってシンプル。

海外でクレジットカードを出す時に怖いのは不正利用されること。

スキミングしてクレジットカードの情報を抜き取られた上、暗証番号を抜き取るように暗証番号を入力する機械に仕組みを施しているものもあるため、暗証番号がバレないためにもサインにしたい人がいるんですね。

海外旅行のガイドブックの中には暗証番号の入力ではなくサインにしましょう、なんて書いてあるものもあります。

だから暗証番号を忘れてしまっても堂々と

「サインでお願いします」

と言えば問題ありません。

逆にオドオドしていたり挙動不審になると怪しまれるので堂々と言ってくださいね。

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまったらカード会社に確認をしよう

そうは言っても常にサインは面倒で出来れば暗証番号入力の方が楽で良いと思う場合もありますよね。

混雑しているレジだとサインで・・なんて言いにくい場合もありますから。

だから暗証番号を忘れてしまった場合はクレジットカード会社に確認をして再度暗証番号を再発行してもらうか教えてもらいましょう。

クレジットカード会社によって暗証番号の再発行や確認方法は異なるので各カード会社に確認してください。

参考までに大手クレジットカードの暗証番号を忘れた場合、どうすれば良いのか案内しているページのリンクを張っておきますね。

クレジットカード会社によって異なり、すぐにネットから確認出来るところもあれば郵送でのみ教えてくれるところもあり、各社統一では無いので必ず確認してください。

またVISAやMasterCard、JCB等のマークがあっても必ずしもVISAやMasterCard、JCBが発行しているクレジットカードという訳ではありません。

例えばイオンカードでもVISAやMasterCard、JCBのマーク、どれかがついていますがクレジットカードを発行しているのはイオンクレジットサービスです。

クレジットカードを発行している会社に問い合わせることになります。

クレジットカードの暗証番号に使ってはいけない数字

クレジットカードの暗証番号としてほとんどのクレジットカード会社は

  • 0000・1111等の連番
  • 誕生日
  • 登録の電話番号の内の4桁

は設定出来ないようにしています。つまり使ってはいけない数字としている訳です。

だからこれらの数字を設定している人はいないと思いますが万が一、上記の数字を設定している場合は即座に変更してください。昔取得したクレジットカードだと上記のような数字でも登録出来ましたから。

例えば誕生日の場合、クレジットカードと一緒に免許証を落としてしまったらもう不正利用して下さいと言っているようなものです。

また携帯電話の090や080の次の番号や下4桁の番号を設定している場合も危険です。

特にクレジットカードの入ったお財布と携帯電話をカバンに一緒に入れている女性は要注意です。男性はカバンの中に財布とクレジットカード、両方を入れている人は稀ですが女性ではかなり多いですよね。

そしてお財布と携帯電話が入ったカバンをどこかに忘れてきてしまった場合、携帯電話にロックをしていなければ簡単に電話番号は分かってしまいます。

だから何かを見ればすぐに分かる数字は絶対に使わないようにしましょう。

出来ればやめておいた方が良い番号もあります。

  • 結婚記念日
  • 奥さん・旦那さんの誕生日

これは知人についつい話してしまうものですが、知人が密かに覚えていてクレジットカードを盗んで試すという事件が過去にはありました。

またお子さんが勝手に持ち出して使う可能性もあります。

だから記念日も出来ればやめておいた方が良いですよ。

例えば好きな芸能人の誕生日、好きな歴史上の暗記している年号なんていうのが良いのかもしれません。

以前、幕末好きな友人は武市半平太の誕生日を暗証番号にしていると言ってました。

って友人よ!信じてくれるのは嬉しいがそういうことは言うものじゃないぞっと。

落とした時も安心な暗証番号を分かりにくくする方法

いくら気をつけていてもクレジットカードを落とす可能性は0ではありません。

また自宅に置いていても盗まれる可能性はあります。

でも万が一落としたり盗まれた時にクレジットカードの暗証番号を分かりにくくするテクニックがあるのはご存知ですか?

これはクレジットカード会社の友人から教えてもらった方法です。

クレジットカードの裏面にそのクレジットカードで貯まるポイントの失効期限日を書いておくということ。

これ、一石二鳥なんですよ。

不正利用しようとする人から見ると4桁の数字は暗証番号だと思ってしまうので、全然関係ない4桁の数字を暗証番後だと思いこんで必死で何度も入力して使おうとしてしまうからです。もしATMで使おうとした場合、3回間違えて使えなくなります。

もう1つは、クレジットカードの裏面を見た時に失効期限日を見直すので貯まったポイントを無駄にすることも無いということ。

ただこの方法には1つネックがあります。

親切な店員さんが裏面に暗証番号を書かない方が良いですよ

と言ってくれることです。

そういう時はニッコリと、

「ありがとうございます。後で消しておきますね」

と言っておきましょうね。

以上、クレジットカードの暗証番号に関することでした。

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。