お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

クレジットカードは何枚持つのが良いのか?平均枚数と所有率から考えてみる

ネットで調べ物をしていて面白いものを見つけたので紹介してみたいと思います。

JCBが毎年調査している「クレジットカードに関する総合調査」です。

JCB「クレジットカードに関する総合調査」PDF

f:id:suzukidesu23:20141223121625p:plain

 

クレジットカード 平均所有枚数は3.3枚

上記の資料によると2013年のアンケートではクレジットカードの平均所有枚数は3.3枚という事でした。持ち歩く平均所有枚数は2.1枚となっており、3枚クレジットカードを持っていても1枚は持ち歩かないという事でした。

僕はクレジットカードは3枚のみの所有ですが、いつも持ち歩いています。というか持ち歩かないと使いたいときに持ってくるのを忘れてしまうという事をするからです(^_^;)

ちなみに平均所有枚数は減少傾向との事でした。

f:id:suzukidesu23:20141223122211p:plain

クレジットカード 所有率は87%

クレジットカードの所有率は87%で年々減少傾向にあるとの事です。

f:id:suzukidesu23:20141223122307p:plain

2009年と2013年を比べると5%近くも減少しています。これは僕が思っていた事とまったく正反対でした。

クレジットカードを何に一番使うか?というアンケートでは「オンラインショッピング」と答える人がダントツで1位なので、オンラインショップの拡大によってクレジットカードの所有率って増えているものだと思っていたのですが、減少しているとは。

実際、こういうデータを見てみると自分の思っていた事と違うものですね。

でも、よくよく考えれば、減っているのは当然なのかもしれません。

理由は電子マネーの普及が考えられます。また伸びない給料ということでしょうか。

電子マネーは普及している

f:id:suzukidesu23:20141223122759p:plain

同じ資料の中に電子マネーの保有率・利用率も記載されていました。

やはり共に伸びています。

クレジットカードをよりも気軽に使える電子マネーを使う人が増えてきているという事も考えられます。電子マネーもポイントは貯まりますからね。

クレジットカードは何枚持つのが良い?

以前も書いていますが、生活パターンや趣味によって異なります。

結局、何を主体に生活をしているかで持つべき枚数は異なってきますよね。

ただ世帯年収が500万円未満の家庭なら僕はクレジットカードを持つ枚数は3枚未満で十分だと考えます。

それ以上持ってもポイント分散であまりお得にならないからです。

結婚をしていて配偶者が配偶者控除内の年収なら、家族カードを持つとしても基本となるクレジットカードが3枚、家族カードが1~2枚で4~5枚以内が良いのかな?と思います。

世帯年収が500万円未満で5枚も6枚も持っていてどれも使っていたら結局はポイントやマイルは分散して貯まらない状態になって結局はお得では無くなると言えます。

かと言って年収が多い人ならクレジットカードを多く持つのが良いのか?と言われるとそうでも無いと思います。

高額所得者がクレジットカードを持つ場合、社会的ステータスを得るため!という目的に変わる場合もあり、使う目的もお得なポイントのためというよりは、便利な生活をするためという事になる事もあります。

お得な生活=便利な生活 では無いんですよね。

高額所得者になるとプラチナカードやブラックカードを持つ事で社会的ステータスを見出したり、コンシェルジュサービスを使ったりとする訳で、その便利さのために高額な年会費を出している事もある訳です。

また、結婚前の若い世代で生活にそんなに余裕が無いのであれば1~2枚でも十分だと思います。

結局は年齢や年収、目的で枚数は異なってくるという事ですね。

以上、クレジトカードは何枚持つのが良いのか?というお話でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。