お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

Coin・Plastc・SWYP 複数のクレジットカードを1枚に集約する新デバイスは日本で流行るか?

Coin、Plastc Card、SWYP、ここ数ヶ月の間でよく聞くようになったものですが、まだまだ日本では一部の人にしか話題になっていないと思います。

これらのものが何なの?と思うかたもまだまだ多いと思いますが、簡単に言えば複数のクレジットカード等の磁気カードを1枚のカードに登録して使えるようにするものです。

SWYPの動画が非常にイメージしやすいので貼っておきます。英語ですが、見ているだけで何となく理解出来ると思います。短い(1分47秒)動画です。

何となくイメージが出来たと思います。

f:id:suzukidesu23:20150131090416p:plain

 

Coin・Plastc・SWYPの違いは?

僕もよく解っていません(^_^;)

ただ、3つともに言えるのはセキュリティ対策がしっかりと行われ、仮に落としたりしても不正利用される事がまず無いところです。

項目CoinPlastcSWYP
価格(ドル)(予定) 100 155 99
予約価格(ドル)(予定)     49
カード登録可能枚数 8 20 25
電源 バッテリー式 充電式 充電式?(2年もつ)

非常に簡単ですが、比べると上記のようになります。先発であったCoinがやはり機能的には不利な状態になっており、後発であればやはり機能改善されてきています。

日本で正式に使えるようになるにはまだかかると思いますがカードを複数持っている人には非常に便利なものとなりそうです。

もっとも、性能よりも利権等でどれが一番使われるようになるか決まるようにも思いますが。

日本で受け入れられるか?流行るか?

最終的には日本でも受け入れられるように思いますが、始めはかなり混乱すると思います。

例えば、日本のスーパー、イオンやイトーヨーカドーではクレジットカードを見せると割引になるといサービスをしていますが、Coin・Plastc・SWYPでは区別が付きにくいという問題点もあります。

また日本人のクレジットカード平均保有枚数は3枚です。あまり持って無いんですよね。

だから不要か?と言われればそんな事もなく、むしろ日本人はカード大好き!と言えるので、日本人向きにカスタマイズしてくれれば売れると思います。

日本人がカード大好きってどういう事?と思うでしょう。

クレジットカードではなく、電子マネーやポイントカードまで含めてです。

ポイントカードで財布が物凄く厚くなっている人もいるのでは?

そのため、非接触型ICカードとしても使えて、ポイントカードも登録出来るのなら、これら3つの新デバイスは比較的早く日本でも受け入れられるように思います。

Coin・Plastc・SWYPの便利な点

これらの新デバイスの便利な点は、スマホと連動させてクレジットカードでの買い物なら家計簿として使えるようになるところだと言えます。

それと、スマホと連動させておけば、スマホとの距離が離れてしまうとロック出来て他の人は使えなくなるという使い方も可能です。

恐らく今年が、これら新デバイスの元年となって本格的には来年いろいろな改良が行われ、2017年くらいから本格的に日本で使われるようになるのかな?と読んでいます。よく外れますが(^_^;)

スマホも浸透するまで2~3年はかかりましたから、これらもそれくらいはかかると思います。ただ、スマホが浸透したおかげで、導入はかなり容易になっていると言えますが。

早く使ってみたいものです。

以上、Coin・Plastc・SWYP 複数のクレジットカードを1枚に集約する新デバイスは日本で流行るか?というお話でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。