読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

クレジットカードの「分割払い」と「後払い」をきちんと理解してお得に買い物をしよう!

クレジットカードの仕組・基礎知識 分割払い・ローン

クレジットカードを使うメリットはいろいろありますが、その中で

  • 分割払いが出来る
  • 後払いになる

の2つはしっかりと理解して使わないと後々後悔することにも成りかねない事柄です。

そこで当たり前過ぎる話ですが分割払いと後払いについて、しっかりと細かいことまで理解しておくことが大切です。

f:id:suzukidesu23:20141010234008j:plain

 

分割払いでも利息がつく場合とつかない場合を確認

分割払いにすると利息がつくから使わないという方もいますよね。でも分割払いでも利息が付かない場合もあります。

それは3つです。

  • 2回払いまでならほとんどのカードで利息はつかない
  • ボーナス2回払いなら利息がつかない時もある
  • キャンペーン等で分割払いの利息が無料の時がある

ほぼこの3つになると思います。

これを上手く使えばクレジットカードで分割払いをしても利息がつかないのでお得になります。

クレジットカードの2回払いはなら利息はつかない

クレジットカードで2回払いならまず利息はつきません。というより2回払いで利息がつくカードがあれば教えて欲しいです。

ただし、クレジットカードによっては2回払いそのものが無いというカードもあります。2回払いが出来るのか出来ないのかは、クレジットカードの規約等を見て確認するしかありません。

それともう1つ問題があるとすれば分割払いは1万円以上からという設定がされているカードもあります。例えばここでもよく紹介しているイオンカードは2回払いも支払い金額が税込み1万円以上で無ければ使えません。

つまり2回払いなら1万円以上の金額で無ければ出来ない事になります。

もっとも5000円以内なら1回払いにされる事が多いかと思いますのでそれほど心配する事ではありませんね。

ボーナス2回払いは時期によって金利手数料無料となるカードもある

ボーナス2回払いは利息がつく事が多いのですが、購入時期によっては利息が付かない事もあります。

大型家電等の高額品を購入する時は、金利手数料が発生しない時期にボーナス2回払いを上手く使えばお得に購入出来ますね。

支払いの半分が7ヶ月後とか8ヶ月後でも利息が付かないのであればそれは便利ですしお得を感じます。

ただし金利手数料のつかないボーナス2回払いでもデメリットはあります。

それは限度額はその間が必然的に少なくなっていることです。

例えばクレジットカードの限度額が50万円だったとします。ボーナス2回払いで30万円の商品を購入したとします。

購入したのは4月で、支払い時期は7月と12月だった場合、

  • 4月~6月まで=50万円の内30万円を使っているので残りは20万円までしか使えない
  • 7月~11月まで=30万円の支払いの内15万円は支払ったので限度額50万円なら35万円までしか使えない

ということになります。それで困らない方なら良いのですが、実際にはボーナス払い分のことを忘れていてクレジットカードの限度額オーバーで使えない状態になった人を何人か見てきたので、注意してくださいね。

キャンペーン等で分割払いの利息が無料になる事も

よく見かけるのがイオン。分割手数料をイオンが負担します!とイオンに行くと大きく書いてるものをよく見かけます。大型家電を買うときには非常に便利です。

例えば「ジャパネットたかた」が人気が出た理由の1つとして、分割手数料無料という事がよく言われています。ネットで見ると「ジャパネットたかた」よりも安いところはいくらでもあるのですが、それでも「ジャパネットたかた」で購入する人はいてその理由は分割で利息分まで考えるとジャパネットたかたがお得な事もあるからと答える人もいます。

3回以上の分割払いは通常金利手数料が発生

当然ですが分割払いの金利手数料無料のキャンペーン以外は3回以上の分割払いでは金利手数料が発生します。

10万円の商品を購入して10回払いにしたら大体手数料は5500円~7000円くらいかかります。10万円の商品に対して5500円~6000円の手数料を支払ってでも購入する必要性があるのか考えてから購入してください。

もちろん、冷蔵庫が壊れた!洗濯機が壊れた!という時にまとまったお金が無いのであれば10万円の購入金額に対して5500円~7000円の手数料というのは致し方無いものだと思いますし、我慢して購入しない方が手数料以上の手間になるでしょう。

なお、金利手数料が5500円~7000円と書いていますが、これはクレジットカードによって異なるので分割払いをする場合に金利手数料の安いクレジットカードを理解しておくことも大切です。

僕が知る限り、金利手数料が安いクレジットカードはイオンカードです。

クレジットカードは後払いが基本

クレジットカードのメリットの1つはやはり後払いに出来る事です。その時はお金が無くても後で入る事が解っているのならクレジットカードで購入するという事もよくあります。ボーナス一括払いなんて、その典型です。

あるクレジットカードは毎月15日に締めて、翌月10日に指定口座から利用分を引き落とされます。仮に購入日が15日と16日だった場合を図で書いてみました。

f:id:suzukidesu23:20160705224912p:plain

上記の通り、仮に10月15日だった場合、支払いは26日後に。

10月16日に購入した場合、支払いは55日後ということになります。

購入日によっては2ヶ月近くも支払いを後に出来るというのは非常にありがたいこともあるはずです。

ただし、後払いだということを忘れていろいろと買い過ぎてしまう人もいるので、きちんとクレジットカードの締め日と支払日を確認した上で、返済できる金額を管理しておくことが大切です。

分割払い金利手数料を負担すべきか負担しないかは合計金額で考えてお得に買い物しよう!

分割金利手数料無料キャンペーンを行っているところはあります。

よく見かけるのがイオン。

2014年から毎月、イオンは25日くらいから翌月5日くらいまでイオンの直営売場においてイオンカードで支払えば金利手数料無料というセールを行っています。

仮にセールで10万円だったとします。金利手数料が付かない時なら10回払いであれば毎月1万円で合計10万円の支払いになります。

でも違うお店では92000円で同じ商品が販売されていた場合、イオンで購入するのがお得なのか、それとも違うお店で金利手数料を負担してでも購入した方がお得なのか?ということを考えてください。

92000円を分割10回払いにすると7000円くらいの金利手数料が発生します。合計で99000円です。

どちらがお得なのかは一目瞭然ですよね。

金利手数料以上に安く販売されている場合は金利手数料を支払ってでも安いところで購入した方がお得だということは忘れずにトータルで支払う金額で検討してくださいね。

以上、クレジットカードの分割払いと後払いについてでした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。