お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

バイク便でもクレジットカード決済スタート!ソクハイがSquareを導入して使用可能に!

バイク便の老舗であるソクハイがSquareを導入してクレジットカード決済が可能になったとリリースをしていました。

mf-p.jp

http://www.flickr.com/photos/78124187@N08/7153914565

photo by Allar Tammik

バイク便は緊急時に使われる

学生時代と言ってももう20年も前ですが僕はバイク便のアルバイトをしていました。

基本的にバイク便は掛売りというか契約をしている会社から依頼を受けて荷物を引き取りに集配に向かいそしてそのまま届けるということが多かったのですが、中には契約をしていない会社や個人からも依頼をされることがあります。

契約をしてないところから依頼があればいつでもニコニコ現金払いになる訳ですが、やはりバイク便というものは緊急時や時間が無い時に使われるものでクレジットカードでの決済が出来ればより便利になるだろうな~とは思っていました。

例えばギリギリの締め切りを抱えていて電子データで納品出来ない場合、時間が無ければバイク便を依頼したい!と思うこともあるでしょう。

しかしお金が手元に無い時でもクレジットカードがあれば決済が出来るので非常に便利になります。

Squareでのクレジットカード決済

それが今回バイク便でもトップスリーに入るソクハイがSquare端末でその場でクレジットカード決済が出来るようにしたことは凄く意義のあることだと言えます。

ところでSquareって何?という方もいるかもしれませんね。

Squareという会社が提供しているクレジットカード決済方法です。

squareup.com

物凄く簡単に説明すればスマホやタブレットに専用の機械(コンビニでも販売している)を取り付けてSquareと契約すれば簡単にクレジットカード決済が導入出来るサービスです。

個人の喫茶店や美容室でも導入しているところも増えています。

バイク便の今後

ただバイク便って物凄く需要が減った運送業なんですよ。

20年前、バイク便をよく使っていた業界と言えば広告代理店やテレビ局、デザイン会社や出版社だったのですが、それらの会社って今はデータの入稿が電子データで可能になっていることが多くバイク便を使う必要性が薄れてきているんですよね。

以前と比べて利用者はかなり少なくなっていると思います。

元の記事で100名を超えるバイク便スタッフと書いてありますが1980年代後半から1990年代前半なら確か軽く300名は超えていたはず。

これから電子データで入稿が増えれば更にバイク便の需要が減るためにクレジットカード決済は経費の圧迫になるので導入したくても導入しきれない部分があったのではないかな?と予想します。

だからこそ今回ソクハイがクレジットカード決済を導入したことに僕自身はかなり驚いているんですよね。いくらSquareの端末が安いといってもスマホかタブレットも購入しないといけない訳で1人につき3万円~5万円の設備投資が必要な訳ですから100人に持たせるとすれば300万から500万の設備投資に。

クレジットカード決済の手数料がいくら安くなったとは言え最低でも3%は負担金があるはずなのでそれも大変になるんじゃないのかな?と思います。

それでもクレジットカード決済を導入したソクハイはクレジットカード決済を導入した方が最終的に利益が上がると判断したのでしょう。

これに続くバイク便会社が増えればバイク便業界も面白くなるかもしれませんね。

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。