お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

2018年から銀行も24時間・365日即時決済に動き出すそうです。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行は2017年からが目標

今まで銀行と言えば、平日午前8時30分から午後3時30分まで、もしくは9時から15時までしか即時の決済が出来ませんでしたよね。これって本当に不便でした。

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6870876951

photo by 401(K) 2013

ようやく24時間365日即時決済出来るように2018年に導入するそうです。

 

銀行の即時決済は2018年から?

[東京 20日 ロイター] - 全国銀行協会は、24時間・365日即時決済ができる新システムを2018年に導入する方針を固めた。関係者が明らかにした。現在は、平日午前8時半から 午後3時半まで即時決済ができるが、3時半以降に新システムにつなぎ換えて、24時間化を可能にする。

これを読む限り2018年からという事はまだ2年も先のことです。

これって、本当にやる気があるのかな?と思います。もちろん、新システムの開発が大変なのは解るのですがせめて2年くらい目安で行わないとシステムそのものが出来た時点で古いという問題も発生してしまうように思います。

でも、24時間で対応してくれるのは嬉しいですよね。

ネットバンキングが徐々に当たり前になる中で、ほとんどの銀行では対応しておらず不便極まりない状況が発生していましたから。

三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行は2017年からが目標

www.sankei.com

上記の記事を読むと下記のように書かれています。

三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行が、自行口座間の振り込みであれば、平日・土日を問わず24時間即時決済できる態勢を来年2月にも整えることが2日、分 かった。多くの銀行は現在も夜間・土日の振り込みを受け付けているが、決済は翌日以降に回していた。24時間決済が可能になれば、電子商取引や企業間決済 の利便性が高まりそうだ。

即時決済は確かに魅力ですよね。ただし自行口座同士のみということであって、他行の口座への振り込みはまだまだ先になりそうな印象。

それでもまずは一歩前進したことになります。

ネットバンクなら既に24時間対応

ただし今回の銀行の24時間・365日即時決済ってネットバンクだと当たり前のことなんですよね。

僕は普段、楽天銀行を使っていますが楽天銀行同士なら24時間365日即時に決済してくれます。つまり何か仕事を依頼してお金を払う場合、相手も楽天銀行ならそのまますぐに自宅で振り込めて更に即時反映されるんですね。

これ、ネットオークションやネットショッピングの銀行振込の時、相手も楽天銀行だとスムーズに話が進むので滅茶苦茶便利ですよ。

楽天銀行は設定しておけば振り込みがあればすぐにメール通知が来るので振り込んでもらったこともすぐにわかります。

>>楽天銀行(公式サイト)

他行への振込手数料も比較的安いのも嬉しいところ(10万円以上の残高で月2回までは無料になります)。

ところで都銀って何?

都銀の意味を知っている方はほとんどかと思うのですが、最近一般的に都銀って耳にしていなかったので少し違和感を覚えました。今って、メガバンクって言う事が多いのかな?と。

メガバンクは4行、もしくは5行と言われています。

みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行(5行の場合はさいたまりそな銀行)となっています。

正直、どの銀行がどの銀行になった(吸収・合併)のかもう覚えていません。

店コード001は本店で無い場合も

昨日、みずほ銀行に行ってきたのですが、店コードが001って、本店では無いという事を知っている人って何人いるのかな?と思ったり。

店コードが001って本店と思いがちですよね。みずほ銀行の店コード001は、支店名が「東京営業部 」と言って支店とつかないんですよね。

 

以上、銀行も24時間365日即時決済にむけて動き出すというお話でした。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。