お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

口座にお金が入ってなくても口座振替できる?銀行の残高不足時に備えた銀行選びを

クレジットカードや公共料金、他にもいろいろな支払いに銀行口座からの引き落としを利用されている方は大勢いると思います。

でも、銀行口座に請求分だけのお金が入っていない状態で自動引き通しの日になった場合はどうなるか?と言えば基本的に残高不足で支払われないことになりますので後で自分で振り込むか、再引き落としがある場合は再引き落とし日までに入金をしておくことになります。公共料金等は再引き落とし日が設定されていることもあるので確認してください。

公共料金等であればそれほど心配する必要性はありませんが、これがクレジットカードであればクレジットカードの更新時に更新が出来なくなってしまったり3回連続で行ってしまうといわゆるブラックリストに乗るとも言われています。

ブラックリストなんてものは実際には信用情報機関に事故扱いで登録されることを言うのですが、そうなってしまうと新規でクレジットカードが作れなかったりローンが組めなくなってしまうこともあるので避けなければいけないことです。

でもお金をちょうど入れ忘れてしまったり他の引き落としが予想以上に多くて残高不足になってしまっていた・・・なんてことはあり得ることですよね。

そうならないためにはどうすれば良いか説明します。

f:id:suzukidesu23:20150627001125j:plain

銀行のカードローンと組み合わせることで自動融資を使う

出来る銀行と出来ない銀行がありますが、銀行口座を作る時にその銀行のカードローン(いわゆるお金を借りる契約)を契約しておくと自動融資という仕組みを使えることがあります。

自動融資とは残高不足で引き落としが出来ない時に自動で不足分のみ自動でカードローンから融資されて口座振替を行ってくれるという便利なサービスです。

ただしお金を借りることになるので手数料が発生しますので注意してくださいね。

また銀行のカードローンは基本的に定期収入があって20歳以上でなければ申し込むことは出来ません。

そしてここが重要です。

カードローンを使うということはその分のお金は当然返さなければいけませんが、銀行のカードローンの引き落とし時に残高不足している時は自動融資されません。

これは当然ですよね。融資に対して更に融資することになる訳ですから。

自動融資可能な銀行

自動融資を行っている銀行は僕が知る限りでは4つですが、探せばもっとあるかもしれません。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行

上記4箇所ではこの自動融資という仕組みを行っています。もちろん誰でもという訳ではなく定期収入と20歳以上であることは書きましたが、更に審査もありますので審査に通らないと使うことは出来ません(銀行口座そのものは作ることは可能です)。

クレジットカードに切り替えれるものは切り替えよう

銀行口座で自動引落は便利な仕組みですが、損も得もほとんどしません。一部の公共料金で口座振替をすることで54円ほど割引になることもありますが、クレジットカードなら金額にもよりますがこれよりもお得になることが数多くあります。

というのもクレジットカードで引き落とすことにすればほとんどのカードでその金額の0.5%~2%のポイント還元があるからです。

またクレジットカードの限度額というものもありますが、銀行口座のように残高不足で引き落とせなかったということはかなり防げます。

明日引き落としなのに銀行にお金入れ忘れた!なんて時でも安心です。

もちろんクレジットカードの利用分の引き落としは銀行口座からに基本的になるので、これだけは絶対に残高不足にならないように銀行の口座にお金を入れておかないといけませんが管理はかなり楽になると思います。基本的に月に1回だけですからね。

どのクレジットカードが良い?

別に、VisaやMasterCard、JCBというマークのあるクレジットカードならほぼ問題ありませんのでどんなクレジットカードでも問題ありません。

でもよりお得に年会費・発行手数料無料のクレジットカードならリクルートカードがおすすめです。

このクレジットカードの還元率は1.2%。つまり引き落としで3万円あったら360円分のポイントが貯まることになります。

銀行口座からの引き落としなら360円分のポイントなんてもらえませんよね。

お得なポイント還元率のクレジットカードでお得な生活をおくって下さいね。

リクルートカードの詳細は下記を参考にしてください。

リクルートカード(公式サイト)

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。