お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

【イオンモール】2015年秋、愛知県常滑市に敷地20万平方米のイオンモールを出店

イオンモールが愛知県常滑市の中部国際空港付近に2015年秋に敷地面積20万平方米のイオンモールを出店するという発表を行いました。

f:id:suzukidesu23:20141125181129p:plain

イオンモール ニュースリリースより

敷地面積は約20万2000㎡、延床面積約8万9700㎡、総賃貸面積約6万5000㎡、店舗数は約200店を計画する。

 大きさ的にはイオンモールのベスト10には入らない延べ床面積、総賃貸面積には入りませんが、近隣のイオンモールで言えば、イオンモール東浦よりは総賃貸面積よりも大きくテナント数も多いので、それなりには大きなイオンモールになりそうです。

 

渋滞は大丈夫?

中部国際空港に繋がる知多半島道路は夏場になると渋滞を発生させる道路なのですが、イオンモールが出来て渋滞は大丈夫なのかな?という不安が近隣の人にはあるのでは無いでしょうか?

特に空港利用者が飛行機に間に合わないという事態になりそうな気がしないでも無いのですが。愛知県と言えばトヨタ城下町とも言える車が非常に多い都道府県でもあり人口も多い都道府県の1つです。

夏場の渋滞が少し怖いですね。

イオン最大の免税店が作られる?

千葉県成田市にあるイオンモール成田と言えば、イオンの中でも最大規模の免税店があるお店ですが、空港からは遠くは無いけど近くも無い距離となっています。

今回の常滑に出来るイオンモールは空港直結ではありませんが対岸で非常に近い距離となっています。

イオンは2020年の東京オリンピックに向けて免税店売場を拡大しているのでここにイオン最大の免税店売場やテナントが入ってもおかしくはありませんね。

常滑観光への影響は?

愛知県常滑市と言えば、焼き物の街であり観光スポットにもなっています。そのため地域に根ざした商店もそれなりにある地域になっていますが、地域商店街への影響は無いのか、多少不安になりますね。

更に渋滞が加わった時に観光客が減ってしまうという事がおきなければ良いと思いますし、上手く観光と密接に関わっていければ街の発展にも繋がるとは思いますが。

また、温浴移設が作られるという事で、中部国際空港にある入浴施設や近隣の温泉施設に影響が出ないかも心配です。

ただでさえ、この地域の温泉で先日温泉偽装があってイメージダウンしているのに、イオンのような場所で温浴施設が出来てしまうとどうなのか、不安になります。

こういう点も上手く地元の観光協会と手を取り合って解決してもらいたいと思いますね。

 

地元の方でまだイオンカードを作られていない方は前もって作っておくと便利ですよ。

イオンカード(WAON一体型)

お得にお買い物をするのならWAONの機能もついているこちらがお得です。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。