お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

イオンカードと セブンカード・プラスはどちらがお得?

イオンとヨーカドー

WAONとnanaco

よく比較されますよね。

このサイトでもイオンとヨーカドー、どちらがお得か?という事を以前説明しています。

money-creditcard.hatenablog.com

結論は決められないという事になりました。というのも人によって何を基準にしているかが異なるからです。前提条件を細かく決めればどちらがお得か決める事は出来ますが、前提条件なんて人によって物凄く変化するからあまり意味は無いんですよね。

では、「イオンカード」と「セブンカード・プラス」を比べた場合、どちらがお得なのでしょうか?

f:id:suzukidesu23:20150424172607j:plain

結論:セブンカード・プラスの方がお得です

純粋にクレジットカードの機能だけを見てみると、セブンカードプラスの方が上になっています。

意外でしたか?てっきり結論、決められないと思っていた方が多数だと思いますが。

ではなぜセブンカード・プラスなのか説明をしていきます。

お店でのポイント還元率がセブンカードプラスの方が高い

イオンカードをイオンで使って支払った場合、ポイント還元率は通常1%です。5のつく日等、ポイント2倍の日もありますが、それでも還元率で1%です。

イオンでいつでもポイント2倍になったことで、5のつく日のポイント2倍は意味がなくなりました。

セブンカードプラスをイトーヨーカドーで使って支払った場合、還元率はいつでも1.5%となっています。

イオンの1.5倍なんですよね。

5%OFFの日 イオンは月2回・ヨーカドーは月3回

イオンは毎月20日30日がお客さま感謝デーで5%OFFになります。

ヨーカドーは毎月8日18日28日がハッピーデーで5%OFFになります。

月3回あった方がお得ですよね。

コンビニ利用なら断然セブンカード・プラス

イオンと言えばコンビニはミニストップ、セブンと言えば当然セブン-イレブンですよね。

でこのミニストップとセブン-イレブンを比べる事自体がおかしなほど、ミニストップで店舗が少ないんですよね。北海道なんて0店舗ですよ。

しかもミニストップでイオンカードで支払っても1%の還元率ですがセブンカード・プラスなら1.5%の還元率となります。

それぞれの陣営のコンビニで比べたら圧倒的にセブンカード・プラスの圧勝なんですよね。

おまけにセブンカードプラスならnanacoへのチャージでもポイントがたまります。そしてnanacoならセブン-イレブンの支払いで税金や公共料金の支払いもOK!

イオンカードもWAONへのチャージでポイントはたまりますが、ミニストップでWAONを使って税金や公共料金は支払えません。

イオンカードが勝っている点

では、イオンカードが勝っている点が1つも無いかと言えばそうでもありません。2つの点でイオンカードが勝っている点があります。

イオンカードは年会費無料

イオンカードは年会費が無料です。セブンカード・プラスは年会費が500円かかります。

ただし、セブンカード・プラスは初年度無料で2年目以降は前年度に5万円以上利用していれば年会費が無料になります。

イオンカードのショッピングセーフティーは凄いお得

イオンカードでお買い物をした場合、5000円以上の商品だけですが落として壊してしまった場合の補償が物凄く良いんですよね。

下記に詳しくまとめてあります。

money-creditcard.hatenablog.com

もちろん、イオンカードを使っている事が条件なので、イオン以外のお買い物でもOKです。

セブンカードプラスも年会費無料に出来る

なおセブンカード・プラスは、初年度年会費は無料で2年目から年会費が500円かかりますが、年間で5万円以上使っていると年会費は無料となります。

年間で5万円ですから月4200円弱、イトーヨーカドーで2回くらい買い物をすればそれくらいにはなりますよね。

セブンイレブンでも週に2回600円を買い物すれば届く金額です。

だからイオンカードが年会費無料と言っても、それほど差がある訳ではありません。

どちらがお客様にとって便利か?

どちらのクレジットカードの方がお客様の立場にたって作られているか?ということで言えば、こちらは断然セブンカードプラスです。

というのも、イオンカードはポイントが「ときめきポイント」でWAON一体型でWAONで支払うと「WAONポイント」が貯まります。

さらに「WAON POINT加盟店」だとWAON POINTが貯まります。

  • ときめきポイント
  • WAONポイント

と2つのポイントを管理しないといけないことになり不便極まりないのが実情です。

一方のセブンカードプラスは、クレジットで支払っても、nanacoで支払っても貯まるポイントはnanacoポイントですから、ポイントの管理も非常に楽になります。

  • イオンカード=2つのポイント管理が必要(場合によっては3つ)
  • セブンカードプラス=1つのポイント管理でOK

ただでさえ、ポイントカードとかポイントの管理は面倒なのに、これ以上複雑にしたくないのなら、セブンカードです。

騙されるWAONポイント2倍とnanacoポイント2倍の罠

僕は現在、札幌に住んでいますが札幌の大きなイベントと言えば「さっぽろ雪まつり」や「さっぽろオータムフェスト」があります。

こういうイベントの時に出店でWAONとnanacoが使えるのですが、ともにポイント2倍をしかけています。

たまにイオンはポイント5倍、イトーヨーカドーはポイント3倍の時がありますよね。

これ、結構イオンの戦略に騙されてしまっている人がいるんですよ。

  • WAONポイント2倍=ポイント還元率1%
  • nanacoポイント2倍=ポイント還元率2%
  • WAONポイント5倍=ポイント還元率2.5%
  • nanacoポイント3倍=ポイント還元率3%

ポイント5倍と書かれると凄い!と思ってしまいますが、元が0.5%の還元率ですから5倍にしても2.5%に過ぎません。

一方のnanacoは元の還元率が1%ですから3倍でも還元率は3%になります。

  • WAONのポイント5倍とnanacoのポイント3倍=nanacoの方がお得
  • WAONのポイント2倍とnanacoのポイント2倍=nanacoの方がお得

結構、騙されてイオンのポイント5倍を選んじゃう人がいますけど、間違えないでくださいね。

イオンとヨーカドーが並んであった場合の口コミ

でも、そもそもイオンとヨーカドー両方を使う機会って滅多にないですよね。

どちらかと言えば近くにある方を使う事になると思います。

しかし、千葉県の新京成線という私鉄の新津田沼駅は駅にイオンもヨーカドーも直結しているという全国的に見ても珍しい状況になっています。

では、この近所の人はどちらのクレジットカードを持っている割合が多いかと言えば、両方持っている人が多いんですよね。

というのも僕も千葉県に通算で10年以上住んでいたので、この辺りに住んでいる友人が何人だっけ、えっと・・・・6人だ。6人いますが、6人中4人が両方のクレジットカードを持っていました。他の2人はどちらかのクレジットカードは持っていました。

何で両方持っているのか聞いてみたところ、セールが別々の日だから両方持っていてお得な方で買い物をするから、との事。

当たり前ですね、並んであればお得な方で買い物をするのは。

つまり20日30日はイオン、8日18日28日はヨーカドーで買い物をするそうです。

月に食品で3万4万は普通に使うのでセブンカード・プラスも気付けば5万円は年間で使っているから、年会費もかからないし損では無いと。

イオンカードは元々年会費がかかりませんし。

まとめ

もしイオンもヨーカドーもそれなりに使うのであれば両方持っているのがお得になるという事。

イオンもしくはヨーカドーしか近くに無いのなら近くにある方のスーパーのクレジットカードを持てば良いだけという事ですね。

どちらが安いか?と言えば近くにあれば価格差ってそれほど無いんですよね。近くにあるからライバル関係となって値段は合わせる訳なので。

もし、両方とも近くにあって片方のクレジットカードしか作っていないのであれば、もう片方を作るのを検討されてみてはいかがでしょうか?

もっともコンビニでの買物が多くセブンイレブンをよく使うのなら断然、セブンカード・プラスになります。

→セブンカード・プラスをチェック

イオンカードセレクトをチェック

ちなみに僕は2枚とも持っていて、それぞれで使っていますが、コンビニがセブンイレブンが近い分、セブンカードプラスを使うことが多いですね。

 

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。