お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

イオンを利用するなら、イオンカード セレクトが最強!またイオンを利用しなくてもイオンカードがお得な理由 まとめ

イオンを利用するのならお得なイオンカード。

でもいろいろな種類があってどれを選んで良いのか悩む方も多いのではないでしょうか?

イオンを利用するのなら、やはりイオンカードセレクトを持ってお得に買い物すべきだと言えます。

イオンを全然利用しない人でも、特定の買い物をする時にはやはりイオンカードを持っていた方が良い場合もあります。

なぜ、イオンカードをお薦めするかその理由をまとめてみます!

f:id:suzukidesu23:20140512224941j:plain

イオンで毎月いくら以上使うのならイオンカードを持った方が良いか?

ズバリ1ヶ月で1度でもイオンの直営売り場で直接お買い物をしているのならイオンカードは持った方が良いと言えます。

その理由はサンキューパスポートやロイヤルパスポートがもらえるからです。

ロイヤルパスポート・サンキューパスポート


上記でも書いていますが、イオンの直営売り場でイオンカードによる支払いがあると、サンキューパスポート及びロイヤルパスポートが送られてきます。

昔は年間15万円というくくりがロイヤルパスポートにはあったのですが、今は無いとの事でした。また、WAONへのチャージでは送られて来ないとの事です。あくまで直営売り場でイオンカードによる支払いがあった時に送っているという事でした。

先ほど、イオンクレジットサービスに電話して確認しました!

ロイヤルパスポートは入る月と入らない月がありますが、入っていればお得!という事です。でも、今度の請求書では恐らく入ってくるのでは?と思っています(2月2日引落し分の請求書)。

その理由は、イオンの決算日が2月末なので2月中はどうしても売上を上げたいために割引クーポンを出してくる可能性が高いからです。

ロイヤルパスポートやサンキューパスポートがあればイオンの5%OFFになる感謝デー以外でも5%~10%OFFで購入出来るので、商品によってはかなりお得になります。

なので月に1回はイオンカードを使えばお得なクーポンを手に入れられる事になります。

年に2~3回特別クーポンも届く

またイオンカードを使っていると年に2~3回程度、サンキューパスポートやロイヤルパスポート以外のお得なクーポンが届くことがあります。

主にゴールデンウィークやお盆前、年末商戦期、決算月に届く傾向がります。

2016年の夏であれば2日間有効の2daysパスポートが届きました。

f:id:suzukidesu23:20160814114030j:plain

こちらのクーポンであれば食品まで5%OFFとなってかなりお得な内容になっていました。ただしこのクーポン、配布対象エリアが千葉・東京・神奈川・山梨のみとなっており他の道府県で配布されたのかは不明です。

イオンカードとWAON、どっちがお得か?

イオンカードとワオンカード、どっちで買うのがお得か?と思う人も多いので説明すると、使用頻度によりますが基本的にイオンカードと言えます。ただし、特定の日にちにイオンに買物に行けてある程度の金額(月17000円以上)ならWAONで支払う方がお得になるケースもあります。詳しくは下記の記事をご覧ください。

イオンカードとWAON、どっちがお得?両方の機能を兼ね揃えたイオンカードセレクトがお得です。

イオンの利用頻度がそれほど高くないのならイオンカードが一番お得です。

イオンカードを持っていればとりあえず感謝デーは5%OFF

イオンをたまにしか使わないという人でも、20日30日ならイオンで買い物をするのなら、現金でもイオンカードを持っていれば5%OFFになります。

イオンカードは年会費無料なので、あまり使わなくてもとりあえず持っていればお得になる事があるので、持っていても損はありません。

イオンカード 感謝デーで割引が受けられる支払い方法

イオンカードについて書かれているサイトで、イオンカード提示で割引と書いてありますが、これは間違いです。イオンカードを提示しても、支払い方法がイオンカード以外のクレジットカードだと割引になりません。

イオンカード提示で割引になる支払い方法は下記の通りです。

  • イオンカード(イオンのマークがあればOK)
  • WAON:WAON支払いだけでも5%OFFになります。
  • イオン商品券:イオンの商品券でも割引になります。
  • イオンギフトカード:イオンのギフトカードです。
  • 現金:日本円のみです。

例えばVISA等のギフトカード支払いでは割引対象外となりますので、ご注意下さい。

イオンで買い物しない人でもイオンカードがお得な理由

普段、イオンで買い物をしない人でもイオンカードで買い物をする時、お得になるというか安心になる事があります。

高額品、特に小型のものはクレジットカードで購入した方が良い?クレジットカードに付帯する、買い物保険

イオンカードのお買い物保険は年会費無料~年会費3000円以内の他のクレジットカードでは類を見ないほど手厚い保証になっています。

通常、お買い物保険は購入日から90日間ですが、イオンカードはなんとその倍の180日間です。しかもスマホまで対象にしているので、万が一に備えてイオンカードで購入しておけば半年は安心と言えます。

映画をよく見る人もお得なイオンカード

実はイオンシネマが日本で一番スクリーン数が多いって知っていましたか?

都会なら兎も角、地方だとイオンシネマが結局一番近いとか行きやすいという方も結構います。

そして映画を見るのならイオンという方も。

そんな時、イオンカードで支払えば最低でも300円引きで見る事が出来ます。

イオンで買い物をしなくても、イオンで映画を見るのならイオンカードは持っておいても損はありません。

首都高を利用するサンデードライバーにもお得なイオンカード

またイオンの店舗にまったく行かない人でも、日曜日によく首都高を利用して出かける事が多い人ならイオン首都高カードを持っているとお得になります。

ETCカードのライフハック術!高速道路を使うのならETCはあった方が断然お得です!

首都高の高速代が5%OFFになったり、首都高のサービスエリアでのお買い物や食事がポイント還元率2.5%になるという事も。

ポイント還元率の高いクレジットカードでも2%ですから、首都高でサービスエリアでのお買い物や食事ならイオン首都高カードがお得になりますね。

イオン首都高カード

イオンと無関係でも、都心や駅までで軽く飲む事が多いのなら、ワタミふれあいカード

イオンとはまったく無関係で生活をしている人でも、仕事帰りに駅前の和民グループの居酒屋で軽く一杯!という人でも、イオンカードのワタミふれあいカードがお得です。いつでも5%OFFになるという特典があります。

ワタミふれあいカード

またイオンカードだけでも20日30日はイオンカードのお支払いで5%OFFにもなります。

イオンは利用しないけど、イオンモールは利用するという方もイオンカードがお得

年に3~4回くらいですが、イオンモールでのお買い物でイオンカードで支払えば請求時に10%OFFになるというセールをイオンモールが行う事があります。

この時、僕は本を買いますね!本が10%OFFで購入出来る機会って滅多に無いので、この情報を得ると、イオンモールに行って本を買うようにしています。

イオンモール専門店 イオンカードでおトクな3日間! 11月1日~11月3日まで!書籍も10%OFF!

上記は過去のものですが、年に数回実施されているので、イオンモールでお買い物をされる事がある人は持っておいても損はありません。

カウンセリング化粧品で正規品を購入したい方もイオンカードがお得な場合も

イオンカードの特典で昔は感謝デーでカウンセリング化粧品10%OFFと書かれていたのですが、最近はその記載は無くなっています。

でも、店舗によってはまだ継続して行っていたり、店舗によっては20%以上の割引を行っているところもあります。

なぜ、店舗によって異なるかと言えば、近くに大幅値下げをしている競合店があれば、そっちにお客さんを取られてしまうので、継続しているという事になります。

近くのイオンに20日や30日に行って確認してみるのも良いかもしれませんよ。

分割払いもお得 実は分割手数料が安いイオンカード

イオンは家電製品も販売しています。冷蔵庫や洗濯機のような常日頃使う家電製品が故障した場合は、何日も待っていられないからすぐに欲しい!と思いますよね。

でもまとまったお金が無いから分割払いをしたい・・・なんて考える場合も。

イオンはよく分割払い金利手数料無料のキャンペーンをしているので、その時に当たればお得です。

また、イオンの家電製品は家電量販店とくらべて少し高い場合が多いのですが、イオンカードを普段から使っていればロイヤルパスポートやサンキューパスポートで5%OFFで購入出来る事が多いので、家電量販店と5%以内の差ならイオンで分割払いで購入した方がお得です。

それに高還元率のクレジットカードに比べて分割金利手数料が若干安いと事が言えます。

例えばJCB系のクレジットカードなら10万円を10回払で支払うと概ね106800円くらいの支払いになりますが、イオンカードなら105600円くらいなので1000円くらい安くなります。

ポイント還元まで含めて考えると1.5%くらいの還元率のカードと比べたらイオンカードで分割払いにしていた方が安かったなんて事例もあります。

上記で10万円を1万円ずつの分割払いにした場合、106800円の総額支払いでポイント還元が1.5%で1500円戻ってくるとしても105300円です。

イオンカードは0.5%の還元率なので105600円から500円を引くと105100円となるので、例えポイント還元率が低くてもお得なのは最終的にイオンカードだったなんて事に成りかねません。

イオンカードは持っていて損の無いカードの1枚

つまり、イオンやイオンモール、イオンシネマを利用する人なら持っていて損の無いカードだという事です。

またイオンは使わなくても、お買い物保証や首都高、ワタミの利用でお得になる事もあるのがイオンカードです。

是非、1枚持っておきませんか?

年会費無料なのでとりあえず持っておいても損はありません。

僕もイオンは2週間に1~2回利用するだけですが、それでも持っていてかなりお得になっていると実感出来ています。特にイオンを利用するのに、イオンカードを持っていない人って、何でだろう?と不思議なくらい。

もちろん、上記でお得になる事と関係ない人やイオンをまったく使わない人なら、もっとポイント還元率の高いカードや他のスーパーが発行しているクレジットカードの方がお得な事もあります。

でも、イオンに行く事がたまにでもあるのなら、是非検討してみて下さい。

>>イオンカード公式サイトへ

今ならキャンペーン中でお得にポイントがもらえます!

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。