お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

イオンとイトーヨーカドー、どっちが安い?並んである新津田沼で比べてきた

よく引き合いに出される2大スーパー、イオンとイトーヨーカドー。

どっちが安いのか?と気になる方も多いと思います。以前もどちらがお得か?という事を書いています。

money-creditcard.hatenablog.com

この時は少し検証が弱いと感じていたので、実際に比べてきました。

選んだのは千葉県の新京成電鉄「新津田沼駅」に直結してあるイトーヨーカドーとイオンです。離れていると比べてもあまり意味が無いので隣通しにあればよく解ると思い、ここを選びました。

f:id:suzukidesu23:20150511123702j:plain

生鮮食品の価格は引き分け

生鮮食品 農産・水産・畜産の3つで見た場合、引き分けでした。

農産はイトーヨーカドーが圧勝

まず農産、野菜・果物に関していえば、イトーヨーカドーが圧勝でした。

何よりも鮮度がイトーヨーカドーの方が良い!価格はイオンよりも少し安い感じで目立って安いという事は無かったのですが、それより野菜や果物って鮮度が大切ですよね。レタスやキャベツ等の鮮度を比べてみると、イトーヨーカドーの方が圧倒的に良かったのと、少しだけイトーヨーカドーの方が安い分、イトーヨーカドーに軍配が上がりました。

イオンは方向転換をするという事ですが、まだイトーヨーカドーの方が農産物に関しては安いですし鮮度も良いし、見せ方も上手と思います。

水産はイオン

水産品に関しては鮮度は同じくらいに感じました。価格的にはややイオンが安いかな?という感じです。ここの差はあまり無いように思いました。売り場面積がイオンの方が大きい分、種類があるのでよく見えると言えます。

畜産は引き分け

畜産に関していばあまり差が無いと思いました。価格的にもほとんど差がありません。

大手スーパーの肉というのは店内加工が減っておりアウトバック(パックされたものが納品される事)が進んでいるのでそれほど差も出ないと言えるのかもしれません。

デイリーはイオンの勝ち

昔風に言えば、日配と呼ばれるコーナー。

豆腐・蒟蒻・納豆・練り物・生麺や牛乳・乳製品等、生鮮品に比べれば日持ちはするけどそれほど長く日持ちしない商品で要冷蔵のものがメインの売場です。

価格的にはイオンの方が安いと言えます。豆腐や牛乳ではイオンの方が1割くらいは安く感じます。実際にイオンの方が安い商品が多いと言えます。

PBで見ても牛乳には大きな差がついているように思います。共に飲んだ事があるのですが味はほぼ同じ。でも容量がイオンは1Lに対してイトーヨーカドーは900mlですからね。

加工食品はイオンの勝ち

加工食品、調味料や乾物、スナック菓子、カップ麺等はイオンの方が安かったです。もちろん、商品によってはイトーヨーカドーの方が安いものもあるのですが、全体的にはイオンの方が安いと言えます。

ただし、全体的にはイオンが安いのですがイトーヨーカドーは売筋できちんとイオンを下回る価格設定にしているため、パッと見た感じでは価格的には同じかイトーヨーカドーの方が安く見えます。

こういう点はイトーヨーカドーって上手いんですよね。イオンは下手。

楽しい売場はイトーヨーカドー

食品売り場だけを限定すればイトーヨーカドーの方が面白いと思いました。

例えば面白かったのがソース売場。

イトーヨーカドーのソース売場はPBとブルドッグで構成されていましたが、ブルドッグのソースの品揃えが凄い!

こんなにもブルドッグのソースって種類があるんだ~と思いました。

接客はイトーヨーカドー

それぞれで2人の店員に質問をしてみました。

条件を同じにしないと意味が無いので、1つはペットボトル飲料の売場で社員に品切れしている商品を聞いてみるという事に。

社員という判断はしばらく売場にいてアルバイトっぽい人に指示を出している人が社員だと思うので、その辺りで指示を出している社員に質問をしてみました。

結果は、ともに凄く丁寧に在庫を確認しにいって対応してくれました。

もう1つは、サービスカウンター。

結果はイトーヨーカドーの圧勝というか、イオンのサービスカウンターの従業員が最悪過ぎて、思わず店長呼べ!と怒鳴りたくなるくらい酷かったので比べられるレベルではありませんでした。

というか在庫を確認してすぐに「ありません」って何????

お前、なめとんのか?今どき大手スーパーの在庫なんてオンラインで管理されているのに、それもせずに見て無ければ「ありません」って・・・・。

またイオンのサービスカウンターの従業員は奥で集まってずっと話していたのも印象が悪かったと言えます。お客さんが来たと思ったら自分でよっていかないというのはサービスカウンターとしては最悪です。

呼ばないと来ませんでしたから。

他の売場なら店員が近寄って来られても鬱陶しい事はありますが、サービスカウンターでカウンターに近寄ってくる客というのはほとんど用事があって来るのだから話すのをやめて近づいてきて確認するくらいが普通です。

いかん、私情がかなり入っている(^_^;)

それほど頭に来るくらいイオンのサービスカウンターは最悪でした。

売場演出と価格設定は下手なイオン

全体的にはイオンの方が安いのにイオンの方が安く思えないというのは価格設定が下手な事と売場の演出が下手な事が挙げられます。

スーパーの食品売場というのはまず最初に農産コーナーから始まっていますので、そこで安い!というイメージを植え込めばお客さんは全体的に安いと錯覚する事があります。でもイオンはこれが上手く演出されていないというのが今回よく解りました。

イオンとイトーヨーカドー、どっちが安いかというお話でした。

ただともにイオンならイオンカード、イトーヨーカドーならセブンカードプラスを持つことで更にお得になるので是非作っておくことをおすすめします。

イオンカード公式サイトへ

セブンカードプラス公式サイトへ

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。