お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

クレジットカード嫌いでWAONよりもイオンでお得に買物をするのならデビットカードの「イオン銀行キャッシュ+デビット」

イオンカードはクレジットカードだから使いたくない、だから少しでもお得にするためWAONを使っている、なんて人もいますよね。

イオンでお買物をする上で一番お得なのはクレジットカードであるイオンカードセレクトなのですが、イオンカードセレクトはクレジットカードだから申し込みたくない、申し込めないという方もいますから、実際WAONオンリーでイオンを利用している方はかなり損をしています。

でもクレジットカードではなくて、WAONよりもお得になるものがあるのはご存知でしょうか?

それが今回紹介する「イオン銀行キャッシュ+デビット」です!

f:id:suzukidesu23:20150406134133j:plain

 

イオンのデビットカードは2種類

あまり知られていませんが、イオンもイオン銀行を運営しておりデビットカードを出しています。

  • イオンデビットカード=VISAデビットを使ったもの
  • イオン銀行キャッシュ+デビット=JCBデビットを使ったもの

 2つの違いを簡単に説明を説明していきます。

入会可能年齢

  • イオンデビットカード=高校生を除く18才以上で申し込み可
  • イオン銀行キャッシュ+デビット=中学生を除く15才以上で申し込み可

イオンデビットカードは18才以上、イオン銀行キャッシュ+デビットは15才以上となっているので高校生のお子さんに持たせるのならイオン銀行キャッシュ+デビットということになります。

審査の有無

  • イオンデビットカード=審査あり
  • イオン銀行キャッシュ+デビット=基本審査無し

イオンデビットカードは基本的に審査が必要なデビットカードです。なぜ審査が必要かと言えばバックアップ機能があるためです。

デビットカードは使ったその場で銀行から引き落としがかかるものですが、銀行のメンテナンス時間や夜間では使えないというデメリットがあります。しかしバックアップ機能がついていると銀行口座と通信が出来ない時間帯でも使うことが出来ますし、イオンデビットカードの場合はイオン銀行に利用分の残高が無い場合でも使えるようになっています。つまりクレジットカードに近い使い方が出来る訳です。

しかしイオン銀行キャッシュ+デビットはバックアップ機能が無いのであくまでも銀行に残高がある状態でなければ使うことが出来ません。

WAONの有無

  • イオンデビットカード=WAON機能無し
  • イオン銀行キャッシュ+デビット=WAON機能あり

イオンデビットカードはWAON機能がありませんがイオン銀行キャッシュ+デビットはWAON機能がついています。

更にイオン銀行キャッシュ+デビットはWAONへのオートチャージも可能です。もちろんイオン銀行にオートチャージする分の残高が無ければオートチャージは出来ません。

ここでイオン銀行キャッシュ+デビットが凄くお得になる理由があります。それはオートチャージでもポイントが貯まるということ。

例えば1万円をオートチャージすると50円分のポイントが貯まります。

更にイオン銀行ポイントクラブと連携しているため、半年の利用金額に応じてステージがアップするのでオートチャージを5の付く日に行えば最大3倍のポイントが貯まります。詳しくは下記を参照してください。

f:id:suzukidesu23:20170115201535j:plain

f:id:suzukidesu23:20170115201428j:plain

クレジットカードで無くてもここまでポイントをつけることが出来る訳です。

ボーナスポイントも対象

イオンで特定の商品を購入した時にイオンカードかWAONで支払うかWAON POINTカードを提示して購入した時に貯まるボーナスポイントもイオンデビットカード・イオン銀行キャッシュ+デビット、両方とも貯まります。

ボーナスポイントの案内ページには記載されていませんがイオン銀行にデビットカードでもボーナスポイントが貯まる旨、確認をしました。

  • イオンデビットカード=ボーナスポイントが貯まる
  • イオン銀行キャッシュ+デビット=ボーナスポイントが貯まる

イオンカードセレクトよりも劣る点

もうイオンカードセレクトなんて要らないんじゃないか!と思うかもしれませんが、イオンカードよりも劣る点は当然あります。

それはイオンカードセレクトでクレジットカード機能を使わないとサンキューパスポートやバースデーパスポート等のイオンで割引となるクーポンがもらえないということです。

だから僕はイオンでの買物はWAONでもする時がありますが、イオンカードでする時もあります。5%や10%OFFになるクーポンはありがたいものですから。

でも、そういうクーポンまで必要ないという方にはオートチャージでもポイントがもらえる「イオン銀行キャッシュ+デビット」は非常にお得なカードとなりますね。

イオンのデビットカードの凄いところは補償

でもイオンの2種類のデビットカードには凄いところがあるんです!

それがお買物補償です。

イオンデビットカード及びイオン銀行キャッシュ+デビットでお買い物された商品(1品5,000円~50万円)を偶然の事故により破損した場合、ご購入日から180日間、年間50万円(税込)まで補償いたします。

でもこういう補償ってクレジットカードには大体ついているよね?と思った方、そのクレジットカードの購入日からの補償対象期間を調べてみてください。おそらく90日になっているはずです。

イオンカードもそうですが、イオンのデビットカードは購入から180日と通常のクレジットカードの補償よりも倍も長い180日なんです。

もちろん補償対象外になる商品(貴金属等)もありますが、家電製品やスマホは補償対象の商品です。

これだけでもイオンカードやイオンのデビットカードに入っておくメリットがありますね。

申し込みはやや面倒

イオンカードとイオンデビットカードであればWebから簡単に申し込むことが出来ます。しかし「イオン銀行キャッシュ+デビット」は資料請求をしてからの申し込みとなるのでやや面倒。

でも高校生のお子さんにイオンで使えるカードをもたせたい、そのカードでもお得にポイントを貯めたいということであれば「イオン銀行キャッシュ+デビット」がお得でおすすめです。

お申し込みの詳細は下記のそれぞれの公式サイトで確認してくださいね。

イオンカードセレクトはクレジットカードですがお申し込み特典がありますよ。

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。