お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

AEON.COMはどのドメインで行われる?イオンがようやくオムニ7を追撃か?

イオンが今まで分断されていたイオングループのECをまとめた「AEON.COM」を12月中に立ち上げると発表したと日経新聞がとりあげています。

 

www.nikkei.com

これは明らかにセブン&アイのオムニ7を意識してのことだと思います。

しかし「AEON.COM」という名前で行うということでリリースされていますが、このドメインで本当に行えるのか?という疑問は残ります。

f:id:suzukidesu23:20140907131100j:plain

違うドメインで行う可能性

今、aeon.comを見てみると全くイオンとは関係ない海外のサイトが出てきます。

このサイトからaeon.comというドメインを買収した可能性は否定出来ませんが、発表するからにはティザーサイトがあると思っていましたが無い状態。

つまり、aeon.comというドメインでは無いけど「AEON.COM」という名前のサイトを作る可能性があるといえます。

どこが主体になって行うのか?

今までイオンのコマースサイトといえばイオンリンクという会社がイオンスクエアというサイトで一応横断的に行っていましたが、今度はその上の次元でまとめるということになるのでイオングループの中でもどの会社が主体になって行うのか興味があります。

イオンリンクがそのまま行うのかそれともイオンリテールが行うのか、またはイオンの決済を担当していたイオンフィナンシャルが行うのか。

解決するかユーザビリティ

先日、妻がある商品を探しており、イオンならあるかも!とイオンスクエアで商品検索をしたところ、該当0件で使えない!と怒っていました(笑)

実際にイオンスクエア及びその配下にあったコマースサイトはサイト内の商品検索が本当に使えなくて、僕も面倒だからイオンのECで商品を購入するのはやめておこう、と思ったことがあります。

そういうかなりユーザビリティに問題のあったイオンのコマースサイトが解決してくれるのであれば消費者としては嬉しいのですが、実際にどうなるのかな?と。

しかし、解決しないことにはオムニ7を追撃することは無理でしょう。

オムニ7もあまり順調では無いという話を聞いていますが、イオンがどこまで追撃出来るのか。

今月中には立ち上がるということなので期待して待ちたいと思います。

以上、AEON.COMが立ち上がるけど、どのドメインで行うか?というお話でした。

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。