お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

クレジットカードの明細はWeb明細?封書?イオンカードの明細なら封書が良いかも。会員限定の広告が手に入ります

クレジットカードの明細はWeb明細に切り替えている方も多いかと思います。Web明細にするとポイントを余分にもらえたりする場合が多いので切り替えている方も増えているのかな?と思います。

でも、クレジットカードによっては普通に送ってもらう封書が良いかもしれません。

僕はイオンカードは封書で今でも送ってもらっています。

なぜ、イオンカードは封書が良いのか説明していきます。

f:id:suzukidesu23:20140512224941j:plain

 

イオンカードの明細で封書だと会員限定チラシ(広告)がある

イオンカードの明細を封書で送ってもらうと、イオンカード会員限定のチラシが入っています。

暮らし 大商談会

f:id:suzukidesu23:20141027141436j:plain

上記の「暮らし 大商談会」のチラシがほぼ毎月入ります。

イオンセレクション

f:id:suzukidesu23:20141027141455j:plain

イオンセレクションと呼ばれるイオンカード会員だけが特別価格になるチラシも入ります。

1日限りの特別価格

f:id:suzukidesu23:20141027141515j:plain

毎月30日限定の大特価品が掲載されています。これはたまに滅茶苦茶お買い得な商品があるのでよく見ています。

イオンカード明細のチラシについて

AMAZONや価格.comで値段を調べると、AMAZONや価格.comの方が安い場合もあるのですが、AMAZONであればマーケットプレイス、価格.comであれば名前なんて知らない店だったりして、購入に少し不安が残る場合もありますよね。

でも、その点イオンなら安心だと言えます。

また、たまに価格.comの最安値よりも安い商品もあったりして必要な人ならかなりお値打ちな商品も掲載されています。

でも、店頭に行けばこのチラシは拡大されて貼ってある場合もあるのですが、注意して見なければ解らなかったり、気づかなかったりする事が多いと言えます。

でも自宅に封書で来れば気づかないという事はまずありません。こういう会員限定の特価品を見る事が出来るのは封書にチラシが入っているからだと言えます。

イオンカードのWeb明細と封書との差

イオンカードをWeb明細に切り替えると上記で紹介している「暮らし 大商談会」「イオンセレクション」「1日限りの特別価格」は送られて来なくなりますし、Web上からでも見れなくなります。

Web上で見れるのは「カードインフォメーション」のチラシのみです。

比較すると下記の表になります(2016年7月3日現在)

チラシ種別Web明細封書
暮らし 大商談会 チラシ ×
イオンセレクション チラシ ×
1日限りの特別価格 ×
カードインフォメーション

これを電話で聞くだけでも相当時間がかかりました・・・電話のオペレーターの方が理解していなくて本当に困りました。最初、すべてWebから見れますと言われたのですが、イオンセレクションとか見れますよね?と質問しても別の解答が返ってきておかしいな~と思いオペレーターの方を変わってもらって確認したら入らないということがようやく分かりました。

イオンカードもWeb明細に切り替えて欲しければそういう情報をきちんと掲載すれば良いのに全くしていないのが不便ですね。

もっともイオンカードとしては環境に優しいということを言いたいだけで実はWeb明細には切り替えて欲しく無いんですよ。これにはいろいろと裏事情があるということをイオンに勤める友人から聞きました。

イオンカードのWeb明細は10ポイント=10円のみ

イオンカードをWeb明細に切り替えると「ときめきポイント」が毎月10ポイントもらえます。ときめきポイント10ポイントは10円分となります。年間で120円。もう少しポイントを増やしてくれれば考えますが10円だと・・・と正直思ってしまいます。

それに封書にしておいても、イオンカードはWeb明細も見れます。

確かにエコなのかもしれません。でもやはり会員限定のお得な情報というのは捨てられませんよね。

イオンカードの場合は月10円を惜しむよりも広告が好きな人、会員限定のお買い得品を見たい人なら封書にしておいた方が良いと思います。

イオンカードをまだ持っていない方はWeb明細は申し込まずお得な情報が来る封書にしておくことをおすすめします。

チラシは不要!邪魔でしかないという方はWeb明細が良いかもしれませんね。

>>イオンカード(公式)

イオンカードは日本人の6人に1人が持っているクレジットカードでイオンを使う人なら絶対にお得なクレジットカードです。

 

この記事を読まれた方におすすめの記事

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。