お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

イオンでお得になるイオンカードについての完全ガイド!検討中の方用にまとめてみました

今までイオンカードについていろいろ書いてきましたが、ここらでイオンカードについて、イオンカードを作ろうかどうか悩んでいる方のためにもまとめてみます。

イオンでお得にお買い物をするための方法も。

f:id:suzukidesu23:20140512224941j:plain

イオンカードとイオンクレジットサービス提携のクレジットカードの違い

最初にイオンカードと言えばイオンのマークがあるクレジットカードがすべてイオンカードだと思われがちですが、違います。

イオンカードはイオンの感謝デーで提示もしくは支払いで割引になるクレジットカードのことを意味します。

イオンのマークがついているクレジットカードは実に50種類以上あります。

例えば「トイザらスカード」というクレジットカードがありますが、イオンのマークはあるもののイオンの感謝デーでお得になるという訳ではありません。

詳しくは下記の記事にまとめてありますので1度みて下さい。

money-creditcard.hatenablog.com

イオンのマークがついていてもそのクレジットカードの正式名に「イオン」という言葉がついてなければイオンでお得にはなりませんのでご注意下さい。

つまり

イオンのマークがついているクレジットカードの正式名が

  • イオンと名前がつく→イオンでお得になる
  • イオンと名前が付かない→イオンでお得にならない
  • 例外→コスモ・ザ・カード・オーパス

となっています。

一般的なイオンカードでも8種類

イオンに行くとよくイオンカードに入会しませんか?とイオンクレジットサービスの担当者(派遣の場合もありますが)が来て入会を促すキャンペーンをしています。

その時でも実に最低10種類のイオンカードがあります(地域によりまた増えることがあります)。

  • イオンカードセレクト
  • イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード(WAON一体型/ディズニー・デザイン)
  • イオンカードセレクト(G・Gマーク付)
  • イオンカードセレクト(G・Gマーク付/ディズニーデザイン)
  • イオンカード(WAON一体型/G・Gマーク付)
  • イオンカード(WAON一体型/G・Gマーク付/ディズニーデザイン)
  • イオンカード
  • イオンスマートペイカード

更にイオンゴールドカードまで含めると何種類に成るんだろう?というほど種類が多いと言えます。

ディズニー・デザインとカッコ内に書いてあるものはデザインが異なるだけで内容は同じです。ただし、ディズニー・デザインはJCBしかブランドは選択出来ないことになっています。

  • ディズニーデザイン→JCBのみ
  • ディズニーデザイン以外→Visa・MasterCard・JCBの選択が可能

デザインが異なるだけなのでディズニー・デザインを除いても5種類のイオンカードがあるわけです。

この5種類は何が違うのか説明していきます。

イオンカードセレクト

クレジットカード、WAONカード、銀行のキャッシュカードと3つの機能が1つになったカードです。

またイオンカードでWAONへのオートチャージでポイントが貯まるのはイオンカードセレクトのみとなっています。

イオンを徹底的にお得に使うのならイオンカードセレクトがもっともお得になっています。

イオン銀行は使わなくてもイオンカードセレクトを持たないと損だと言えます。

イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)

クレジットカードとWAONカードが1つになったカードです。

WAONへのオートチャージは可能ですが、ポイントが貯まらないのでイオンカードセレクトに比べればお得度は落ちるものになります。

ただし、イオンカードセレクトは「イオン銀行」への申し込みも必要なため発行までの時間がかかることやイオン銀行には興味が無い場合には一番お得になるカードとなっています。

また実際にイオンカードで一番作られているクレジットカードがこのカードとなります。

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(G・Gマーク付)

イオンカードでも55歳以上で無ければ申し込めないのがイオンカード(G・Gマーク付)です。

G・Gはグランド・ジェネレーションの略です。いわゆる55歳を超えた大人のためのクレジットカードと言えます。

このG・Gマーク付きのイオンカードはイオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)の2種類があります。

よりお得にイオンを使うのであれば当然WAONへのオートチャージでもポイントの貯まるイオンカードセレクトを選ぶのがお得です。

またG・Gマーク付きの特典としては毎月15日がイオンのお客さま感謝デーと同じ内容で5%OFFを受けられるということになります。

つまり感謝デーが毎月3日間あるということになるので、55歳以上の方はG・Gマーク付きを選ばれた方がお得になります。

イオンカード

クレジットカード機能のみとなります。

WAONカードを別に持っているから・・・ということでこのカードを選ぶのはお得ではありません。

イオンスマートペイカード

リボ払い専用のクレジットカードです。クレジットカードを出した時に聞かれる「お支払い回数は?」に対してリボ払いでと答えなくて「1回払いで」と言ってもリボ払いになります。

ただし、リボ払いはお薦め出来ません。本当に支払いに困っている時なら致し方無い場合もありますが、手数料がかなりかかるので注意が必要です。

出来ればこのイオンカードは作らない方が良いでしょう。

イオンカードは年会費無料

イオンカードは年会費・入会金が一切かからないクレジットカードです。

年会費がかかるクレジットカードはもちろんメリットもいろいろとあるのですが、イオンでお得にお買い物をしたい!ということなら年会費無料は嬉しいですよね。

10年くらい前まではカード盗難保険料として70円かかっていたのですが、いつのまにかこれも無料になりました。

イオンカードの審査基準

イオンカードの審査基準は他のクレジットカードと変わない、もしくは若干作りやすいと言えます。

イオンカードは下記の人なら申し込めることになっています。

18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方
未成年の方は親権者の同意が必要

非常にシンプルですね。

ただし、定期的な収入が無い方だと厳しいのが現実です。もしくは資産を持っていることが証明出来れば定期的な収入が無くても作れることもあります。

定期収入というのは就職をしていることが前提か?と思う方もいると思いますが、アルバイトやパートでも定期的な収入があれば作ることは可能です。

なお、電話連絡可能な方ということで昔は固定電話(携帯電話以外)でなければ駄目な時もありましたが今は携帯電話でも大丈夫になっています。

主婦でも作れる

イオンをよく使う人は誰か?と言えばやはり主婦の方が一番使う訳です。そのため主婦の方でもイオンカードは比較的作りやすいクレジットカードとなっています。

主婦の方がイオンカードを持つ方法は2つ。

  • 保証人を就職している人(主に旦那さん)にして申し込む
  • 旦那さんにイオンカードに申し込んでもらい家族カードとしてイオンカードを持つ

となります。

なお、主婦の方でもパートで定期的な収入がある場合は保証人無しでも作れたということは聞いたことがあります。

イオンカードの限度額

イオンカードを申し込むのは良いけど限度額っていくらになるの?と思う方もいますよね。

一般的には50万円ですが、僕が知る限り10万円の人もいましたし20万円の人もいました。

10万円の人は当時フリーターでアルバイトを変わって2ヶ月目くらいで申し込んだということで信用が10万円までしかなかったのでしょうね。

でも、イオンでお買い物をするだけなら10万円あれば大丈夫ではないでしょうか?

なお、イオンカードは最大で月間100万円までしか使えないことになっています。

限度額で100万円を超えた人はいることにはいますが滅多には超えることは無いようです。

イオンカードの支払日と締め日

イオンカードの支払日は毎月2日です。2日が休日だと翌日が引き落とし日になります。2015年の5月なんかは休日が続いたため5月7日が引き落とし日になっていました。

またカードの締め日は毎月10日です。これは休日とか関係ありません。

つまり

11日~翌月10日までの支払い→翌々月2日

ということになります。

イオンカードでのボーナス払いの引き落とし日

なお、イオンカードにはボーナス払いもあります。

ボーナス払いは夏と冬、そしてボーナス2回払いもあります。

夏のボーナス払いにした場合は7月8月9月から選択が可能です。

冬のボーナスを選択した場合は、1月の引き落としとなります。

つまりボーナス2回払いを選択した場合、冬は1月だけですが夏は7・8・9月から選択することが可能となります。

イオンカードの請求明細

イオンカードの請求明細は毎月22日~27日の間に届きます。

明細は念の為に必ず確認を行って下さい。

f:id:suzukidesu23:20150531225513j:plain

こんな封筒で送られてくるのでイオンカードの請求明細だということは見ただけでよく解ります。

また環境を配慮して明細を郵送しないようにすることも可能です。またイオンカードを使っていることを家族に知られたくない場合も良いかもしれません。

その場合はWeb上で明細を見たりお得なクーポン等はダウンロードして使うことが出来ます。

今まで郵送で明細を送ってもらっていた場合、Web明細に切り替えると10ポイントのときめきポイントを1度だけもらうことが出来ます。

もう少しポイントがもらえるのならWeb明細に切り替えるのですが・・・・

イオンカードのポイント「ときめきポイント」

イオンカードのポイントはときめきポイントというポイントで還元されます。

還元率は基本的に0.5%、200円で1ポイント(1ポイントは1円相当)となっています。

ただし5のつく日(5日15日25日は)はポイント倍となりますので還元率が1%となります。

また10日は「ありが10デー」として北海道を除くイオンで使うとときめきポイントが5倍になりますので還元率で言えば2.5%とかなりの高還元率となります。

ときめきポイントの汎用性

気になるのがときめきポイントの汎用性でしょう。

一番お得なのは、WAONポイントに返還してWAONにチャージしてつかう方法です。

これには手続きがいろいろありますが、暮らしのマネーサイトに登録をしておけば簡単に出来ます。

他にもJALマイルに交換も出来ます。ベネッセポイントやdocomoポイント、更にSuicaにもチャージすることが出来ます。

割りと汎用性の高いポイントです。

イオンカードの限度額確認なら「暮らしのマネーサイト」

イオンカードの利用限度額を調べたり、Web明細をみたり、お得な情報をすぐに知りたいのならイオンカードの会員サイトとも言える「暮らしのマネーサイト」に登録しておくと便利です。

イオンカードをお持ちでまだ登録をしていないのなら是非登録を行って下さい。

暮らしのマネーサイト

イオンカードだけではなくイオン銀行やイオンの保険等、暮らしに関わるお金のことをよく知れるようになっています。

イオンカードのゴールドカード イオンゴールドカード

イオンカードにもゴールドカードがあります。

通常ゴールドカードと言えば年会費が発生しますがイオンカードは数少ない年会費無料のゴールドカードです。

ゴールドカードなので付帯サービス等は通常のイオンカードよりも厚くなります。

詳しくは下記のエントリーをご覧下さい。

money-creditcard.hatenablog.com

イオンカードとWAONどっちがお得?

イオンカードで支払うのがお得なのか、それともWAONで支払った方あお得なのか気になるところだと思います。

どちらがお得なのかは下記にまとめてあります。

money-creditcard.hatenablog.com

簡単に説明しますね。

WAONは5万円までしか支払えないのでイオンで5万円を超える買い物をする場合はイオンカード択一となります。

でも、イオンで5万円を超える買い物って滅多にしないですよね。

普段のお買い物だけを見てみるとWAONの方がお得になることが多いと言えます。

普段のお買い物というと食品と日用雑貨品がメインになると思います。食品や日用雑貨品に一部商品でWAONボーナスポイントがもらえる商品があります。

例えば先日購入した洗剤は約600円でしたが、WAONで購入するとWAONボーナスポイントが50ポイント(50円相当)つくというものがありました。

イオンカードで買っても600円なのでポイントは3ポイント(3円)しかつきませんが、WAONで購入した場合、WAONポイントが3ポイント(3円)、そしてWAONボーナスポイント(WAONポイントと同じです)が50ポイントで合計53ポイントも貯まるというものでした。これは完全にWAONで購入した方がお得になりますよね。

ならば、イオンカード要らないじゃん!って思ってしまうかもしれませんがイオンカードセレクトでWAONにオートチャージをしておけば最低でも200円に付き1ポイントが貯まることになるので、イオンカードセレクトでオートチャージしたWAONで支払っていれば、この商品を購入したことでついたポイントは56ポイントとなる訳です。

なので、単純にWAONが必ずお得になるという訳ではなく、イオンカードセレクトでオートチャージしたWAONで支払うのが一番お得になるということになります。

でも、イオンで衣料品や文房具、暮らしの品も買うことがあるというのなら、イオンカードで月に1回はイオンで支払いをした方が良いでしょう。

というのもイオンでイオンカードの支払いをした人には特典が発生するからです。

なお、でもWAONでの支払いの方がお得になるのならイオンカードを使うことに躊躇するという方に。イオンカードで支払った方がお得な商品もあります。

万人に通用する商品ではありませんが、タバコはWAONで購入してもWAONポイントは貯まりませんが、イオンカードで支払うとイオンカードのポイントであるときめきポイントが貯まります。

WAONポイント対象外商品は他にもあると思うのですが、イオンカードならポイントが貯まります。

  • WAONポイント加算対象外商品→WAONポイントが貯まらない(タバコ等)
  • イオンカードでの支払い→タバコでもポイントが貯まる

オートチャージのお得な日

なおオートチャージは半年間の利用実績に応じてお得にポイント加算される日があります。

 

半年間の利用金額10万円~30万円未満

半年間の利用金額30万円~50万円未満半年間の利用金額50万円以上
5・15・25日のオートチャージで 0.75%還元 1.0%還元 1.5%還元
基本還元率 0.5% 0.5% 0.5%
合計 1.25% 1.50% 2.00%

出来れば5の付く日にオートチャージをしたいですね。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

money-creditcard.hatenablog.com

イオンカードを使うことでのお得な特典

イオンでイオンカードによる支払いをしているとイオンの利用明細もしくははがきで好きな日に割引になるイオン サンキューパスポートが毎月届きます。

場合によってはロイヤルパスポートというものも届きます。

money-creditcard.hatenablog.com

サンキューパスポートやロイヤルパスポートは対象期間で1日だけですが、衣料品や暮らしの品等が10%OFFや5%OFFで購入出来るという割引クーポンです。

感謝デーとの併用は出来ませんがイオンでインナーや靴下、Tシャツ等を購入される方はいるかと思いますが、それらが10%OFFになると考えればお得ではないでしょうか?

WAONだけの使用(オートチャージをしていても駄目)ではこの割引クーポンはもらえません。

またイオンカードを使っていれば毎年誕生月にバースデーパスポートという割引クーポンをもらえます。

money-creditcard.hatenablog.com

WAONをメインに利用して月に1回だけイオンでイオンカードで支払うというのが結果的に一番お得になります。

あまり知られていないイオンカードの隠れたメリット

イオンカードはイオンではお得だけイオン以外ではお得では無いとよく思われているようです。

でも、実はイオンカードならではのお得な点もあります。

お買い物保険(ショッピングセーフティ保険)

イオンカードで購入した商品が盗まれたり落として壊してしまった場合でも購入後180日以内なら限度額はあるものの補償してくれるという嬉しい付帯サービスの保険です。

一般的な年会費無料のクレジットカードだと購入後90日が一般的であり且つ免責があるのですが、イオンカードのショッピングセーフティ保険は購入後180日と一般的な年会費無料のクレジットカードの倍の期間であり、さらに免責もありません。

なお、イオンカードで購入なのでビックカメラやヨドバシカメラ、ヤマダ電機等のイオンとは関係ないところで購入した場合でも、イオンカードで購入した場合は対象となります。

更にデジカメやスマホでも対象になるという凄い保険です。

詳しくは下記の記事に書いてあります。

money-creditcard.hatenablog.com

イオンカードは分割払いもお得

出来れば分割払いはしたくないものだと思いますが、緊急時には致し方ないですよね。

例えば冷蔵庫が夏場に壊れたけど手持ちが無い場合は分割払いでも良いから購入したい!と考える人が多いでしょう。

そういう時でもお得なのがイオンカードです。

イオンカードは他の一般的なクレジットカードに比べて分割払いの手数料が安くなっています。

詳しくは下記の記事にまとめてあります。

money-creditcard.hatenablog.com

簡単に説明すると10万円の商品を10回払いで購入した場合、一般的なクレジットカードだと手数料を含めた合計支払い金額は107000円くらいになります。

これがイオンカードだと105600円くらい。

約1400円の差が発生します。

これも別にイオンだから安くなるという訳ではなく、イオンとか関係ないお店で分割払いをしても同じ分割手数料となります。

イオンカードでお得なポイントサイト

ポイントサイトをご存知でしょうか?

あるサイト経由でネットショッピングをするとお得にポイントがもらえたりするサイトのことです。

イオンカードならイオンフィナンシャルサービスが行っている「ときめきポイントタウン」を使うのがお得です。

ネットショッピングをするのなら使わないと損なサービスです。

ときめきポイントTOWN

イオンならではのイオンカードのメリット

他にもイオンとイオンカードならではのお得なメリットがいくつかあります。

映画がいつでも300円OFF

イオンモールにはイオンシネマがあることが最近は多いですよね。イオンシネマは実はスクリーン数で言えば日本一!

イオンカードで支払うといつでも300円引きで映画を見ることが出来ます(当日券のみ)。

ワタミでも感謝デーで5%OFF

居酒屋であるワタミ及びワタミグループの居酒屋では毎月イオンの感謝デーである20日と30日は5%OFFになります。

イオンとは直接関係ない会社でもイオンカードで月に2回とは言え5%OFFになるのは利用者にしてみれば良いサービスですよね。

ETCカードは申し込める?料金は?

イオンカードはETCカードを申し込むことが出来ます。イオンカードとETCカードは基本的に分離しています。

またETCの発行手数料は無料となっているのでETCカードを持っていない場合は是非一緒に申し込んでみて下さい。

ETCカードの引き落とし

ETCカードの締め日は基本的にイオンカードと同じです。ただし若干のタイムラグが発生する場合も。NEXCO側のデータ送信が遅れると翌月になることもあります。

僕の経験からすると1月16日に使用した分の請求が4月2日引き落としになっていたこともあります。1月16日なら2月10日に締めるので3月2日の引き落としになるのが一般的ですが、どうも15日から月末までの使用分は1ヶ月遅れて請求されることが多いように思います。

イオンカードのキャッシングについて

イオンカードは基本的にキャッシングも可能です。金利は実質年率7.8~18%となっています。

でも、7.8%と18%だとかなり違いますよね。これは使用に応じて変動していくので最初は18%だと考えていた方が良いでしょう。

キャッシングの返済方法は一括かリボ払いのみ

イオンカードのキャッシングの返済方法は2種類のみです。一括返済かリボ払いのみとなります。分割払いはありません。

すぐに返せるあてがあるのなら一括払いが当然良いです。また出来ることならリボ払いでキャッシングはしない方が良いでしょう。

イオンカードは申し込んだら何日で出来る?即日発行可能?

一部のイオン銀行がある店舗では即日発行を行っている場合もありますが即日発行に至るケースは稀です。

一部のサイトでイオンカードやイオンカードのETCカードは即日発行可能と書かれている場合もありますが、古い情報であったり適当に書いていることがあるので注意してください。

残念ながらイオンカードをネットで申し込んだ場合早くても10日くらいは発行まで時間がかかります。平均して2週間から3週間はかかっています。場合によっては1ヶ月以上ということも。

イオンカードセレクトの場合は特に銀行との契約もあるために時間がよりかかることに。

だからこそ、必要になったと感じたらすぐに申し込んだ方が良いでしょう。

またイオンの店頭で申し込むことが出来る場合もありますが、ネットで申し込んだ方がお得な特典がつくことが多いのでネットでの申し込みをお薦めします。

店頭で申し込むとその日から一部のイオンカードの特典が使えることがありますが、あくまでもイオンカードの特典の範囲内のこと。ネット限定の特典をもらった方がお得です。

  • ネットで申し込む=お得な特典がある
  • 店頭で申し込む=イオンカードの特典の一部が先行して使える

イオンカードの疑問 Q&A

イオンカードを使っていて、これはどうなんだろう?と思うことが多いだろうな~ということを説明してみます。

急な出費があって今月は満額支払いが出来ない時は?

例えば冠婚葬祭等で急な出費があり、今月はイオンカードを満額支払うことが出来ない!どうしよう!となった時、どうしますか?

こういう時は、イオンクレジットサービスに電話をして支払い方法を変更してもらいましょう。

例えば請求が5万円あって支払える金額が2万円なら、今月の支払い分のみリボ払いに変更してもらえば、2万円以内で恐らく収まると思います。

イオンカードは締め日直近でも電話でリボ払いへの変更をお願いすればリボ払いに変更してもらえます。

お金が出来た時に全部一括で返済してしまえば、あまり大きな手数料は発生しません。

どうしようとなって何もしないのが一番危ないことなので、ひとまず電話をしてリボ払いに出来ないか確認をして下さい。

イオンカードって何枚作れるの?

イオンカードは複数枚作ることが可能です。でも概ね最大3枚までのようです。

もっともイオンカードばかり何枚も持つ意味は無いと思いますが。

イオンカードからイオンカードセレクトに変更したい

今までただのクレジットカードであるイオンカードを使っていたけど、この記事を見てイオンカードセレクトに変更したい!と思った方もいるかもしれませんね。

イオンカードからイオンカードセレクトへの変更は可能です!

でも一部イオンカードでもイオンカードセレクトに変更出来ない種類もあるので詳しきは下記を見て下さい。

【イオンカード会員さま限定】イオンカードからイオンカードセレクトへの切替

イオンカード通常からイオンカード(ディズニー・デザイン)に変更したい

これは出来ません。なのでイオンカードのディズニーデザインが欲しい場合は再度新規申し込みをして下さい。

イオンカードを申し込もう!

イオンカードは上記の通り、イオンを使うのなら非常にお得なクレジットカードです。

中でもお得なのはもうお解りの通り、イオンカードセレクトです。

イオンを使っているのにイオンカードセレクトをお持ちで無ければはっきり言えば損でしかありません。

是非、イオンを利用しているのならイオンカードセレクトを申し込んでみてはいかがですか?

イオンカードセレクト詳細&お申込み(公式サイト)

 

イオン銀行に興味が無い場合はWAON一体型のイオンカードがおすすめです。普段のお買い物はWAONでお得に。お得なパスポートを使う時はイオンカードでというように使い分けが出来ます。イオンは月に1~3回くらいの利用という方にはむしろイオンカード(WAON一体型)の方が良いでしょう。速く欲しい!場合は一旦イオンカード(WAON一体型)を申し込んでおいて後からイオンカードセレクトに切り替えることも出来ます。

イオンカード(WAON一体型)詳細&お申込み(公式サイト)

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。