お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

お金とクレジットカードとお買い物について、解りやすをモットーに、普段の生活・お買い物でお得なクレジットカードや生活術を紹介していきます。

「5人に1人が持っている」イオンカードは、本当に5人に1人も持っているのか?

少し前までイオンカードのテレビコマーシャルでは「5人に1人が持っているイオンカード」というキャッチコピーを使っていましたが、本当に5人に1人が持っているのかと思いました。

イオンフィナンシャルサービスの発表資料によるとイオンカードの発行枚数は2014年3月末現在で約2350万枚ということで日本の人口1億2700万人とした場合、5.4人に1枚という計算になるので、やや誇張しているところはありますね。

結論:5人に1人は誇張

しかしイオンカードを持っている人というのは本当に多いのですが何故こんなに多くの人が持っているのでしょうか?

f:id:suzukidesu23:20141212234617j:plain

イオンの利用者なら持っているとお得だから

イオンをよく利用する人ならイオンカードは確かに物凄くお得なクレジットカードです。

money-creditcard.hatenablog.com

感謝デーでは5%OFFになりますし、WAONと併用して使うことでポイントも効率よく貯まります。

主婦が多く持っているクレジットカード

イオンカードというと男性よりも女性、女性の中でも主婦の方が多く持っている印象があります。

というのもイオンの主な利用者がやはり主婦。

主婦にも作りやすいクレジットカードの1つとなっています。

もちろん、無職の主婦の方が作る場合は旦那さんを保証人にする必要性がありますが、旦那さんが普通に仕事をしている人ならまず作る事が可能です。

もしくは、旦那さんがイオンカードを作り、家族カードとして奥さんにもう1枚イオンカードを持たせるという家庭も多いかと思います。

実際に僕の家でも僕がイオンカードを作り、妻に家族カードとしてのイオンカードを持たせています。

入会金・年会費無料だから作りやすい

日本はまだまだ現金主義が多い国です。

でもクレジットカードは確かに普及しています。しかし初めて作る場合にハードルとなるのがクレジットカードの入会金や年会費。

イオンカードは年会費も入会金も無料のため初めて作る場合でも非常にハードルが低くなっていると言えます。

年会費が無料で無ければここまで普及はしなかったでしょう。

でも、実は数年前まで盗難保険料のみ有料だったのですがこれも無料化されたことでよりハードルが低くなった印象です。

2枚目を作ってしまいやすい

イオンカードと言えば今までは下記のデザインが主流でした。

f:id:suzukidesu23:20150324225418p:plain

しかし、イオンカードのディズニーデザインが出たために、どうしても欲しい人はもう1枚イオンカードを作ってしまうということもあるでしょう。

イオンカードは複数枚作ることが可能なクレジットカードです。

最大で3枚持っている人を見た事があります。ネット上でも3枚までなら持てると書いてあるところが多いのですが、実際にはそれくらいでしょう。

またイオンモールをよく利用している人だと、イオンも利用するからイオンカードを作り、またイオン系列のスポーツ専門店、スポーツオーソリティもよく利用するのならスポーツオーソリティのクレジットカードも欲しくなってしまい作ってしまうということも。

割引になる条件が微妙に異なることで無料だからもう1枚作っても良いか~と思ってしまうのでしょうね。

もっとも同じ種類のイオンカードは2枚持てないようです。

絶対に2枚持てないのがイオンカードセレクト。

銀行口座と連動しているため個人で同じ銀行に口座を2つ作る事は一般的には出来ないですからね。

その代わりイオンカードセレクトがイオンカードの中でも一番お得になります。

実際には6~7人に1人が持っている印象

5人に1人が持っているというのは誇張だと思いますが、僕の今までの経験から6~7人に1人はイオンカードを持っている印象はあります。

12人~15人集まるとイオンカードを持っている人はたいてい2人はいましたから。

特に地方に行くとよりこの傾向は高いように思いました。

地方だとやはりイオンに行くという人が多いので結構イオンカードを作るんですよね。

反面、都内だとあまり持っていない印象があります。

都内だとイオン以外にも買い物をする場所は沢山あるためイオンカードを持つ必要性が高い人が少なくなるからでしょう。

都内だと8人~10人に1人が持っているように思います。

  • 地方:6~7人に1人が持っている印象
  • 東京:8~10人に1人が持っている印象

 もっとも地方でも福井県になると違ってくるでしょう。

というのも福井県には総合スーパーであるイオンが無いから。

近くにイオンがあるのならイオンカードを持とう!

今までもイオンカードについてはいろいろと書いてきていますが、やはり近くにイオンがあってよく行く(月に2回以上)なら作っておいても損の無いお得なクレジットカードです。

トップバリュのことは嫌いでも、イオンカードのことは嫌いにならないでください

 という言葉があるのか無いのかは解りませんが、トップバリュが嫌いでもイオンカードは別に考えて持っているとお得ですよ。

イオンカード公式サイト(イオンカードセレクト)

© 2015 Okane to CreditCard to okaimono ni matsuwaruhanashi, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。